ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

エッセイ 文庫本

【旅から得るもの】70.『場所はいつも旅先だった』著:松浦弥太郎

投稿日:7月 15, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は松浦弥太郎の『場所はいつも旅先だった』です。

場所はいつも旅先だった (集英社文庫)

 

■あらすじ

ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ、バンクーバー、コートダジュール…。

これらはこの本の中で著者が旅をした場所である。

そこで著者が出会った人、場所、得たことをエッセイに綴っている。

 

■作品を読んで

すごく読みやすい本です。なんというか、この人本当は正直で飾らない人なんだろうなと思います。それにしても、ロックだな、この人。

これ以降様々な著作を紹介していますが、この作品が1番尖っている気がします。

また、途中でパウロ・コエーリョの「アルケミスト」を引用しているのも、なんだか共通項を感じます。

ちなみに「アルケミスト」はまだ紹介していませんが、いつか紹介したいトーコの好きな本の1つ。

だからうれしさを感じることができたのでしょう。

そしてトーコの次の旅先が見つかったことです。

サンフランシスコについて書かれたエッセイがすごくピーンと来ました。

本好きトーコ、外国に行っても普通に本屋には入ります。サンフランシスコには名物の本屋が多いらしい。結構センスのよい本もありそうだ。

ここに出てくる本屋さん、行ってみたいなあと純粋に思いました。面白そう。

この本を読んでいるとすごく魅力的な街に見えてくるからすごい。サンフランシスコには観光名所もあるけど、なんだか人が良さそうな街でもありそうです。

ただ、しょっぱらから危ない地区の名前を覚えることができてよかった。旅する直前なら怖いもん。

ほかにも様々な人と出会います。消えたと思ったら誤認逮捕されてしまった知り合いの女性、会社を辞めた女性が1週間のロンドン旅で何かを得たり。

タトゥーの彫師に、ホテルのオーナー、ニューヨークの本屋さんに…。

なんだか濃密な時間を過ごされたんだなと思います。

旅とは何かと訊かれたら、きっと人生ずっと旅なんだと思っていましたが、この本を読んだらあっているんだと確信しました。

自分の力で泳いで、自分の船や地図を作り、いつまでも続くであろう旅を存分に楽しみたい、と著者は述べています。

ただ遠くに行くだけが旅じゃない。あくまでも精神的なものだから、近くであっても見方を変えたり、1人になって自分を取り戻せる場所があれば旅になる、と述べています。

ちょっと前に疲れたから休もう、1人になって何か取り戻そうと思い旅に出たので、そういってくださる方がいるのはすごくありがたいし、励まされるなと思ったのでした。

 

■最後に

すごくこの著者の正直で飾らない人であることがひしひしと伝わってきます。

この本を読むとすごく旅について考えてしまいます。

日常にも旅はある。それがすごくわかります。

次の旅先もちゃっかり決められました。

あなたにとっての旅は何でしょうか。考えるきっかけを与えてくれる本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-エッセイ, 文庫本, ,

執筆者:


  1. […] 70.『場所はいつも旅先だった』、238.『いつもの毎日。衣食住と仕事』、345.『「自分らしさ」はいらない』 […]

comment

関連記事

【ミステリー?】94.『オーデュボンの祈り』著:伊坂幸太郎

こんにちは、トーコです。 今日は、伊坂幸太郎の『オーデュボンの祈り』です。 オーデュボンの祈り (新潮文庫)   ■あらすじ コンビニ強盗に失敗した伊藤は、見知らぬ男に連れられて江戸時代より …

【SF小説?】337.『存在しない時間の中で』著:山田宗樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、山田宗樹の『存在しない時間の中で』です。 存在しない時間の中で (角川春樹事務所)   ■あらすじ 多くの研究者が集まり、宇宙に関する研究で日本を代表する研 …

【男の生き様・時代小説】33.『花神』著:司馬遼太郎

こんばんわ、トーコです。 今日は司馬遼太郎の『花神』です。なお、この作品は文庫本上・中・下の3冊で構成されています。 花神 上・中・下巻 全3巻セット (新潮文庫) [文庫] by 司馬 遼太郎 [文 …

【歩んだ軌跡】107.『須賀敦子の方へ』著:松山巌

こんばんわ、トーコです。 今日は、松山巌の『須賀敦子の方へ』です。 須賀敦子の方へ (新潮文庫)   ■あらすじ 須賀敦子という作家が亡くなってから20年。 「ミラノ 霧の風景」という処女作 …

【作家になる前の日】381.『田辺聖子十八歳の日の記録』著:田辺聖子

こんばんわ、トーコです。 今日は、田辺聖子の『田辺聖子 十八歳の日の記録』です。   ■あらすじ 田辺聖子は、令和元年に亡くなりました。それから遺族が遺品を整理した際に、古い手帳が見つかりま …