ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本 青春

【青春の日】151.『放課後の音符(キイノート)』著:山田詠美

投稿日:2月 9, 2019 更新日:

こんばんは、トーコです。

今日は、山田詠美の『放課後の音符(キイノート)』です。

放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)

 

■あらすじ

高校生の頃、よく放課後で他愛のない話をしていた時期があったことでしょう。

特に盛り上がっていたのは恋愛の話ではないでしょうか。

誰誰が付き合っている、あの子は誰それ君に片思い。

そんな女の子たちを描いた短編小説です。

 

■作品を読んで

きっと読めばわかると思いますが、誰もがこの小説に出てくるような甘酸っぱい思い出があるかと思います。時には思い出すにはちくりと刺すような痛みが伴う思い出もあるかと思います。

でも、多くの人たちはそれを通過し、思い出として記憶の中にいるはずです。あった、こんな時もなんて思い出させることでしょう。

その思い出たちを再現しているような小説です。

最初の何作品は、地味で目立たないけど性に対して大人びた子が、グループにいる女の子かつちょっとこの子の魅力のわかる主人公に自分の話をします。

読んでいると、なんというか傍観者のように話を聞く主人公に自分がなっているような感覚になります。

おかげで、実際に物語の世界に入り込めてしまうので、若干リアルさがあります。

ま、それが読書の醍醐味でもありますが。

また、男の子に振られた女の子が、男の子が付き合うことになった女性を見ます。

実際に見た女の子の感想は「28歳っておばさんじゃん」といいながらも、本当に恋をするという意味を考えます。

恋をしたい人は大人ぶる。でも、恋をしている人はお互いを子供に戻す。気怠いというのは大人に憧れるときに言う言葉。

なるほどね。気怠さのある小説ってたまに読みますけど、憧れがベースに横たわっているのでしょうね。

その女の子は最後にシャネルの赤い口紅をもらいます。いつか赤い口紅が似合うようになるため、振られて男の子にありがとうと言って去っていきます。

なんか、潔くていいですね。こんな小道具の似合うのもこの時期の特徴。

大人でもないですが、小道具が小道具じゃないんですもの、この年代。

他にも、ひと夏で男の子に恋して、また自分の住む町に戻ってきた女の子の話や、幼なじみと無事にゴールインした子たちの話など、すごく高校時代を鮮やかに、時には酸っぱくする出来事がたくさん詰まっています。

最後に著者があとがきでこうつづっています。

若いということは、はっきり言って無駄なことの連続です。けれど、その無駄使いをしないと良い大人にはならないです。…というわけで、なあんにも考えずに、恋や友情にうつつを抜かして欲しいものだと、私は思います。

確かに、その通りで。何というか、旅行したり、たくさんの人と話したり、遊んだりという経験は決して無駄ではないのです。

ただ、トーコには恋にそんなに時間を使っていないのですがね。

何となく、良い大人って、話していて厚みがありますね。ネタがある。

良い大人になれずにもがいていますが、まあなるようになるでしょう。

高校生がある人、あるいは現在進行形で高校生のあなたにおススメです。

 

■最後に

恋も友情も過ぎ去ってみれば甘く、時には酸っぱく、思い出すにも痛みを伴う時があります。

そんな青春の一コマもあったかと思います。

この時間はもう2度とやってきませんが、過ぎ去った時を思い出すのも面白いですよ。

 

-小説, 文庫本, , 青春

執筆者:


comment

関連記事

【男の生き様・時代小説】33.『花神』著:司馬遼太郎

こんばんわ、トーコです。 今日は司馬遼太郎の『花神』です。なお、この作品は文庫本上・中・下の3冊で構成されています。 花神 上・中・下巻 全3巻セット (新潮文庫) [文庫] by 司馬 遼太郎 [文 …

【希望の物語】420.『とわの庭』著:小川糸

こんばんわ、トーコです。 今日は、小川糸の『とわの庭』です。   ■あらすじ とわは目が見えず、母親を頼りに生きています。目は見えないけど、小鳥のさえずりや庭の花のにおいはわかります。 しか …

【本屋の運営】392.『本屋、はじめました』著:辻山良雄

こんばんわ、トーコです。 今日は、辻山良雄の『本屋、はじめました』です。   ■あらすじ 荻窪に「Title」という本屋さんがあるのをご存知でしょうか。 「Title」を経営している著者は、 …

【歴史小話】217.「サロメの乳母の話」著:塩野七生

こんばんわ、トーコです。 今日は、塩野七生の「サロメの乳母の話」です。 サロメの乳母の話 (新潮文庫)   ■あらすじ ホメロスにサロメ、ユダ、キリスト、ネロ… 誰もが知っている歴史上の人物 …

【贋作というより創作】172.『伏』著:桜庭一樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、桜庭一樹の『伏 贋作・里見八犬伝』です。 伏 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)   ■あらすじ 浜路は猟師の女の子で、江戸にいる兄とともに、伏という犬の血が流 …