ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

サイエンス ビジネス書 新書

【これからを考える】77.「シンギュラリティ・ビジネス」著:斎藤和紀

投稿日:9月 2, 2017 更新日:

こんにちは、トーコです。

今日は、斎藤和紀の「シンギュラリティ・ビジネス」です。

シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書)

 

■あらすじ

唐突ですが、「シンギュラリティ」という言葉を知っていますか?。最近少しずつ聞こえてきましたけど。

シンギュラリティとは「技術的特異点」という意味です。

2040年にはシンギュラリティがやってきて、社会がまるっと変わると言われています。

そんな時代を迎えるにあたって私たちはどうすればいいのかを書いた本です。

 

■作品を読んで

シンギュラリティという言葉を1番最初に使い始めた方は、カールワイツという科学者です。

中でもこの方の功績で1番有名なのは、ヒトゲノム計画の完了時期を予測したことです。

進捗率が1%の時に、カールワイツは「半分以上できたようなものだ」とのたまったそうです。

実はここがポイントで、カールワイツは1%できれば、指数関数のように加速度的に増加すると考えていたから半分もうできているといったそうです。

現代のAIや人工知能といった技術も、ほんの少しのパーツから倍々ゲームのように発達しているのはそういうわけかと納得です。

また、この本では今あるものの多くが非収益化されることも予想しています。

何が非収益化するのかというと、写真に電話、タクシーにホテル…。

特にスマートフォンの普及で非収益化したものは増えたと思います。それと同時に大衆化と非物質化も進んでいます。

世の中の進化は、指数関数的に増加し、そこでできたものは既存のものの非収益化、大衆化、非物質化をもたらすこともあるのです。

さらにプレ・シンギュラリティが2020年代にやってくるそうです。あの、あと少しですけど。

うむ、すごい世の中。どうすればよいの?

まずはこの現実を知ることから始まるのだと思います。シンギュラリティがやってくると騒ぐのではなく、対策を考えるのにちゃんと知識がいるのです。

 

■最後に

シンギュラリティがやってくる前に、私たちがすべきことはまずシンギュラリティという仮想敵(?)を知ることです。

敵がわからなければ対策は何も打ち立てられません。

これからたくさんのものが倍々ゲームのごとく発達し、気が付けば人間の仕事を奪いにかかるかもしれません。

これをプラスとみるか、マイナスとみるかは私たち次第。

さて、みなさんはどんな未来になるか、未来で一体どんな人生を送りたいのかを考えるのにいい本です。

 

-サイエンス, ビジネス書, 新書,

執筆者:


comment

関連記事

【男の生きざま】65.「蜩の記」著:葉室麟

こんばんわ、トーコです。 今日は葉室麟の「蜩の記」です。   蜩ノ記 (祥伝社文庫)   ■あらすじ 檀野庄三郎は切りつけさわぎを起こしたために、幽閉中の戸田秋谷の監視を命じられる。 秋谷は前藩主の側 …

【失ったもの】343.『偶然の祝福』著:小川洋子

こんばんわ、トーコです。 今日は、小川洋子の『偶然の祝福』です。 偶然の祝福 (角川文庫)   ■あらすじ 失ったものへの想いが、何かを連れてきた。息子と犬のアポロを暮らす日々の中に、何かを …

【何とも言えない日常】199.「どこから行っても遠い町」著:川上弘美

こんばんわ、トーコです。 今日は、川上弘美の「どこから行っても遠い町」です。 どこから行っても遠い町 (新潮文庫)   ■あらすじ 都心から私鉄でも地下鉄でも20分ほどの小さな商店街を舞台に …

【爆笑食べものエッセイ】221.『君がいない夜のごはん』著:穂村弘

こんばんわ、トーコです。 今日は、穂村弘の『君がいない夜のごはん』です。 君がいない夜のごはん (文春文庫)   ■あらすじ 食べものエッセイと言えばおいしいものが出てきて、よだれが垂れそう …

【面白川柳】185.『田辺聖子の人生あまから川柳』著:田辺聖子

こんばんわ、トーコです。 今日は、田辺聖子の『田辺聖子の人生あまから川柳』です。 田辺聖子の人生あまから川柳 (集英社新書)   ■あらすじ 今の日本人に足りないのは、笑いなのではないか。 …