ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

外国小説 小説

【映像のような作品】169.『とるにたらないちいさないきちがい』著:アントニオ・タブッキ

投稿日:5月 23, 2019 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、アントニオ・タブッキの『とるにたらないちいさないきちがい』です。

とるにたらないちいさないきちがい

 

■あらすじ

アントニオ・タブッキはイタリア出身の作家です。また、同時にポルトガルをこよなく愛してもいたそうです。

この作品は、表題作を含めた11編の短編が収められています。

 

■作品を読んで

1番最初の作品を読んだときに思ったのは、作品の世界観には引き込まれました。

だが、登場人物の関係性を理解するのが何とも難解です。

最初の作品は法廷の場面から始まります。判事のフェデリーコと被告人レオ、傍聴席にいるトニーノは同じ学び舎で学んだ旧友でした。

法廷で再開するとは何たることやら…。

この3人はある共通点がありました。同じマッダレーナという女を好きだったのです。

傍聴席のトニーノは誰もがマッダレーナを好きだったころに感傷に浸っていました。

登場人物みんながマッダレーナのことが好きでした。

しかし、誰もトニーノの想いに気が付くことなく、法廷では淡々とフェデリーコは判事として、被告人のレオは淡々と答弁に答えていました。まるで、それぞれがそれぞれの役をこなすかのように。

トニーノの目からは過去と現在がものすごく混在しています。ひょっとすると、トニーノにとってはこの状況がにわかに信じられない部分もあるのかもしれません。

でも、読み手である私たちは、トニーノの語りで物語が進む以上、トニーノを頼って読むしかありません。

トニーノの見ている世界はまるで何かの映像作品のようです。過去の目撃者として、現在の法廷の様子の証言者として。

かつての仲間が、歳月を経て再会しました。ただ、皮肉なことは、判事と被告人として。

歳月という名の「とるにたらないちいさないきちがい」がこうして月日を経て判事、被告人として再会をもたらしたのでしょう。

ただ一つ違うことといえば、区切れも尺度もなしに世界を読みといていくことができなくなっていることでしょうか。

子どものように無邪気にすべてを純粋に見ることなんてできなくなってしまったのですね。

なんという皮肉な結末。

 

1篇しか取り上げませんでしたが、この短編集全体が映像作品のようです。

当事者が当事者っぽくなく、第3者という視点から映像のコマのように描写されています。

おかげで、若干ですが登場人物の関係性がうまくつかみきれません。

ただ、私たちは作品の世界を静かにのぞき込むことができるのです。

 

■最後に

ひらがなで書かれた「とるにたらないちいさないきちがい」が意外と読みにくいです。

でも、作品自体は、過去、現在が様々な登場人物の視点から織り交ぜられています。

すごく映像作品を見ているかの感覚に陥れることができる不思議な作品です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-外国小説, 小説,

執筆者:


  1. […] このブログでも紹介しています。確か、これ。169.「とるにたらないちいさないきちがい」 […]

comment

関連記事

【美術の本質】334.『美術の力』著:宮下規久朗

こんばんわ、トーコです。 今日は、宮下規久朗の『美術の力』です。 美術の力~表現の原点を辿る~ (光文です。)   ■あらすじ 初めてイスラエルに旅から津軽の供養人形まで。 あるべき場所で輝 …

【風景の記憶】300.『魂の秘境から』著:石牟礼道子

こんばんわ、トーコです。 ついに(やっと)ですが、300記事に到達しました。長かったです。これからもよろしくお願いします。 今日は、石牟礼道子の『魂の秘境から』です。 魂の秘境から   ■あ …

【最後の1人】356.『黄色い雨』著:フリオ・リャマサーレス

こんばんわ、トーコです。 今日は、フリオ・リャマサーレスの『黄色い雨』です。     ■あらすじ 舞台はスペインの山奥の廃村。一人また一人と村を去っていくうちに、男は最後の1人の住民となる。 …

【ちょっと考える】345.『「自分らしさ」はいらない』著:松浦弥太郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、松浦弥太郎の『「じぶんらしさ」はいらない』です。 「自分らし@」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン (集英社文庫)   ■あらすじ 突然ですが、皆さん …

【面白本屋】184.『すごい古書店 変な図書館』著:井上理津子

こんばんわ、トーコです。 今日は、井上理津子の『すごい古書店 変な図書館』です。 すごい古書店 変な図書館 (祥伝社新書)   ■あらすじ ある本屋に行けば珍しいお宝本に出会え、またある本屋 …