ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説

【不思議な関係】20.『窓の魚』 著:西加奈子

投稿日:4月 14, 2017 更新日:

こんばんは、トーコです。

今日は西加奈子の『窓の魚』です。

 

窓の魚 (新潮文庫)

 

■あらすじ

4人の男女が温泉旅館で一晩ともに過ごす。

4人はそれぞれ人には言えない秘密を抱えている。

翌朝、旅館には一体の死体が発見される。

■作品を読んで

西さんってこういう文章を書くんだと思いました。

意外性があり、いい意味で期待を裏切られました。

この作品は4人それぞれの視点で温泉旅を描いています。

なんというか、4人それぞれ見ているものがあまりにも違いすぎる。多面的というのはこういうこと、ということを感じさせます。

4人が同じ場所に集まっていても、何か傍目からはわからないものを抱えている。

この作品を読むと、結局人はいつだって孤独な生き物なんだということを思い知らされます。

そして宿には死体が見つかります。個人的には、はかなさの象徴のようにも思います。

なぜ死体が出てくるのか。何とも唐突な感否めないですが。

4人がそれぞれ抱える闇をいつか克服する日は来るのかは分かりません。

いつかは交わりそうですけど。

■最後に

すごく謎の多い小説です。読者の想像を駆り立てます。

4人が混ざり合っていないが、巧みにこの先交わるんじゃないかと予感させる文章です。

なかなかないタイプの小説です。

 

-小説,

執筆者:


comment

関連記事

【江戸の推理小説】315.『鬼火の町』著:松本清張

こんばんわ、トーコです。 今日は、松本清張の『鬼火の町』です。 鬼火の町新装版   ■あらすじ ある日川に無人の釣舟が浮かんでおり、そこから2人の男の死体が見つかった。岡っ引の藤兵衛は川底を …

【美しく生きる】348.『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。』著:松本千登世

こんばんわ、トーコです。 今日は、松本千登世の『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。』です。 結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。 今日も「綺麗」を、ひとつ。   ■あらすじ 美人は一体どうやっ …

【素敵な旅のエッセイ】468.『大好きな町に用がある』著:角田光代

こんばんわ、トーコです。 今日は、角田光代の『大好きな町に用がある』です。 大好きな町に用がある posted with ヨメレバ 角田 光代 KADOKAWA 2022年02月22日 Amazon …

【作家の姿】286.「綴る女 評伝・宮尾登美子」著:林真理子

こんばんわ、トーコです。 今日は、林真理子の「綴る女 評伝・宮尾登美子」です。 綴る女-評伝・宮尾登美子 (単行本)   ■あらすじ 時代を生きる女性を描いた作品が次々にヒットし、映像化や様 …

【哲学を知る】424.『ハイデガー哲学入門ー『存在と時間』を読む』著:仲正昌樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、仲正昌樹の『ハイデガー哲学入門ー『存在と時間』を読む』です。   ■あらすじ ハイデガーとは、20世紀のドイツ語圏で最も影響力が大きかった哲学者です。 20 …