ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

エッセイ 自叙伝

【著者かく語りき】53.「内面からの報告書」著:ポール・オースター

投稿日:5月 31, 2017 更新日:

こんにちは、トーコです。

今日は、ポール・オースターの「内面からの報告書」です。

内面からの報告書

■あらすじ

著者ポール・オースターの内面、特に精神面から著者自身を見つめた本です。

この本は以前紹介した、著者の体について述べた「冬の日誌」と対になっています。

ただ、「冬の日誌」はかなり時系列に沿っているが、「内面からの報告書」では4章立てとなっていて、若干アプローチを変えてはいますが。

構成を簡単に言えば、幼少期、幼少期に影響を受けた映画、最初の妻が保存していた最初の妻への手紙、アルバムとなっています。

 

■作品を読んで

こうして2作読むと、少しポール・オースターという人が立体的に見えてきます。

訳者のあとがきにもあるのですが、うれしかったことよりも、深く傷ついたり、他者に理解されなかった経験の方がすごく直接響いてくると述べています。

すごく同意してしまいます。こんな場面がありました。

著者が12歳の時の英語のリーディングの授業の中で、教室の後ろのボードを使って1冊読むごとに宇宙船みたいなペグを動かすのだが、著者は当時からよく本を読んでいたせいか、結果は断トツトップ。

それを見た担当の教師は「嘘だ、この結果は嘘だ」と教室で皆のいる前でなじります。著者はあまりの恐怖に泣き出してしまいました。

痛いほど伝わってきます。その教室がどんな状況かも伝わりますし、何より教師にそういわれたら普通反応できずパニックになりそうー、と思いました。

また、ある出来事を思い出しながら著者はこう回想します。

たいていの人は独自の秘密を持っているのだと君は思うに至った。

…人はみな見かけとは異なっていて誰かを知るなんて不可能に近いことだ。

そうですよね。人は人に知られたくないことをはじめとして独自の秘密を持っている。秘密を知られたらマジでやばい人もいますからね。人はそれをひた隠しながら生きているんだよなー、と改めて思います。

そのあとの人を知ることができないという言葉もけっこうグサッと刺さります。その通りですね。人って見かけだけで判断するなという方もいますし。

でもトーコは思うのです。だから人間って面白いんだと。わかりやすい人ばかりでも面白くないでしょう。

ただ、著者の場合より本に没頭するようになったそうです。本の中の登場人物たちの秘密は本の中で明らかになり、知ることができるからです。

なんだか几帳面な人だなと思いました。

 

■最後に

本作と「冬の日誌」の2冊でポール・オースターという人間がわかります。片方しか読んでいないかたもせっかくなら両方とも読むことをおススメします。

2冊読むことですごくリアルな人物像を見ることができます。

1番の最大の収穫は普通の人間なんだなということですが…。

参考にどうぞ

【自叙伝】35.「冬の日誌」著:ポール・オースター

 

-エッセイ, , 自叙伝

執筆者:


  1. […] この本は「ある身体の物語」ですが、「ある精神の物語」ということで、「内面からの報告書」も発行されます。トーコも後で読もうかと思っています。 […]

comment

関連記事

【生き抜くための本】402.『仕事消滅時代の新しい生き方』著:本田健

こんばんわ、トーコです。 今日は、本田健の『仕事消滅時代の新しい生き方』です。   ■あらすじ 新型コロナウイルスが蔓延し、今まで予約の取れないお店が1か月後には廃業の危機に追い込まれたり、 …

【次の世界】349.『コロナ後の世界』著:内田樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、内田樹の『コロナ後の世界』です。 コロナ後の世界   ■あらすじ コロナを受けて、日本人は少しずつ非寛容になり、尖った言葉が飛び交っています。 同時に、相互 …

no image

【かけがえのないもの】92.『キッチン』著:吉本ばなな

こんばんわ、トーコです。 今日は、吉本ばななの『キッチン』です。 キッチン (角川文庫)   ■あらすじ 唯一の家族だった祖母をなくしたみかげは、祖母と仲の良かった雄一とその母えり子のもとに …

【風景の記憶】300.『魂の秘境から』著:石牟礼道子

こんばんわ、トーコです。 ついに(やっと)ですが、300記事に到達しました。長かったです。これからもよろしくお願いします。 今日は、石牟礼道子の『魂の秘境から』です。 魂の秘境から   ■あ …

【考えたこと】202.『やがて満ちてくる光の』著:梨木香歩

こんばんわ、トーコです。 今日は、梨木香歩の「やがて満ちてくる光の」です。 やがて満ちてくる光の   ■あらすじ 著者が作家としてデビューしてから初期のころからの雑誌等に連載したエッセイをま …