ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説

【不思議な関係】20.『窓の魚』 著:西加奈子

投稿日:4月 14, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は西加奈子の『窓の魚』です。

 

窓の魚 (新潮文庫)

 

■あらすじ

4人の男女が温泉旅館で一晩ともに過ごす。

4人はそれぞれ人には言えない秘密を抱えている。

翌朝、旅館には一体の死体が発見される。

■作品を読んで

西さんってこういう文章を書くんだと思いました。

意外性があり、いい意味で期待を裏切られました。

この作品は4人それぞれの視点で温泉旅を描いています。

なんというか、4人それぞれ見ているものがあまりにも違いすぎる。多面的というのはこういうこと、ということを感じさせます。

4人が同じ場所に集まっていても、何か傍目からはわからないものを抱えている。

この作品を読むと、結局人はいつだって孤独な生き物なんだということを思い知らされます。

そして宿には死体が見つかります。個人的には、はかなさの象徴のようにも思います。

なぜ死体が出てくるのか。何とも唐突な感否めないですが。

4人がそれぞれ抱える闇をいつか克服する日は来るのかは分かりません。

いつかは交わりそうですけど。

■最後に

すごく謎の多い小説です。読者の想像を駆り立てます。

4人が混ざり合っていないが、巧みにこの先交わるんじゃないかと予感させる文章です。

なかなかないタイプの小説です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説,

執筆者:


comment

関連記事

【生産性向上】161.『知的生産術』著:出口治朗

こんばんわ、トーコです。 今日は、出口治朗の『知的生産術』です。 知的生産術   ■あらすじ 著者は日本生命に勤務ののち、ライフネット生命を創業し、現在はAPU(立命館アジア太平洋大学)の学 …

【年を取ること】304.『私がオバさんになったよ』著:ジェーン・スー

こんばんわ、トーコです。 今日は、ジェーン・スーの『私がオバさんになったよ』です。 私がオバさんになったよ   ■あらすじ 著者が過去に対談した相手を中心にテーマを設けずに改めて対談していま …

【ハラハラする】232.『ファーストラヴ』著:島本理生

こんばんわ、トーコです。 今日は、島本理生の『ファーストラヴ』です。 ファーストラヴ (文春文庫)   ■あらすじ 女子大生の環菜は父親殺しの容疑で逮捕された。しかし、明確な動機は不明だった …

【はかない物語】114.「マチネの終わりに」著:平野啓一郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、平野啓一郎の「マチネの終わりに」です。 マチネの終わりに   ■あらすじ 天才ギタリストと誉れ高い蒔野聡史とジャーナリストの小峰洋子をめぐる物語。 出会った …

【どこへ行くのか】198.『知の果てへの旅』著:マーカス・デュ・ソートイ

こんばんわ、トーコです。 今日は、マーカス・デュ・ソートイの『知の果てへの旅』です。 知の果てへの旅 (新潮クレスト・ブックス)   ■あらすじ 科学はいったいどこまで知りえてしまうのだろう …