ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ことば ビジネス書 実用書 文庫本

【強く生きる】89.『打たれ強く生きる』著:城山三郎

投稿日:12月 23, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は城山三郎の『打たれ強く生きる』です。

打たれ強く生きる (新潮文庫)

 

■あらすじ

著者の城山三郎は、取材などを通してたくさんのビジネスマンを見てきました。

様々な組織・会社で活躍するビジネスマンたちとの交流から、様々な話を聞いてきた著者だからこそ書くことのできる本です。

限りなくビジネス書に近い文庫本です。

 

■作品を読んで

タイトルの通り、「打たれ強く生きる」ビジネスマンたちを取材し、そこから得たことを短いエッセイ形式で書いています。

ページ数でいうと、1つのテーマで3,4ページ。どこからでも読み始められます。

出版されたのはおよそ30年前です。が、決して色あせることのない言葉たちが並んでいます。

例えばこんな一説。

マニュアルだけで人間を律しようとすれば、無限にマニュアルを増やすしかなく、当然、守られないものがふえてくる。

それよりは、姿勢というか、精神さえしっかりしていれば、あとは各人で応用がきく。

うん、身につまされますね。その通りですよ。うんうん、とうなずきます。

マニュアルの先を考えている話ですよね。なんだか、会社ってこんな感じだよな…。

なんで屁理屈ばかり考えて、柔軟に運用しないんだ、という怒りが常にあるトーコにとっては本当にうんうんと思ってしまうのです。

さらにこれには続きがあります。

マニュアルが不要になった人間は、どんな社会に出ても、りっぱに通用する人間ということである。

なるほどー、そうかもしれない。

マニュアルが不要になった時=結構応用が利くようになるということかしら。

屁理屈言っているうちはまだまだですね。会社の中なら通用することも、いざ外に出たら通じないこともたくさんあります。

マニュアル頼みのうちはきっとダメなんだろうなと思います。

とまあ、城山先生が本当の意図していることと違うかもしれません。トーコの独断と偏見のある都合よすぎる解釈かもしれません。

それにしても、今読んでもすごく通じるものが多々あります。

他にも各界で生きるビジネスマンの哲学や著者が感じたこと、様々なエピソードがちりばめられています。

可愛い子には旅をさせよということわざがありますが、それをそのまま実行したある財閥家の話。人生の価値はきっと、時間を忘れるほどの陶酔をどれほど多く持っているかで決まったり…。

たくさんあります。必ずなにか一つはきっと琴線に触れると思います。

 

■最後に

1つのエピソードは3,4ページと短いので、すごく読みやすいです。

出版されたのは今から30年前ですが、色あせないエピソードたちが収録されています。

きっと、何か教訓や役に立つことが得られるはずです。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-ことば, ビジネス書, 実用書, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【記憶とともに】251.「僕はマゼランと旅した」著:スチュアート・ダイベック

こんばんわ、トーコです。 今回は、スチュアート・ダイベックの「僕はマゼランと旅をした」です。 僕はマゼランと旅した   ■あらすじ ぺリー・カツェクは、死んだ叔父からサックスをもらった。死ん …

【不思議な話】212.「森があふれる」著:彩瀬まる

こんばんわ、トーコです。 今日は、彩瀬まるの「森があふれる」です。 森があふれる   ■あらすじ 編集者は見た。 長年担当している埜渡徹也の妻琉生が植物の種を食べて倒れ、次の日には彼女の毛穴 …

【はっとする】218.『出会いなおし』著:森絵都

こんばんわ、トーコです。 今回は、森絵都の『出会いなおし』です。 出会いなおし   ■あらすじ 年を重ね、同じ相手に何度も出会いなおすことを描いた「出会いなおし」。 小学校の同窓会に行き、自 …

【生命の世界】278.『世界は分けてもわからない』著:福岡伸一

こんばんわ、トーコです。 今日は、福岡伸一の『世界は分けてもわからない』です。 世界は分けてもわからない (講談社現代新書)   ■あらすじ 最初にこの作品を読むと驚くでしょう。表紙を開くと …

【型破りな生き方】250.『ヴィオラ母さん』著:ヤマザキマリ

こんばんわ、トーコです。 今回は、ヤマザキマリの『ヴィオラ母さん』です。 ヴィオラ母さん ヤマザキマリを育てた破天荒母・リョウコ (文春e-book)   ■あらすじ ヤマザキ作品にしばしば …