ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 男と女

【男と女の友情】8.『ロゴスの市」』著:乙川優三郎

投稿日:4月 3, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、ト―コです。

今日は乙川優三郎の『ロゴスの市』という本です。

ロゴスの市 (徳間文庫)

■あらすじ

翻訳家の男と同時通訳の女が大学生のときに出会ったことからスタートし、様々な出来事がありながらも、30年ほどの友情を描いた作品です。

■作品を読んで

男の目から描かれる翻訳の世界の奥深さには驚き、改めて翻訳と通訳はけっこう似て非なるものなのだと思いました。

青春時代をこの2人の場合英語と共に駆け抜けました。この2人の共通項は何だったのでしょう。

それはきっとこの2人の間でしか分かり得ないもので、歳月が経過し別々の道を歩んでいたとしても、2人にはきちんと通じているのですから。

そんな友情と愛情のはざまで揺れ動くのははなかなかないなと思ってしまいました。

この2人は結ばれそうで結ばれなかったので、運命やタイミングが悪いなあと思いました。

■最後に

この作品はすごく奥が深く、すごく共感できるものがたくさんあります。

言葉という世界を通しての30年という長い歳月の友情は変わらず、そこにあり続けました。

とても素敵な作品です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, , 男と女

執筆者:


comment

関連記事

no image

【笑いと共感が止まらない本】48.「窓際OL 人事考課でガケっぷち」著:斎藤由香

こんばんわ、トーコです。 今日は、斎藤由香の「窓際OL 人事考課でガケっぷち」です。 窓際OL人事考課でガケっぷち (新潮文庫) – ■あらすじ 著者の斎藤由香さんは、「どくとるマンボウ」 …

【夫婦ということ】144.『ふたりぐらし』著:桜木紫乃

こんばんは、トーコです。 今日は、桜木紫乃の『ふたりぐらし』です。 ふたりぐらし   ■あらすじ 映写技師の信好と看護師の紗弓は夫婦として暮らしている。紗弓の母親には結婚そのものを反対されて …

【意外な歴史】181.『恋歌』著:朝井まかて

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝井まかての『恋歌』です。 恋歌 (講談社文庫)   ■あらすじ 歌人の中島歌子は、萩の舎という私塾を立て、多くの歌人や小説家などを輩出していた。 だが、歌 …

no image

【不思議な関係】20.『窓の魚』 著:西加奈子

こんばんは、トーコです。 今日は西加奈子の『窓の魚』です。   窓の魚 (新潮文庫)   ■あらすじ 4人の男女が温泉旅館で一晩ともに過ごす。 4人はそれぞれ人には言えない秘密を抱えている。 …

no image

【後味の残る本】50.『グリーン・マイル』著:スティーヴン・キング

こんばんわ、トーコです。 ついに50冊までやってきました。 さて、今日はスティーヴン・キングの『グリーン・マイル』です。 グリーン・マイル (上) (小学館文庫) グリーン・マイル (下) (小学館文 …