ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

実用書 文庫本 法律 社会

【無戸籍とは】10.『無戸籍の日本人』 著:井戸まさえ

投稿日:4月 5, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

さて、今回で10冊目の紹介です。つたない文章ですが読んでいただきありがとうございます。

これからもまだまだ紹介しますので、どうぞよろしくお願いします。

記念する10冊目は、井戸まさえの『無戸籍の日本人』です。

無戸籍の日本人 (集英社文庫)

 

■あらすじ

ニュースで取り上げられることは少ないですが、日本には親の何らかの事情によって戸籍のない方がたくさんいます。

戸籍がないということは、住民票がなく、学校にも行けず、あらゆる社会保障を受けられません。

無戸籍の支援の事例と著者自身の経験、そして役所の対応はどうなっているのか。

無戸籍の方の置かれている状況の一端を知ることができます。

■作品について

とてもテーマは重いです。はっきり言ってこの本を読むまで、無戸籍の人の存在すら知りませんでした。見事なまでに残酷な現実を見せてくれます。

戸籍がないということは私たちが当たり前にやっていることすらできないし、スタート地点にも立てません。

なんてったって携帯電話を契約できません。身分証明書が求められます。その身分証明書がないのですから。

それは親が払うべきペナルティと言われても、親にもそれぞれ事情がありましたし、生まれてくる子どもにも罪はありません。

無戸籍の人を救うためには、まず多くの人に無戸籍の人の存在を知ってもらうことからはじめないと。

それから彼らが自立して生きていけるように支援をすることなんだと思いました。

■最後に

テーマはとても取っ付きにくいかもしれません。

しかし、無戸籍の人の存在や置かれている状況を知ってもらい、問題意識を持つことが解決につながるのではと思います。

まずは、この本を通して多くの人に無戸籍の方がたくさんいることを知ってほしいです。

何かを知ることも十分行動することにつながると、トーコは思います。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-実用書, 文庫本, , 法律, 社会

執筆者:


comment

関連記事

【生きるための哲学】285.「これからの哲学入門」著:岸見一郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、岸見一郎の「これからの哲学入門」です。 これからの哲学入門 未来を捨てて生きよ   ■あらすじ コロナがやってきて、先が見えてこない今、一体何を信じて、何を …

【抱腹絶倒本】88.『絶望名人カフカの人生論』編訳:頭木弘樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、頭木弘樹編訳の『絶望名人カフカの人生論』です。 絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)   ■あらすじ カフカといえば、「変身」のほかかなり有名な作品を残し、 …

【在りし日の世界】201.『椿の海の記』著:石牟礼道子

こんばんわ、トーコです。 今日は、石牟礼道子の『椿の海の記』です。 椿の海の記 (河出文庫)   ■あらすじ 4歳のみっちん(著者のこと)は、自分の目の前の日常を見ている。 心がおかしくなっ …

【不思議な本】73.「不時着する流星たち」著:小川洋子

こんにちは、トーコです。 今日は小川洋子の「不時着する流星たち」です。 不時着する流星たち   ■あらすじ グレン・グールドやエリザベス・テイラーなどの影響やインスパイアされた短編が収録され …

【世界を知る】158.『「国境なき医師団」を見に行く』著:いとうせいこう

こんばんわ、トーコです。 今日は、いとうせいこうの『「国境なき医師団」を見に行く』です。 ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く   ■あらすじ みなさんは、「国境なき医師団 …