ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

新書 法律

【知識を得る本】31.『楽しく学べる「知財」入門』著:稲穂健市

投稿日:4月 27, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は、稲穂健市の「楽しく学べる「知財」入門」です。

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書) –


■あらすじ

まず、知財とは知財とは知的財産権の略称で、知的財産権には著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権があります。

これをすべて網羅するのはかなり難解なことです。ただ、これまで一般向けの本というのはあまりないらしいですが…(著者曰く)

この本では様々な事例(パクリ騒動、ペコちゃん、キューピーなど)をもとに知的財産権を学びます。

ビジネスでも使えるというのがウリです。

■作品を読んで

タイトルに惹かれ手に取りました。すごく読みやすい本です。

1つ思ったのは、これらの権利を上手に組み合わせれば確かにビジネスで役に立つと思いました。

意外と特許や商標、著作権の問題って意外と近くにある人もいそうですからね。

模倣もパクリも最近よく騒がれることが多いですが、権利的にはどこまでがOKでどこからがダメかの線引きについて書かれている部分は一読の価値があります。

あくまで著作権の場合オリジナリティのある「創作的な表現」が保護されます。アイディアやロゴなどはパクリがもとになっているものが多いですからね。

意外と想定内の問題もあったりします。(東京オリンピックのエンブレム問題とか)

また、他の権利のことも様々な事例を用いて紹介しています。

驚いたのは鳩山幸さん(鳩山由紀夫元総理大臣の奥様)が特許を出願をしていたことですかね。

結果的に審査請求をしていないため特許は取得していませんが。

しかも作者が質問状を送ったら、幸さんは直筆メッセージの中で鳩山会館のバラのことを宣伝していたりしてますが。

マダム・ミユキという鳩山会館のバラは特許を取っていなさそうですが…。

■最後に

知的財産権についてざっくりとですが知識を得ることができます。

知っているようで知らないことはたくさんあります。

正しい知識があればパクリ騒動でも批判するだけでなく、問題を冷静に分析できるような気がしました。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-新書, , 法律

執筆者:


comment

関連記事

【未来はあるか】164.「格差と階級の未来」著:鈴木貴博

こんにちは、トーコです。 今日は、鈴木貴博の「格差と階級の未来」です。 格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方 (講談社+α新書)   ■あらすじ 副題に書かれて …

【ファッション指南本】257.『服を買うなら、捨てなさい』著:地曳いく子

こんばんわ、トーコです。 今回は、地曳いく子の『服を買うなら、捨てなさい』です。 服を買うなら、捨てなさい   ■あらすじ 著者は、長年数々のファッション誌のスタイリングを担当し、服選びの第 …

【悩める女子へ】283.『三十路女は分が悪い』著:壇蜜

こんばんわ、トーコです。 今日は、壇蜜の『三十路女は分が悪い』です。 三十路女は分が悪い   ■あらすじ やることも、考えることも多く、年齢的にも甘えられない。それが三十路女。 そんな30代 …

【子供部屋の番人】125.『プーとわたし』著:石井桃子

こんばんは、トーコです。 今日は、石井桃子の『プーとわたし』です。 プーと私 (河出文庫)   ■あらすじ 著者の石井桃子さんは、「クマのプーさん」や「ピーターラビット」シリーズなどを翻訳し …

【働くということ】252.『仕事にしばられない生き方』著:ヤマザキマリ

こんばんわ、トーコです。 今回は、ヤマザキマリの『仕事にしばられない生き方』です。 仕事にしばられない生き方 (小学館新書)   ■あらすじ チリ紙交換から、絵描き、大学教師、テレビレポータ …