ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ビジネス書 実用書 新書

【読書について】156.『本をどう読むか』著:岸見一郎

投稿日:3月 3, 2019 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、岸見一郎の『本をどう読むか』です。

(166)本をどう読むか: 幸せになる読書術 (ポプラ新書)

 

■あらすじ

著者は、「嫌われる勇気」でおなじみの方です。

著者にとっての読書とは何なのか、一体どういうものなのかを語る読書論です。

 

■作品を読んで

この本は、トーコが日帰り出張に行くのに朝の時点で本のストックが切れそうになったので、新幹線で出張に行く15分前に本屋に駆け込んで、帯に書かれた言葉を見て買うことを決心した本です。

なんせ新幹線の移動が2時間30分ですよ、本の虫から言わせればまあ読書に最適な時間。本のストックが切れるだなんて、一大事です、マジで。時間がもったいない。

で、その帯には、「読書には、人を救い幸福にする力がある」。一体、著者的にはどんな意味があるのでしょう。

この読書論はあくまで著者にとっての、です。

が、著者にとっての読書は楽しみのためだったり、勉強するためだったり、目的があったり、なかったり、様々な意味があります。

中でも、闘病で入院していたときに医者から読書をするなといわれていたため、読みたくても読めなかった時期があったそうです。

そんな時期もあったせいでしょうか。

この読書論は、読書は必ずしも人生に必要とは言い切れなません。

が、時に人の人生を彩ったり、人によっては必要だったり、何かの道しるべとなったりする、という主張にうなずけます。

著者にとっては、人生のある場面に読書が欠かせなかったのでしょう。

個人的には、同じ本は2度読めない、という点になるほどなと思いました。

というのも、その通りなので。前に、「神様のボート」著:江國香織という作品で書いた気がしますが、感想は時を経るごとに変わっていきます。

「神様のボート」はトーコ的には感想が時を経るごとに変化する顕著な作品です。

以前読んだ時とは違う感想を持ったり、見落としていたことも今読むことで拾うことができたり、新しい発見があります。

実体験があるので、この著者の主張に素直に納得ができました。

ここから先も本の読み方やどうしても読まなければならない本、本で外国語を学ぶという項目があります。

本の読み方は、難しい本は何年かかってもいいし、読み方も本の種類に合わせて変えたってかまわないようです。

でも、これもわかります。簡単な小説だと厚みによりけりですが、あっという間に読める本もありますが、経済や法などをテーマにした新書だとどうしてもゆっくりになってしまいます。

ま、そんなときは読む本のジャンルをうまく切り替えながら読書を楽しめばいいんですがね。

本を読むということで多くの人にとってよりその人の世界が広がることを願います。

 

■最後に

読書は人を幸福にします。なかなか味わうことができないかもしれませんが、是非味わってほしいです。

時に読書は人を救います。そのための方法論が書かれています。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-ビジネス書, 実用書, 新書,

執筆者:


comment

関連記事

【仲間を作る】197.「君に友だちはいらない」著:瀧本哲史

こんばんわ、トーコです。 今日は、瀧本哲史の「君に友だちはいらない」です。 君に友だちはいらない   ■あらすじ グローバル資本主義の進展によって、これまで日本のお家芸だった、「いいものを大 …

【驚愕の真実】340.『雷神』著:道尾秀介

こんばんわ、トーコです。 今日は、道尾秀介の『雷神』です。 雷神   ■あらすじ 埼玉で料理屋を営む藤原幸人には、ある事情を抱えていた。 昭和の終わりに母が亡くなり、翌年の故郷の神社の祭りの …

【ある対話】305.「みっちんの声」著:石牟礼道子 池澤夏樹

、こんばんわ、トーコです。 今日は、石牟礼道子と池澤夏樹の「みっちんの声」です。 みっちんの声   ■あらすじ 2008年から石牟礼のなくなる2017年までの2人の対話が綴られています。 1 …

no image

【旅の本】103.「辺境・近境」著:村上春樹

こんばんわ、トーコです。 今日は村上春樹の「辺境・近境」です。 辺境・近境(新潮文庫)   ■あらすじ 村上さんは旅をします。モンゴルに、メキシコ、アメリカ、無人島に、うどんの旅に、神戸を歩 …

no image

【後味の残る本】50.『グリーン・マイル』著:スティーヴン・キング

こんばんわ、トーコです。 ついに50冊までやってきました。 さて、今日はスティーヴン・キングの『グリーン・マイル』です。 グリーン・マイル (上) (小学館文庫) グリーン・マイル (下) (小学館文 …