ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

新書 社会

【知識を得る本】2.『日本を愛した植民地』著:荒井利子

投稿日:3月 29, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは。トーコです。

さて突然ですが、パラオは昔敗戦まで日本の委任統治領だったことをご存知ですか?

おそらく日本史でうっすら出てきた様な気がしますが‥。知識レベルで考えると相当おぼろげ。

しかも、支配されていたにもかかわらず、かなりの親日国というかなりすごい国。

一体なぜ‥。

そんな不思議がいっぱいのパラオについて取り上げたのが、荒井利子の『日本を愛した植民地 南洋パラオの真実』。

日本を愛した植民地 南洋パラオの真実 (新潮新書)


■あらすじ

パラオの歴史について解説。明治時代になると元武士たちがミクロネシアでの貿易事業にに従事する。

日本がパラオを委任統治領としたのは第一次世界大戦終戦後。それからミクロネシアに貨幣経済と豊かさをもたらし、日本人の移住も増加する。

第二次世界大戦になるとミクロネシアは激戦地になり、甚大な被害を受ける。

戦後はアメリカが統治するも、幸せをもたらすことなく、むしろ日本統治時代よりも貧しくなる。

戦争を経験した世代からは「それでも日本統治時代の方が良かった」という言葉もあるとか。

 

■作品を読んで

パラオという国は本当に珍しいと思う。戦後70年経過していてもなお、「日本人はいい人だ」と言ってくださるのだから。歴史問題で幾度も問題になってネガティヴに騒ぐことが多いのに。

要因として挙げるなら、

・パラオに日本人が住み、パラオ人ときちんと友情を築いたこと

・教育、インフラ、経済、文化を整備し、日本人と同様に豊かさを享受できた時代があったこと

・アメリカの統治がお金をばら撒いているだけで、自由はもたらしたが、人々の働く気を起こさせないし、産業があまりにも発展していないこと

もちろん他にも要因はありますが‥。

また、パラオに日本人の移住者がたくさんいたことは今までなかなか知る機会がありませんでした。

この本には日本人移民についても書かれています。

ちなみに山月記を書いた中島敦はパラオに赴任し、南洋庁というお役所に勤めていました。

 

■最後に

パラオについてより深く知ることができたのと、植民地だった国で日本人がたくさんのものをもたらしていたこと、日本人移民がたくさんいて、現地の人と友情を築いたことがわかりました。

本を読み終わった後、パラオに行きたくなりました。過去の姿と現在の姿をこの目で見たいと思いました。この事実はもっと多くの人に知ってほしいなぁと思うのでした。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-新書, , 社会

執筆者:


comment

関連記事

【番外編】秋の文庫フェアin2020

こんばんわ、トーコです。 さて今回は、番外編秋の文庫フェア特集です。といっても、今のところ文春文庫だけですが。 それでは、張り切っていきましょう。   【文春文庫】 該当している作品が意外と …

【爆笑食べものエッセイ】307.『残るは食欲』著:阿川佐和子

こんばんわ、トーコです。 今日は、阿川佐和子の『残るは食欲』です。 残るは食欲 (新潮文庫)   ■あらすじ 食べることが小さい頃から大好きな著者。今日もあらゆるものを作っては食べ、いただい …

【同時通訳小話】373.『ガセネッタ・シモネッタ』著:米原万里

こんばんわ、トーコです。 今日は、米原万里の『ガセネッタ・シモネッタ』です。   ■あらすじ 国際会議に絶対に必要な同時通訳。誤訳は致命的な事件を起こす可能性があり、常に緊張を強いられるので …

【命がけの恋】309.『白蓮れんれん』著:林真理子

こんばんわ、トーコです。 今日は、林真理子の『白蓮れんれん』です。  白蓮れんれん (集英社文庫)   ■あらすじ 筑紫の炭鉱王伊藤伝右衛門に嫁いだ柳原燁子(のちの白蓮)は嫁ぎ先で様々な困難 …

【幸せな気分になれる】22.「絵のない絵本」 著:アンデルセン

こんにちは、トーコです。 今日はアンデルセンの「絵のない絵本」です。 絵のない絵本 (角川文庫) ■あらすじ ある日貧しい絵かきのもとに月が話しかけてくれました。月はそれから毎晩現れては、その日見たこ …