ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 恋愛 男と女

【2人の男の先には】81.『イノセント』著:島本理生

投稿日:10月 1, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は島本理生の『イノセント』です。

イノセント

 

■あらすじ

真田は旅先で比紗也という女に出会う。彼女はとても美しく、なぜか真田の中に残っていた。

また、比紗也に助けられた神父如月もひかれていく。

しかし、比紗也にはさまざまな事情を抱え、苦しんでいた。

 

■作品をよんで

今ブログを書いていてやっとタイトルの意味が分かりました。

イノセントって無罪、潔白とかそんな意味だったと思います。

この話は、最後はハッピーエンドですが、ここにたどり着くまでに様々な事件がありました。

比紗也の生い立ちによる事情、震災で夫を亡くし、お腹に子供を抱えながら出産し、家族を持ったこと。

真田にしても、経営者として小さな会社を運営し、遊ぶ女に事欠かない男です。

ですが、真田は女の人の持つ事情をきちんと向き合わず、踏み込むことをしなかった。

逆なのが神父の如月です。彼は神父という職業柄結婚することはできません。

しかし、比紗也のおかれている状況を適切に理解し、比紗也の精神面をきちんと支えました。

また、比紗也のための行動もすごいです。神父という設定がなかったら結構ヤバい人の域です。

比紗也は、2人の男にほぼ同時に好きだと言われているのです。それも真逆の男たちから。

甲乙つけるのも大変だし、選ぶこともできない。比紗也も大変です。

比紗也は継父から逃れるために如月を頼って修道院で暮らすことにしました。

気持ちを整理してから真田と無事に結ばれることになりました。ここにたどり着くまでストーリーの重さは半端ではないですが。

 

人は何のために信じるのでしょうね。この作品の伏線の究極はこれだと思います。

如月の同級生はこういいます。

「神を信じるのは他人を救うためだ。期待なんて裏切られる。それでも必死にやったら蟻1匹分は報われるかもしれない。そうやって人は生きている。」

確かに、日常生活の中で報われないことが多いものです。それでも頑張るし、頑張らなきゃいけないのです。

でも何か小さなことでいいんです。報いやちょっとした褒美が欲しいんですよ。

ただ、時期を間違えると何も通じなくなるのです。比紗也の継父のように。

 

■最後に

すごく登場人物が抱えている事情は重いです。

それでも正面切って向き合う覚悟をそれぞれの人物たちが磨き、行動に移していきます。

信じるものは救われる。いつか幸せになる。

けっこうガツンと行く本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 恋愛, , 男と女

執筆者:


  1. […] 19.『ナラタージュ』、81.『イノセント』、232.『ファーストラヴ』 […]

comment

関連記事

【ハートフルな物語】182.「6時27分の電車に乗って、僕は本を読む」著:ジャン=ポール=ディディエローラン

こんばんわ、トーコです。 今日は、ジャン=ポール=ディディエローランの「6時27分の電車に乗って、僕は本を読む」です。 6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む (ハーパーBOOKS)   …

【お金の教養】128.「お金原論」著:泉正人

こんばんわ、トーコです。 今日は、泉正人の「お金原論」です。 お金原論   ■あらすじ お金っていったいどういうものだろう、という問いに向き合い、自分の人生をより豊かにするにはどうすればいい …

【失ったもの】343.『偶然の祝福』著:小川洋子

こんばんわ、トーコです。 今日は、小川洋子の『偶然の祝福』です。 偶然の祝福 (角川文庫)   ■あらすじ 失ったものへの想いが、何かを連れてきた。息子と犬のアポロを暮らす日々の中に、何かを …

【大女優の若かりし頃】382.『貝のうた』著:沢村貞子

こんばんわ、トーコです。 今日は、沢村貞子の『貝のうた』です。   ■あらすじ 「女か…」と父に言われながら誕生し、学問が好きで女子大まで行くも、左翼劇団に入ってしまい、左翼活動に従事する。 …

no image

【愛するということ】301.『草の花』著:福永武彦

こんばんわ、トーコです。 今日は、福永武彦の『草の花』です。 草の花 (新潮文庫)   ■あらすじ 私は、療養中のサナトリウムである男と出会った。男の名前は、汐見茂思。彼は、なぜか当時かなり …