ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

【懐かしい風景】86.『田園発港行き自転車』著:宮本輝

投稿日:11月 19, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、宮本輝の『田園発港行き自転車』です。

田園発 港行き自転車 (上)(下)巻セット (集英社文庫)

 

■あらすじ

会社員の川辺康平は、脇田千春の送別会を行っていた。千春は会社を辞めて故郷の富山に帰るらしい。送別会で熱く故郷について語る様子を見て、康平は千春の故郷が気になってくる。

送別会のあと康平は学生時代の友人日吉が経営するビストロバーに行き、そこで千春の故郷の話をする。

そこには賀川真帆という絵本作家がいた。彼女の父は15年ほど前に脇田千春の故郷の近くで突然亡くなったのだった。父はなぜ死んだのだろう。

真帆は京都の出版社の担当編集者の多美子とともに富山へ向かう。

 

■作品を読んで

さまざまな伏線が詰まっている本です。

下巻で登場人物たちの関係と伏線が少しずつつながっていきます。

1本になったときほんのわずかですが、奇跡が起こります。

それでも千春が故郷に戻り、1度再就職するも美容師を目指すために専門学校に通ったり、

真帆が絵本作家としてデビューするのもひょんなきっかけだったり、など人という点がどんどんつながってゆく様はすごく尊いものです。

あまりここまで人と人がつながっていく話というのは少ない(個人的には)ので、とても新鮮味があります。

つながりで思い出した作品は同じく宮本輝の「錦繡」だったりします。

【明日へ向かう】23.「錦繍」著:宮本輝

過去に書いていました。よかったらどうぞ。

人生ってたとえどんな障害があったとしても、どこで何か見えるところ見えないところで助けてもらっていたり、つながっていてけっこうおもしろいものですね。

人生もなかなか悪くないなぁと思います。

物語の最後で伏線がつながります。ラストはすごく温かく、心地のよいものです。

また、著者があとがきで富山の風景の美しさがきっかけでこの物語を書いただけあって、四季折々の風景がとても目に浮かんできます。

風景描写はなかなかです。

 

■最後に

様々な伏線がらせん状につながっています。つながった先はとても温かく、感動的なものです。

風景描写もすばらしく、この目で見たくなります。

「つながり」がとても尊く、いとおしいものと感じさせる本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 文庫本,

執筆者:


  1. […] 23.「錦繡」、78.「ここに地終わり海始まる」、86.「田園発港行き自転車」 […]

  2. […] 23.錦繍、78.「ここに地終わり海始まる」、86.「田園発港行き自転車」、122.「青が散る」、211.「二十歳の火影」 […]

comment

関連記事

no image

【読書の記録】14.『打ちのめされるようなすごい本』 著:米原万里

こんにちは、トーコです。 今日は米原万里の『打ちのめされるようなすごい本』です。 打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)   ■あらすじ 主に米原さんが様々な雑誌や新聞に書いていた書評が …

【ゆるいエッセイ】291.『次の東京オリンピックが来てしまう前に』著:菊地成孔

こんばんわ、トーコです。 今日は、「次の東京オリンピックが来てしまう前に」です。 次の東京オリンピックが来てしまう前に   ■あらすじ このエッセイが3年続けばオリンピックになる。おそらく、 …

【匂いと思い出】282.『海と山のオムレツ』著:カルミネ・アバーテ

こんばんわ、トーコです。 今日は、カルミネ・アバーテの『海と山のオムレツ』です。 海と山のオムレツ (新潮クレスト・ブックス)   ■あらすじ 南イタリアのカラブリアで育った著者が、その時代 …

【考え方を知る】76.『思考のレッスン』著:丸谷才一

こんにちは、トーコです。 今日は丸谷才一の『思考のレッスン』です。 思考のレッスン (文春文庫)   ■あらすじ 著者は文学作品こそとても少ないですが、作家だけでなく、評論家や翻訳家としても …

【人生をみつめる】387.『イヤシノウタ』著:吉本ばなな

こんばんわ、トーコです。 今日は、吉本ばななの『イヤシノウタ』です。   ■あらすじ なんてことない日の奇跡のような瞬間や、かけがえのないこと。その土地の持つ力や自然とともに生きること。 人 …