ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本 青春

【青春群像劇】15.『少女は卒業しない』 著:朝井リョウ

投稿日:4月 10, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は、朝井リョウの『少女は卒業しない』です。

少女は卒業しない (集英社文庫)

 

■あらすじ

校舎の取り壊しが決まった地方の高校が舞台です。

そこで様々な思いを持つ少女たちが卒業式に臨みます。

 

■作品を読んで

この本は少女たちをめぐる群像劇です。

とにかく、卒業式1日の中に様々なドラマが詰まっています。

登場人物も様々です。亡くなった恋人が忘れられなかったり、帰国子女でなかなかなじめずにいたときに助けてくれた男の子に別れを告げたり。

なんというか、著者は観察がうまいなあと思いました。感情がかなりリアルなんですよね。

卒業の日から歳月がたっていますが、この情景はありありと浮かびます。

朝井リョウさん、男性でしたよね‥。

女の子の気持ちがよく判るなあと感心しました。

社会人になったいまのトーコには、卒業式を通り過ぎてしまい、もう振りかえることしかできないけど、この短編の中の少女たちの気持ちが過ぎ去った思い出と重なっていて、けっこうドキッとしました。

 

■最後に

読後、「懐かしいけど、もう戻れない。でもこの出来事があったからこその今があるのでは」と思い、また頑張れそうな気がします。

卒業式は誰しも1度は通るものです。この作品はリアルな感情を見事に描写しています。

ちょっと振り返ったり、忘れていた昔を思い出すのにいいのかもしれません。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 文庫本, , 青春

執筆者:


comment

関連記事

【大切なこと】355.『いま君に伝えたいお金の話』著:村上世彰

こんばんわ、トーコです。 今日は、村上世彰の『いま君に伝えたいお金の話』です。     ■あらすじ 2022年度から、高校の家庭科の授業で金融教育が必須になります。それくらいお金の …

【働くことについて】379.『私たちはどう働くべきか』著:池上彰

こんばんわ、トーコです。 今日は、池上彰の『私たちはどう働くべきか』です。らしいです。 ■あらすじ 新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの生活にも影響を与えました。これから先の自分の仕事にも不安を覚 …

【心温まる話】173.『天国までの百マイル』著:浅田次郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、浅田次郎の『天国までの百マイル』です。 天国までの百マイル (朝日文庫)   ■あらすじ 主人公の安男は、事業に失敗し、妻子とも別れ、孤独に生きる中年男。 …

【圧巻の音楽小説】363.『蜜蜂と遠雷』著:恩田陸

こんばんわ、トーコです。 今日は、恩田陸の『蜜蜂と遠雷』です。   ■あらすじ 3年に一度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。 ピアノがない風間塵、天才少女として名をはせるも母親の死以降表 …

【知っているようで知らない】351.『新聞の読み方』著:池上彰

こんばんわ、トーコです。 今日は、池上彰の『新聞の読み方』です。 考える力と情報力が身につく 新聞の読み方   ■あらすじ 突然ですが、新聞ってどう読んでいますか。最近はほとんどの人が新聞を …