ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説

【きらめく出会い】147.『二十五年後の読書』著:乙川優三郎

投稿日:1月 28, 2019 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は、乙川優三郎の『二十五年後の読書』です。

二十五年後の読書

 

■あらすじ

響子は1人で生きている。たまに谷郷という作家との逢瀬を重ねてはいるが。

ある日ひょんなことから書評を書き始める。文学を愛するが故の厳しくも愛情のある書評は各界から評判を呼ぶ。

その一方で響子の傍らにはカクテルグラスがあった。

 

■作品を読んで

以前にも紹介しました。こちらも良かったら読んでください。

8.「ロゴスの市」著:乙川優三郎

なんというか、ふと振り返ると「ロゴスの市」も本作品も「本」がテーマになっているような気がします。見せ方は違いますが。

編集者が持ち込んだ書評を書くという仕事は、響子に新たな世界を見せます。

もともと読書が好きだった響子にとって、書評を書くという仕事を拒みますが、響子の書評は評判を呼びます。

そこには文学への愛情に裏打ちされた悪意のない批評と賛辞があるからです。

きっとですが、著者の考えがものすごく含まれているんじゃないかななんて思います。

ネットとかでこうしてトーコのように投稿している人間がたくさんいます。ちょっと耳の痛い話もありますが。

トーコとしては、多くの人にもっと本を読んでほしくて、そのきっかけの一助になればと思ってこうしてブログを書いています。

こんな不確実でよくわかんない時代だからこそ多くの人に本を読んでほしいです。

こうやってブログという形で書いている以上、悪意のない批評と賛辞を心掛けないといけないのだなと改めて思います。

毎度思うのですが、この著者の文章って今どき珍しいくらい美しいです。「ロゴスの市」もそうですが。

日本語が滑らかによどみなく表現されている文章ってなかなかお目にかかれないなと思います。読んでいて読みやすいし、すがすがしいです。文章も楽しめます。

恋物語かと思いきや、物語の終盤で響子は神経病を患います。

頼りにしていた男たちが同時期に響子のもとから離れていきます。特にですが、谷郷が離れていった時が1番ショックが大きかったようです。

出会った当時、谷郷はカメラマンでしたがやがて作家に転身します。なかなかいい文章を書きますが、近年は往時の姿がなく、響子も谷郷の書く美しい小説を待ちわびています。

谷郷が響子のもとから離れた後、編集者を経由して谷郷の書いた小説が響子のもとに届きます。

谷郷の小説は、悔しいくらいの美しい文章で完璧な小説でした。響子はこの小説を読み終えた後、今後何をするかを定めることができ、日常に戻る決心を固めます。

完璧な小説を読み終えた後って、興奮を超えてすっごく高揚感が高まるし、何かが見えてきます。

読書するとなんというか、響子の気持ちがわかるのですよ。だから読書って面白いのですよ。

最高に面白い小説、琴線に触れる小説、完璧な小説。そんな作品に出会いたいから読む。

夢中になって読んでしまうのです。作家の良心が見える小説、探してみようかな。

 

■最後に

こんな時代だからこその光る文章と読書の醍醐味が味わえます。

だから読書は面白い。新しい本に出会うことを恐れないで、といいたい。

作家の良心が詰まった作品です。

 

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説,

執筆者:


comment

関連記事

【添乗員の仕事】360.『たまごの旅人』著:近藤史恵

こんばんわ、トーコです。 今日は、近藤史恵の『たまごの旅人』です。   ■あらすじ あこがれだった添乗員になり、様々な国を旅する。アイスランド、スロヴェニア、中国…。 しかし、2020年にな …

【不思議な三角関係】352.『がらくた』著:江國香織

こんばんわ、トーコです。 今日は、江國香織の『がらくた』です。 がらくた (新潮文庫)   ■あらすじ 翻訳家の柊子(しゅうこ)は、夫と2人で暮らしている。そんな時に、15歳の美海と知り合う …

【未来の姿】84.『超AI時代の生存戦略』著:落合陽一

こんにちは、トーコです。 今日は落合陽一の『超AI時代の生存戦略』です。 超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト   ■ …

【作家のこと】245.『パリの砂漠、東京の蜃気楼』著:金原ひとみ

こんばんわ、トーコです。 今日は、金原ひとみの『パリの砂漠、東京の蜃気楼』です。 パリの砂漠、東京の蜃気楼 (ホーム社)   ■あらすじ この作品は、著者と家族がパリで暮らした日々と、日本に …

【愛するということ】207.「明日のあなたへ」著:三浦綾子

こんばんわ、トーコです。 今日は、三浦綾子の「明日のあなたへ」です。 明日のあなたへ 愛するとは許すこと (集英社文庫)   ■あらすじ 人間は満ち足りていてほぼ不満がないのに、なぜ不満を真 …