ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

【心温まる話】173.『天国までの百マイル』著:浅田次郎

投稿日:6月 12, 2019 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、浅田次郎の『天国までの百マイル』です。

天国までの百マイル (朝日文庫)

 

■あらすじ

主人公の安男は、事業に失敗し、妻子とも別れ、孤独に生きる中年男。

そんな中、母親が重い心臓病で今の病院では助かる見込みが少ないことを知る。

母親を助けるにはバイパス手術を受けるしかない。

安男はそう信じ、天才心臓外科医がいる病院まで走る。

 

■作品を読んで

久しぶりに超純粋に感動できる作品を読みました。

なんというか、最初の設定の時点でなかなか感動できる要素満載の作品ですね。

お涙頂戴といわんばかりではないんですが。

安男は事業に失敗ののち、友人の会社に引き取られて働いています。

そんなある時、母親が重い心臓病を患ってることを知ります。

なんとか母親を手術を受けさせたい。

安男の兄弟が集まり話し合うも、安男がいるのでろくなことにならないと、兄弟たちからの支援はありませんでした。

安男の家は母親が1人で働いて、4人の子供たちを育てました。

安男が母親を車で名医のいる病院まで送り届ける道中に、母親はこういいました。

不幸な育ち方をした人間が幸福になるっていうのは、とっても難しいことなんだよ。

だからこそ、今掴んでいる幸福を守りたいものなのでしょう。

それにしても、母親1人に対して兄弟4人ならそんなに負担は重くないはずなのですが。

 

妻子と別れた後、マリという水商売の女とともに住んでいました。

安男の給料はほぼ全額妻子への仕送りで終わってしまうので、マリによって生きていたと言っても過言ではありません。

物語の中盤でなんというか、マリさんものすごく男前なことをします。

マリは別れた安男の妻の英子に、安男を引き取って元の鞘に収まるよう説得します。

好きだからといってそこまでやるか、男の幸せをそこまで願えるのか。すげーな。

それが済んだら、マリは2度と会わないつもりで安男に電話しました。

なかなかの行動力だな、と思いました。

また、ドクター曽我というバイパス手術の名医の存在も破天荒です。

安男と初めて会ったときは釣りしてるし、母親を入院させた後、安男に「歯の治療をしろ」と指導し、癖のある歯医者のもとへ行かせるし。

それでも、ドクターの冠動脈バイパス手術説明のシーンはかなりわかりやすいです。

冠動脈バイパス手術ってこーいう仕組みなんだな、と感心します。

解説を書いたのは、まさかの天野篤医師。この方は、上皇の冠動脈バイパス手術を執刀した方です。

医者の目線からの解説ってある意味すごい。

先ほどのドクターの説明シーンは、医者から見ても大変わかりやすいのだそうです。

ちなみにですが、ドクター曽我のモデルは天野医師の元上司で、病院のモデルも元上司と勤務していた病院だそうです。

それにしても、上皇もこの手術受けたのか…。そら、今年改元しますわな。

 

■最後に

母親を助けたいという、中年ダメ男の純粋な想いが様々な人を動かしていきます。

たくさんの人が安男を助けてくれますし、安男自身も変化していきます。

様々な魅力ある登場人物が出てきます。すごく味のある作品です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【幻の遺作】157.『海流のなかの島々』著:ヘミングウェイ

こんばんわ、トーコです。 今日は、ヘミングウェイの『海流のなかの島々』です。   ■あらすじ トマス・ハドソンは妻子と別れ、1人海の中の孤島に暮らしています。 そんな中、夏休み期間中に3人の …

【命懸けの恋】6. 『海鳴り』 著:藤沢周平

こんばんは、トーコです。 今日は藤沢周平の『海鳴り』です。 新装版 海鳴り 上下巻 セット   ■あらすじ 老いを意識し始める新兵衛。商売はまあ順調。だが家庭内はいろいろ上手くいってなく、夫 …

【幸せって?】383.『ミーツ・ザ・ワールド』著:金原ひとみ

こんばんわ、トーコです。 今日は、金原ひとみの『ミーツ・ザ・ワールド』です。   ■あらすじ 焼肉擬人化漫画を愛する腐女子の由嘉里が人生2回目の合コンの帰りに、死ななきゃならないと言い続ける …

【音楽とは】138.『音楽入門』著:伊福部昭

こんばんは、トーコです。 今日は、伊福部昭の『音楽入門』です。 音楽入門 (角川ソフィア文庫)   ■あらすじ 直感的なものを理解するには、権威的なものを否定し、原始的な感覚を信じなければな …

【歴史小話】217.「サロメの乳母の話」著:塩野七生

こんばんわ、トーコです。 今日は、塩野七生の「サロメの乳母の話」です。 サロメの乳母の話 (新潮文庫)   ■あらすじ ホメロスにサロメ、ユダ、キリスト、ネロ… 誰もが知っている歴史上の人物 …