ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

実用書 文庫本 法律 社会

【無戸籍とは】10.『無戸籍の日本人』 著:井戸まさえ

投稿日:4月 5, 2017 更新日:

こんばんは、トーコです。

さて、今回で10冊目の紹介です。つたない文章ですが読んでいただきありがとうございます。

これからもまだまだ紹介しますので、どうぞよろしくお願いします。

記念する10冊目は、井戸まさえの『無戸籍の日本人』です。

無戸籍の日本人 (集英社文庫)

 

■あらすじ

ニュースで取り上げられることは少ないですが、日本には親の何らかの事情によって戸籍のない方がたくさんいます。

戸籍がないということは、住民票がなく、学校にも行けず、あらゆる社会保障を受けられません。

無戸籍の支援の事例と著者自身の経験、そして役所の対応はどうなっているのか。

無戸籍の方の置かれている状況の一端を知ることができます。

■作品について

とてもテーマは重いです。はっきり言ってこの本を読むまで、無戸籍の人の存在すら知りませんでした。見事なまでに残酷な現実を見せてくれます。

戸籍がないということは私たちが当たり前にやっていることすらできないし、スタート地点にも立てません。

なんてったって携帯電話を契約できません。身分証明書が求められます。その身分証明書がないのですから。

それは親が払うべきペナルティと言われても、親にもそれぞれ事情がありましたし、生まれてくる子どもにも罪はありません。

無戸籍の人を救うためには、まず多くの人に無戸籍の人の存在を知ってもらうことからはじめないと。

それから彼らが自立して生きていけるように支援をすることなんだと思いました。

■最後に

テーマはとても取っ付きにくいかもしれません。

しかし、無戸籍の人の存在や置かれている状況を知ってもらい、問題意識を持つことが解決につながるのではと思います。

まずは、この本を通して多くの人に無戸籍の方がたくさんいることを知ってほしいです。

何かを知ることも十分行動することにつながると、トーコは思います。

 

-実用書, 文庫本, , 法律, 社会

執筆者:


comment

関連記事

【憂愁が漂う】148.「太陽は気を失う」著:乙川優三郎

こんばんは、トーコです。 今日は、乙川優三郎の「太陽は気を失う」です。 太陽は気を失う (文春文庫)   ■あらすじ たった一瞬の偶然と、男と女の終わりの瞬間、出会った人間の直後の死、人生の …

【本好きのよもやま話】292.『ぜんぶ本の話』著:池澤夏樹 池澤春菜

こんばんわ、トーコです。 今日は、池澤夏樹、池澤春菜の『ぜんぶ本の話』です。 ぜんぶ本の話   ■あらすじ 文学者の池澤夏樹と声優の娘の池澤春菜が、幼き頃からの読書遍歴を対談した作品です。 …

【元気の出る本】142.「幹事のアッコちゃん」著:柚木麻子

こんにちは、トーコです。 今日は、柚木麻子の「幹事のアッコちゃん」です。 幹事のアッコちゃん   ■あらすじ アッコ女史が大活躍するシリーズの最終巻。この作品は初めてすべての作品でアッコ女史 …

no image

【食い倒れ日記】126.『フーテンのマハ』著:原田マハ

こんばんわ、トーコです。 今日は、原田マハの『フーテンのマハ』です。 フーテンのマハ (集英社文庫 は 44-3)   ■あらすじ 著者はとにかく旅が好き。グルメ旅、陶器、絵画、さらには取材 …

【不思議な三角関係】352.『がらくた』著:江國香織

こんばんわ、トーコです。 今日は、江國香織の『がらくた』です。 がらくた (新潮文庫)   ■あらすじ 翻訳家の柊子(しゅうこ)は、夫と2人で暮らしている。そんな時に、15歳の美海と知り合う …