ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

外国小説 小説 恋愛 文庫本 男と女

【不思議な本】27.『悲しみよこんにちは』著:フランソワーズ・サガン

投稿日:4月 22, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日はフランソワーズ・サガンの『悲しみよこんにちは』です。

悲しみよ こんにちは (新潮文庫)

■あらすじ

セシルは父と父の恋人のエルザとともに夏を南仏の別荘で過ごすことになります。

セシルはそこで大学生のシリルと付き合い始めます。

同じころ、そこに父の別のガールフレンドのアンヌがやってきます。

父とアンヌが再婚しようとしているのを知ったセシルはある行動に出ます。


■作品を読んで

初めて読んだときは高校生のことでした。

当時の感想は、セシルはなかなかに残酷だなと思ったことと、作品を覆う空気感は一体何だろうというものでした。

あとがきを読んで、この作品を覆う空気感は虚無感だということがやっとわかりました。

やっと説明ができる、とうれしくなったことと、答えが見つかった安堵感は大きかったです。

セシルが残酷だなと思ったのは、父とアンヌの再婚阻止のための行動です。

アンヌとの再婚の決定後に父は元の恋人のエルザとの逢瀬をします。

その場面をアンヌに見られたのです。もちろん父は策略に全く気が付いていません。

アンヌはその場面を見てひどく傷つき、パリへ向かいます。

アンヌはその途中交通事故を起こし帰らぬ人となります。

セシルと父は刹那的な生活を続けていました。それがアンヌの登場によって壊されることをセシルは何より恐れたんだと思います。

セシルは日本でいうところの高校生になる年齢です。何というか、この年の子どもたちって危ういのです。

だけど、残酷すぎる…。

■最後に

サガンが20歳くらいで書いた作品と言われていますが、文章が繊細で本当に完成度の高い作品です。

この作品はストーリー的にはなかなか共感を得にくいですが、忘れ去られてほしくない本です。

興味を持った方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-外国小説, 小説, 恋愛, 文庫本, , 男と女

執筆者:


comment

関連記事

【行動力の秘密】386.『結局「すぐやる人」がすべてを手に入れる』著:藤由達藏

こんばんわ、トーコです。 今日は、藤由達藏の『結局「すぐやる人」がすべてを手に入れる』です。 方法を ■あらすじ すぐやるか、やらないか、それだけで人生が変わります。そうなるための方法を紹介しています …

no image

【読書の記録】14.『打ちのめされるようなすごい本』 著:米原万里

こんにちは、トーコです。 今日は米原万里の『打ちのめされるようなすごい本』です。 打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)   ■あらすじ 主に米原さんが様々な雑誌や新聞に書いていた書評が …

【危なっかしい年頃】85.『午後の曳航』著:三島由紀夫

こんにちは、トーコです。 今日は三島由紀夫の『午後の曳航』です。 午後の曳航 (新潮文庫)   ■あらすじ 14歳になろうとしている登は母と平穏に暮らしていたが、登はある日母と船乗りの竜二の …

【なんか変だぞ】324.『偉い人ほどすぐ逃げる』著:武田砂鉄

こんばんわ、トーコです。 今日は、武田砂鉄の『偉い人ほどすぐ逃げる』です。 偉い人ほどすぐ逃げる (文春e-book)   ■あらすじ いつも同じようなことが起こっている。偉い人が何かの疑惑 …

【変な奇天烈】350.『私と鰐と妹の部屋』著:大前粟生

こんばんわ、トーコです。 今日は、大前粟生の『私と鰐と妹の部屋』です。 私と鰐と話は部屋   ■あらすじ 妹の目からビームが出たり、薔薇園に鰐が必ずいたり、忍者がいたり。 強烈だけど、可笑し …