ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本 社会

【考えさせられる本】36.『ソロモンの偽証』著:宮部みゆき

投稿日:5月 2, 2017 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日は、宮部みゆきの『ソロモンの偽証』です。

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫… [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき

 

■あらすじ

ある冬の日中学生が自殺したところから物語は始まる。

ところが、自殺したと思っていたら、自殺ではなく殺害されたという告訴状が届いたり、マスコミに騒がれたりと様々な伏線が現れてきます。

マスコミに騒がれてしまったことで生徒たちは学校からの情報を信じるべきなのか、マスコミを信じるべきかわからなくなります。

そこで中学生たちは夏休みを利用して学校内裁判を行うことにしました。弁護人にはなぜか他校の生徒が現れますが。

裁判をする中で徐々に真実が明らかになります。果たして結末は…

かなりの長編で文庫本で全6巻というボリュームですが、すごくあっという間に読める本です。

 

■作品を読んで

この本は本当に深く考えさせられます。

今の教育の現状、学校問題に関してのマスコミの報道、親や先生の反応、中学生の心。

著者は様々な伏線をうまく入れてしまっています。すごいとしか言いようがありません…。

私たち大人でも傷つくことは多いのに、この生徒の自殺という問題はただでさえ中学生の傷つきやすい心にダメージを与えます。

この中学生たちが選んだ答えは自ら裁判を行うことでした。それを自ら裁くことによってこの問題に向き合おうとしました。

周りの大人たちにはわからないし、理解しきれないことですが、当事者である中学生に通手は必要なことです。

それが周囲の都合の悪い大人から見て例え、例え悪いことをしていたとしても。

そこで様々な事情や事実を知ることになります。

時に真実が残酷だとしても、問題から逃げずにきちんと向き合うことを選んだ中学生たちがすごくあっぱれです。

 

■終わりに

子どもたちの問題に大人はどう向き合うといいのか。かつて中学生だった私はどう考えたのでしょう。

そんなことわかるわけではないのですが、もっと早く(あと10年)読みたかったです。

できれば中学生の時期にリアルタイムで読みたかったです。でも今読んでも遅くはないです。

この本には伏線がたくさん詰まっていて、教育をめぐる様々な問題がたくさん提起されています。

中学生のあなたも、大人になってしまった方も、特に長期休みとかをうまく使って一気に読んでほしいです。

 

-小説, 文庫本, , 社会

執筆者:


comment

関連記事

【大好きな姉】409.『ふたり』著:赤川次郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、赤川次郎の『ふたり』です。   ■あらすじ 実加には姉がいた。姉は高校2年生の時に事故で亡くなりました。しかし、なぜか姉の声が実加だけには聞こえていました。 …

【リーダーの教科書】397.『リーダーの仮面』著:安藤広大

こんばんわ、トーコです。 今日は、安藤広大の『リーダーの仮面』です。   ■あらすじ 日本の場合、優秀なプレイヤーが昇格してリーダーになるケースが多いですが、優秀なプレイヤー=優秀なリーダー …

【時代が変わる】443.『正欲』著:朝井リョウ

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝井リョウの『正欲』です。   ■あらすじ 大学生の八重子、子どもが不登校になった検事の男、ある秘密を抱えて生きる夏月。ある事件により、3人はつながっていき …

【眠ることについて】261.『白川夜船』著:吉本ばなな

こんばんわ、トーコです。 今日は、吉本ばななの『白川夜船』です。 白河夜船   ■あらすじ いつからこんなに眠るようになったのだろう。植物状態の妻を持つ男性との恋愛にどうにもなさを感じながら …

【なんか変だぞ】324.『偉い人ほどすぐ逃げる』著:武田砂鉄

こんばんわ、トーコです。 今日は、武田砂鉄の『偉い人ほどすぐ逃げる』です。 偉い人ほどすぐ逃げる (文春e-book)   ■あらすじ いつも同じようなことが起こっている。偉い人が何かの疑惑 …