ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

新書 社会

【これからの日本】159.「地方消滅」著:増田寛也

投稿日:

こんばんわ、トーコです。

今日は、増田寛也編著の「地方消滅」です。

地方消滅 – 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)

 

■あらすじ

日本は今後人口が急減し、896の自治体が消滅する。こんな衝撃的なデータが発表されました。

私たちは、こんな社会を迎える前に何ができるのでしょう。

具体的な政策提言も含まれています。

 

■作品を読んで

最近政府発表の統計のデータが改ざんされていて、実は本当の姿を映していないという由々しい出来事があったと思います。

この未来予測は、若年女性人口の予測をもとに導かれたデータがもとになっています。

かなり精度のいいデータらしいので、最近の統計データよりはおそらく確かなことを言ってます。

でも、今の日本の状況を冷静に考えると、

晩婚化→出産の時期が遅くなる→女性の出産適齢期に限りある→産める子供の数は減る

というスパイラル状態に陥っていることは明らかな話。

しかも、若年女性人口がふるさとにとどまるのではなく、東京などの都市部に流出しています。

東京などの都市部に一極集中する状況は、いいように見えますがとんでもない。

東京は長年の政策により、地方からの人口流入によって生産年齢人口を支えてきました。

「金の卵」なんてまさにそう。

東京の出生率は日本で1番低いです。本来であれば、子どもを多く産んで、生産年齢人口の増加に寄与しないといけないところ、地方からの若者の流入によって維持してきました。

また、東京の高齢化は見えていないだけで確実に進行しています。

では、どうすればいいのか。2つ挙げられます。

①出生率を上げ、子どもをより多く産み、育てて人口増加につながるようにすることです。

②都会一極集中ではなく、地方部に移住した方が有利な政策を打ち立てる、いわゆる地方創生

この問題は、おそらくですが、東京オリンピック終了後顕在化します。

その前に少しずつでも目を向け、解決に向かって動き出さないといけない問題です。

悲し哉、トーコの出身地も消滅可能都市に名を連ねております。

多分、多くの人がこの896都市に住んでた街が含まれているなんて思うでしょう。

もし、都会の暮らしに疲れている方がいれば、あるいは地方で企業したい方、地方は今都市部から戻ってくる人に様々な支援をしています。

結婚して子どもを産みたい人は多いはずです。でも産めない人は多いです。

彼らにとって子どもを持つための障害は何になるのでしょうか。

低すぎる給料、安定していない雇用状況、復職ができるのか、仕事と育児が両立できるのか。

様々な課題があると思います。私たち一個人で解決できること、社会で取り組まないといけないこと。たくさんあります。

本書では、地域ごとの生き残りモデルが示されていますが、東京一極集中を少しずつ解消するため、とにかく地方部に若者を少しずつ戻さないといけないことと、出生率を上げることが当面の目標でしょう。

いずれにしても、この問題がより多くの人に認識されることを切に願います。

この記事を書いたのが2019年と2年ほど経過していますので、追記します。

新型コロナウイルスの影響で、出生数も下がっています。なんと80万人台に突入しました。これは、2030年頃の数値予測だったので、10年早く少子化が進んでいます。

この問題は待ったなしになっています。

 

■最後に

日本はこのままだと人口が減少します。人口減少はオリンピック終了後に問題として顕在化します。

その前に多くの人に問題として認識してほしいです。そしてどうすればいいのかを考えてほしいです。

 

-新書, , 社会

執筆者:


comment

関連記事

【初恋の行方】456.『天に焦がれて』著:パオロ・ジョルダーノ

こんばんは、トーコです。 今日は、パオロ・ジョルダーノの『天に焦がれて』です。   ■あらすじ 夏になるとトリノから祖母のいるスペツィアーレという南部の街で過ごす14歳のテレーザ。 そんな時 …

【ある対話】305.『みっちんの声』著:石牟礼道子 池澤夏樹

、こんばんわ、トーコです。 今日は、石牟礼道子と池澤夏樹の『みっちんの声』です。 みっちんの声   ■あらすじ 2008年から石牟礼のなくなる2017年までの2人の対話が綴られています。 1 …

【公共空間の在り方】263.『あたらしい路上のつくり方』著:影山裕樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、影山裕樹の『あたらしい路上のつくり方』です。 あたらしい「路上」のつくり方 実践者に聞く屋外公共空間の活用ノウハウ   ■あらすじ 近年少しずつだが、「路上 …

【旅から得るもの】70.『場所はいつも旅先だった』著:松浦弥太郎

こんにちは、トーコです。 今日は松浦弥太郎の『場所はいつも旅先だった』です。 場所はいつも旅先だった (集英社文庫)   ■あらすじ ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ、バンクー …

【どこに住む】289.『あなたにいちばん似合う街』著:三浦展

こんばんわ、トーコです。 今日は、三浦展の『あなたにいちばん似合う街』です。 人生を変えたいなら、住む街を変えよう あなたにいちばん似合う街   ■あらすじ 突然ですが、あなたが「住みたい街 …