ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 時代小説 歴史

【迫力のある忍びたち】112.「忍びの国」 著:和田竜

投稿日:7月 18, 2018 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日は、和田竜の「忍びの国」です。

忍びの国 (新潮文庫)

 

■あらすじ

時は戦国時代。伊賀の国は忍びの術が使えるものが多く集まっていた。

そこで生きる無門は女房のお国に稼ぎのなさを嘆かれ、金目当てに同朋を殺してしまう。

それがやがて、伊賀を狙う織田信雄たちの仕掛ける合戦に発展する。

何年か前に映画にもなっています。

 

■作品を読んで

戦闘シーンはなかなかの迫力です。トーコはそんなにバトルシーンを読むのが少ないのですが、この作品は読みながらシーンがかなり浮かんできます。

伊賀の乱は無門が仕掛けたように書かれていますが、この本ではさりげなーく、文語体の歴史書からの引用がちりばめられています。

これのおかげで、作品の人物が本当に実存したり、史実があったりとすごく確証の持てるものになるのです。

それにしても、だましあいがすごいです。一体どこまでが想定の範囲内で範囲外なのか、全くわかりません。

あらすじで紹介した通り、無門が同朋を殺したことで、復讐のために隣国の織田家に行き、織田軍を呼び寄せるような記述があるくらいですから。

織田信長は息子の織田信雄に、「何があっても、伊賀の国は攻めるな」と言い聞かせていたそうです。もちろん、見事に破ってしまいますが。

相当恐れられた、忍びたちの恐ろしさはここにあるのでしょうね。

登場人物たちもかなり魅力的です。忍びの術に関しては右に出るものはいないと言われている無門も、女房のお国のことになると一変します。

惚れた女のことになるとムキになる、伊賀の男にしては変わっている無門。なんてったって小さな小競り合いなら日常茶飯事な伊賀の国ですから。

お国も戦いが起こったら一緒に逃げるも、伊賀の国が危ないことを聞いた後、無門に一言、「国を守る気はないのか、男だろ」的なセリフを言います。

お国はもともと武家の女なので、自然と出てくるのでしょう。それにしても、すごい芯の通った人だなと思いました。

最後は児玉清の解説です。この人はアタック25の司会者でもお馴染みのあの方です。

読書家だったそうですが、この解説文すごいです。何というか、この作品の良さと作者を全力で押してて、熱いです。この本ってそんなに素晴らしいのね、と再確認したくなりました。

この文章を書けるのがうらやましいのと同時に、もう児玉さんの解説がこれ以上生まれないのが残念でなりません。

 

■最後に

最初からなかなかドラマチックで、登場人物のキャラがなかなかに個性的です。

さらに解説まで熱いです。最後の最後まで楽しめる本です。

 

-小説, 時代小説, 歴史

執筆者:


comment

関連記事

【異邦人の人生】407.『アスファール』著:イレーヌ・ネミロフスキー

こんばんわ、トーコです。 今日は、イレーヌ・ネミロフスキーの『アスファール』です。   ■あらすじ ダリオ・アスファールは、フランスに生きる貧しい医者でした。彼には、苦楽を共にした妹のような …

【不思議な本】29.『すべて真夜中の恋人たち』 著:川上未映子

こんばんは、トーコです。 今日は川上未映子の『すべて真夜中の恋人たち』です。   すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫) ■あらすじ 「わたし」は俗にいうコミュ障で、人と関わるのが苦手な性格の持ち主。 …

【SF小説?】337.『存在しない時間の中で』著:山田宗樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、山田宗樹の『存在しない時間の中で』です。 存在しない時間の中で (角川春樹事務所)   ■あらすじ 多くの研究者が集まり、宇宙に関する研究で日本を代表する研 …

【不思議な話】212.「森があふれる」著:彩瀬まる

こんばんわ、トーコです。 今日は、彩瀬まるの「森があふれる」です。 森があふれる   ■あらすじ 編集者は見た。 長年担当している埜渡徹也の妻琉生が植物の種を食べて倒れ、次の日には彼女の毛穴 …

【失敗から学ぶ】189.「失敗の本質」著:戸部良一他編集

こんばんわ、トーコです。 今日は、戸部良一編集の「失敗の本質」です。 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)   ■あらすじ 本書は、第二次世界大戦前後にあった旧日本軍にとって重要な …