ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

はじめに

投稿日:1月 1, 2022 更新日:

こんばんわ、ト―コです。

このたび本に関するよもやま話用のブログを開設しました。

なぜこのブログを開くのか?

本を読むのは好きだけど、いかんせんアウトプットが下手

それを克服したいためです。

ついでを言いますと、意外と読んだ本の感想を忘れてたりもしてまして…。

どこかに記録として残していればいいかしら、なんて思ったり。

後は読んでいる皆さんの感想も聞きたい、お勧めの本も教えてほしいという願望もあるのですがね…。

ではどうぞよろしくお願いします。

 

以下は2022年版、当ブログで読まれた記事一覧です。なお、2021年より大幅に入れ替わっていますので、ご注意ください。

 

1位 220.『私の消滅』著:中村文則

なぜこれがトップになったのやら、と理解に苦しむ部分が多々あるのですが、この作品はとにかく読むのが大変です。

ストーリーが地味に重いからです。ですが、意を決して読み始めると、意外なくらい進みます。逆に続きが気になるくらいです。

それくらい不思議な作品です。

 

2位 90.『胡蝶の夢』著:司馬遼太郎

なぜこれが第2位なのか不明ですが、ある日テレビでこの作品を取り上げていた時にものすごいアクセスアップが伸びた記憶はあります。それだけが要因ではないですが。

この作品は、幕末の医者松本良順が医学生として学び始めてから、徳川慶喜の医者となり、やがて戊辰戦争へと突入します。

同時に一緒に学んだ男ともやがて敵味方別れてしまいます。

 

3位 63.『おちくぼ姫』著:田辺聖子

すべてにおいてなんでこれが…、と言ってますが、これも不思議でなぜ3位なのかがトーコもわかりません。

ですが、あらすじ読む限りどう読んでもシンデレラやん、ってツッコミたくなる日本古典文学はこの作品以外ないと思います。

加えて、田辺聖子さんによる現代語訳が面白いので、結構やみつきになること間違いはないです。

 

4位 46.『夏の終り』著:瀬戸内晴美

 

追悼案件でしょうか。それ以外理由はないですが、ありがたいことに第4位です。

この作品は、8年の妻子ある男との不倫に疲れ果てた女が、元の夫と別れる理由をつくった男と再会します。

そこから少しずつですが、女も女の周囲も変化していきます。なんだろう、このむなしさはという作品です。

 

5位 139.『遠い声 遠い部屋』著:トルーマン・カポーティ

こちらの作品もなぜか知りませんが、アクセス数の高い記事です。

 

文庫の後ろのあらすじがあらすじじゃない作品No1、と個人的には勝手に思っています。

少年と大人の間を揺れ動く13歳の少年を見事に描いています。カポーティの初期の作品で文学史的にものすごい衝撃をもたらした作品です。

 

いかがでしょうか。

当ブログには、他にもたくさんの作品の感想を書いていますので、良かったら他もお読みくださいませ。

-小説, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【風景の記憶】300.『魂の秘境から』著:石牟礼道子

こんばんわ、トーコです。 ついに(やっと)ですが、300記事に到達しました。長かったです。これからもよろしくお願いします。 今日は、石牟礼道子の『魂の秘境から』です。 魂の秘境から   ■あ …

【旅に出る】190.『スーツケースの半分は』著:近藤史恵

こんばんわ、トーコです。 今日は、近藤史恵の『スーツケースの半分は』です。 スーツケースの半分は (祥伝社文庫)   ■あらすじ 第一話の主人公の真美は、ずっと行きたいと思っていたニューヨー …

【名宰相の治世】176.『漆の実のみのる国』著:藤沢周平

こんばんわ、トーコです。 今日は、藤沢周平の『漆の実のみのる国』です。 漆の実のみのる国 上下巻セット (文春文庫)   ■あらすじ 江戸時代中期の米沢藩は、あの上杉家の末裔かとツッコミたく …

【爆笑お悩み相談室】328.『アガワ流生きるピント』著:阿川佐和子

こんばんわ、トーコです。 今日は、阿川佐和子の『アガワ流生きるピント』です。 アガワ流生きるピント。   ■あらすじ この中には仕事、恋愛、家族、生活についての37のお悩みがある。 それに対 …

【鮮烈なデビュー作】194.『停電の夜に』著:ジュンパ・ラリヒ

こんばんわ、トーコです。 今日は、ジュンパ・ラリヒの『停電の夜に』です。 停電の夜に (新潮文庫)   ■あらすじ この本の中には、9編の短編が収録されています。 夫婦、家族といった親しき仲 …