ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 恋愛 文庫本 時代小説

【命懸けの恋】6. 『海鳴り』 著:藤沢周平

投稿日:4月 2, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は藤沢周平の『海鳴り』です。

新装版 海鳴り 上下巻 セット

 

■あらすじ

老いを意識し始める新兵衛。商売はまあ順調。だが家庭内はいろいろ上手くいってなく、夫婦関係は冷え切っていた。

そんな中、美しい人妻おこうに恋する。だが、時は江戸時代。不義密通は死罪になる時代。

果たしてどうなるのやら。

■作品を読んで

忘れもしない、この本を読みながらお茶かコーヒーをぶちまけて、文庫本が大変になったこと。後にも先にも、そんな経験は今のところこの本だけです。

ふう、買った本でよかった。これ図書館の本だったら怒られる。

さて、戻りましょう。

この作品は、藤沢周平が恋愛色を前面に出していてなんとなく珍しいと思い、手に取った本です。

不倫は文化とおちゃらけたセリフを言った方が今の世の中いらっしゃいますが、部隊の江戸時代は冗談抜きで命懸けの時代。

不義密通の罪は非常に重く、下手をすると処刑されるくらい厳しい時代という背景をお忘れなく、それを踏まえて読んでください。

それを踏まえると、そりゃもちろんですが、新兵衛とおこうの恋も命懸けです。

2人で逢うのだってまず大変。何人もの人を介して手紙を届け、どこか別なところで逢わないといけないので、その店主も若干協力してもらわないといけなかったり。

今はいいですね、スマホがあればなんとかなるので。不倫はばれずにしやすいです。まあ、態度でばれるでしょうが。

でも2人にとって互いの存在は、家庭内が絶望的な状況の中のたった一つの希望で、いつしか2人は結ばれてしまうほどかけがえのないものでした。

物語のラストで2人は駆け落ちを決断します。

でも、新兵衛はわからなかったとつぶやきます。本当に自分の決断が正しかったのか。まあ、自分で選んだ道だから迷うのでしょうけど。

今は非日常の真っ只中にいるのであって、居を構えて少しずつ新兵衛とおこうの暮らしが日常に変わるとどうなるのか。落ち着いた中で見るのとは違ってきますからね。

果たしてしあわせは得られるのだろうか。でも引き返すにはあまりにも遠くへ来てしまいました。

そんな迷いを踏まえて決断しているのがひしひしと感じられる一節。

こうして人生は様々な思いを抱えながら決断するのだなと思います。

それでも、ラストは2人はきっとなんとかなるんではないかという希望があります。

どこか潔いです。

■最後に

2人の関係と家庭などの周囲の状況の対比がより新兵衛とおこうの関係を際立ています。

全てを捨てて結ばれる2人の姿は前途は多難ですが、何か潔いものを感じます。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 恋愛, 文庫本, 時代小説,

執筆者:


comment

関連記事

no image

【考えさせられる本】26.『八日目の蝉』著:角田光代

こんばんわ、トーコです。 今日は、角田光代の『八日目の蝉』です。 八日目の蝉 (中公文庫) ■あらすじ 野々宮希和子は妻子ある男性と恋愛関係にありました。そしてこの男性との子供を身ごもったが、中絶しま …

【物語を作る】295.『物語の作り方』著:ガルシア・マルケス

こんばんわ、トーコです。 今日は、ガルシア・マルケスの『物語の作り方』です。 物語の作り方: ガルシア=マルケスのシナリオ教室   ■あらすじ 30分のドラマを作る場合、一体どんな風にして面 …

【女の生き様】243.『寒椿』著:宮尾登美子

こんばんわ、トーコです。 今回は、宮尾登美子の『寒椿』です。 寒椿 (新潮文庫)   ■あらすじ 芸妓子方屋「松崎」で育った4人の少女、澄子、民江、貞子、妙子。 そして、「松崎」の娘悦子の5 …

【無戸籍とは その2】117.『日本の無戸籍者』著:井戸まさえ

こんばんわ、トーコです。 今日は、井戸まさえの『日本の無戸籍者』です。 日本の無戸籍者 (岩波新書)   ■あらすじ 日本には現在推定で1万人の無戸籍者が存在することをご存知でしょうか。 多 …

【驚くようで納得の事実】308.『安いニッポン』著:中藤玲

こんばんわ、トーコです。 今日は、中藤玲の『安いニッポン』です。 安いニッポン 「価格」が示す停滞 (日経プレミアシリーズ)     ■あらすじ 日本のディズニーランドの価格は世界 …