ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

エッセイ 実用書 文庫本 日記 江戸

【町あるき本】229.『ほのぼのお徒歩日記』著:宮部みゆき

投稿日:4月 20, 2020 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、宮部みゆきの『ほのぼのお徒歩日記』です。

ほのぼのお徒歩日記 (新潮文庫)

 

■あらすじ

宮部みゆきとそのご一行が江戸を東京を日本を歩く。

ある時は赤穂浪士の討ち入り後のルート、市中引廻しルート、箱根などなど。

歩いたり、食べたり、語ったり、と盛沢山。宮部みゆきの小説以外のはじめての本です。

 

■作品を読んで

宮部みゆきの小説以外の本です、という謎のうたい文句に惹かれて買った本。

意外や意外。宮部さん、まさか小説以外がないなんて。

でも、この人書くものはミステリーと江戸時代の人情ものが主。

関係はないけど、意外や意外加えてゲーマー。

書くものの振り幅が広いのと人間的な意外性があるから、口を開けば絶対面白い人に違いない、と思ってました。

結果は期待を裏切らなかったです。面白いし、なんだこの脱力旅、と言いたくなる。

けど、きちんと見て回っています。うん実に失礼な言い方。文章から結構苦労していることが垣間見える。

特に箱根を歩く章はかなりすごいです。

ショートカットとか言いつつ、実は急で険しい階段というオチがすごい。あの、ミステリー作家ご一同が歩くコースではない気が…。

そのあと遭遇するタクシーの運転手がそら神様仏様に見えてきますね。

しかしまあ、お徒歩の必要なものの中に病気って…。お徒歩旅の寸前に宮部さん腎臓結石になり、医者からは歩き回るのが1番という指導をいただいたのだとか。

それが最初のお徒歩旅のスタートです。

赤穂浪士の討ち入りの後の行程、市中引廻し、箱根の関所巡り、旧江戸城一周、八丈島、本所七不思議巡り、善行寺巡りなど。バラエティーに富んでいます。

25年経つと令和になっていました。令和になるとお年でしょうか。編集長(25年前は一緒に歩いてました)と著者は、ハードな行程はもってのほか。うまいこと却下させていました。

あと、文章が落ち着いていました。序盤はなかなかテンションが高いなあと思いましたが、令和のお徒歩旅はすごく安定してました。

これも歳月を経たからでしょうか。

あとは、東京も江戸の頃の遺構が結構残っているのですね。感心してしまいます。

いつか36見附巡りをやって見たいのですが、皇居って意外と1周できちゃうようなので。やってみようかな。

その時は中に挿入している皇居1周地図が使えそうね。こんなピンポイントでわかりやすい地図ないし。スマホだと意外と使いにくい。助かります。

ちなみにですが、この作品のタイトルは徒歩と書いて「かち」です。

辞書には徒歩の意の雅語的表現と書いてあるようです。

ただ、著者の言う通りこの旅ここまで優雅ではなかった気はするが…。

 

■最後に

江戸を歩くことから始まり、様々な場所へお徒歩旅を進めます。

道中はおいしいものや大変なことなど様々な出来事があります。

読み終わるとすごく徒歩で江戸の名残を巡りたくなります。

 

 

Pocket
[`evernote` not found]

-エッセイ, 実用書, 文庫本, , 日記, , 江戸

執筆者:


comment

関連記事

【大事なお金の話】72.「はじめての人のための3000円投資生活」著:横山光昭

こんばんわ、トーコです。 今日は、横山光昭の「はじめての人のための3000円投資生活」です。 はじめての人のための3000円投資生活   ■あらすじ ひょっとすると、家計再生コンサルタントと …

【知っているようで知らない】351.『新聞の読み方』著:池上彰

こんばんわ、トーコです。 今日は、池上彰の『新聞の読み方』です。 考える力と情報力が身につく 新聞の読み方   ■あらすじ 突然ですが、新聞ってどう読んでいますか。最近はほとんどの人が新聞を …

no image

【友達っていいな】58.「トットのマイ・フレンズ」著:黒柳徹子

こんばんわ、トーコです。 今日は、黒柳徹子の「トットのマイ・フレンズ」です。 トットのマイ・フレンズ (新潮文庫)   ■あらすじ この本は徹子さんの友人たちについて書かれた本です。 この作品には12 …

【眠ることについて】261.『白川夜船』著:吉本ばなな

こんばんわ、トーコです。 今日は、吉本ばななの『白川夜船』です。 白河夜船   ■あらすじ いつからこんなに眠るようになったのだろう。植物状態の妻を持つ男性との恋愛にどうにもなさを感じながら …

【父のこと】249.「猫を棄てる」著:村上春樹

こんばんは、トーコです。 今日は、村上春樹の「猫を棄てる」です。 猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book)   ■あらすじ 中学生のころ、父親と一緒に猫を棄てに行ったことがある …