ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本 社会

【考えさせられる本】36.『ソロモンの偽証』著:宮部みゆき

投稿日:5月 2, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、宮部みゆきの『ソロモンの偽証』です。

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫… [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき

 

■あらすじ

ある冬の日中学生が自殺したところから物語は始まる。

ところが、自殺したと思っていたら、自殺ではなく殺害されたという告訴状が届いたり、マスコミに騒がれたりと様々な伏線が現れてきます。

マスコミに騒がれてしまったことで生徒たちは学校からの情報を信じるべきなのか、マスコミを信じるべきかわからなくなります。

そこで中学生たちは夏休みを利用して学校内裁判を行うことにしました。

弁護人にはなぜか他校の生徒が現れますが。

裁判をする中で徐々に真実が明らかになります。

果たして結末は…

かなりの長編で文庫本で全6巻というボリュームですが、すごくあっという間に読める本です。

 

■作品を読んで

この本は本当に深く考えさせられます。

今の教育の現状、学校問題に関してのマスコミの報道、親や先生の反応、中学生の心。

著者は様々な伏線をうまく入れてしまっています。すごいとしか言いようがありません…。

私たち大人でも傷つくことは多いのに、この生徒の自殺という問題はただでさえ中学生の傷つきやすい心にダメージを与えます。

この中学生たちが選んだ答えは自ら裁判を行うことでした。

それを自ら裁くことによってこの問題に向き合おうとしました。

周りの大人たちにはわからないし、理解しきれないことですが、当事者である中学生に通手は必要なことです。

それが周囲の都合の悪い大人から見て例え、例え悪いことをしていたとしても。

そこで様々な事情や事実を知ることになります。

時に真実が残酷だとしても、問題から逃げずにきちんと向き合うことを選んだ中学生たちがすごくあっぱれです。

 

■終わりに

子どもたちの問題に大人はどう向き合うといいのか。

かつて中学生だった私はどう考えたのでしょう。

そんなことわかるわけではないのですが、もっと早く(あと10年)読みたかったです。

できれば中学生の時期にリアルタイムで読みたかったです。

でも今読んでも遅くはないです。

この本には伏線がたくさん詰まっていて、教育をめぐる様々な問題がたくさん提起されています。

中学生のあなたも、大人になってしまった方も、特に長期休みとかをうまく使って一気に読んでほしいです。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 文庫本, , 社会

執筆者:


comment

関連記事

【ファッション指南本】257.『服を買うなら、捨てなさい』著:地曳いく子

こんばんわ、トーコです。 今回は、地曳いく子の『服を買うなら、捨てなさい』です。 服を買うなら、捨てなさい   ■あらすじ 著者は、長年数々のファッション誌のスタイリングを担当し、服選びの第 …

【無戸籍とは その2】117.『日本の無戸籍者』著:井戸まさえ

こんばんわ、トーコです。 今日は、井戸まさえの『日本の無戸籍者』です。 日本の無戸籍者 (岩波新書)   ■あらすじ 日本には現在推定で1万人の無戸籍者が存在することをご存知でしょうか。 多 …

【鮮烈なデビュー作】194.「停電の夜に」著:ジュンパ・ラリヒ

こんばんわ、トーコです。 今日は、ジュンパ・ラリヒの「停電の夜に」です。 停電の夜に (新潮文庫)   ■あらすじ この本の中には、9編の短編が収録されています。 夫婦、家族といった親しき仲 …

【抱腹絶倒】321.『ゼロからトースターを作ってみた結果』著:トーマス・トウェイツ

こんばんわ、トーコです。 今日は、トーマス・トウェイツの『ゼロからトースターを作ってみた結果』です。 ふとからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)   ■あらすじ トースターをゼロ、つま …

【癒される話】281.『とかげ』著:吉本ばなな

こんばんわ、トーコです。 今日は、吉本ばななの『とかげ』です。 とかげ (新潮文庫)   ■あらすじ とかげにプロポーズした時に、とかげから過去を聞かされる。それでもどうしようもなく惹かれる …