ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

外国小説 小説

【不思議な本】30.「ベロニカは死ぬことにした」著:パウロ・コエーリョ

投稿日:4月 25, 2017 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日はパウロ・コエーリョの「ベロニカは死ぬことにした」です。

ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)

■あらすじ

ベロニカは若くて美しく、恋人も家族も仕事もあってどこからどう見ても幸せな女性。

しかし、彼女は自殺することを決めて、大量の睡眠薬を飲んだ。ベロニカの自殺は失敗に終わり、気が付くと病院のベットにいた。

治療の結果一命はとりとめることができたが、医師からは「治療の後遺症の影響で、命はあと5日から1週間」と宣告される。

■本を読んで

すごく逆説的な話だと思いました。まさかこういう結末にするとは思わなかったです。

精神病院では衣食住にも困らないしなんでもあるから、何も考えなくてもいい。それが狂気を産む理由の1つ。

病気を治すことは生きようとすることに気づくこと。

死にたいと思っていたのに、死への恐怖から、残りの時間をよりよく生きることに心血を注いだ結果、後遺症は治ってしまったのだ。

それからも日々は続くと思う。生きていることが奇跡と思いながら。

■最後に

本当にただただ驚くくらいの逆説的なストーリーです。

でも、狂気というのはあまりにも近くにあって、みなどうにかして均衡を保つようにしているんだなということがよくわかります。

最後は生きるということは何なのかを考えてしまいます。

パウロ・コエーリョの作品は深く考えさせるものが多いですがね…。

ぜひ読んでみてください。

 

-外国小説, 小説,

執筆者:


comment

関連記事

no image

【不思議な関係】20.『窓の魚』 著:西加奈子

こんばんは、トーコです。 今日は西加奈子の『窓の魚』です。   窓の魚 (新潮文庫)   ■あらすじ 4人の男女が温泉旅館で一晩ともに過ごす。 4人はそれぞれ人には言えない秘密を抱えている。 …

【子供部屋の番人】125.『プーとわたし』著:石井桃子

こんばんは、トーコです。 今日は、石井桃子の『プーとわたし』です。 プーと私 (河出文庫)   ■あらすじ 著者の石井桃子さんは、「クマのプーさん」や「ピーターラビット」シリーズなどを翻訳し …

【流れることば】378.『流跡』著:朝吹真理子

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝吹真理子の『流跡』です。     ■あらすじ 1頁も本が読めないと思っているうちに、舟頭になり、いつも間にやら様々な風景を見ている。 流れるよう …

【どんぞこから這い上がる】69.「太陽のパスタ、豆のスープ」著:宮下奈都

こんばんわ、トーコです。 今日は宮下奈都の「太陽のパスタ、豆のスープ」です。 太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)   ■あらすじ 明日羽(あすわ)は結婚式直前に婚約者から別れを切り出さ …

【父のこと】249.「猫を棄てる」著:村上春樹

こんばんは、トーコです。 今日は、村上春樹の「猫を棄てる」です。 猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book)   ■あらすじ 中学生のころ、父親と一緒に猫を棄てに行ったことがある …