ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ビジネス書 働き方 実用書

【生産性向上】161.『知的生産術』著:出口治朗

投稿日:4月 10, 2019 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、出口治朗の『知的生産術』です。

知的生産術

 

■あらすじ

著者は日本生命に勤務ののち、ライフネット生命を創業し、現在はAPU(立命館アジア太平洋大学)の学長をしている方です。

なかなかの読書家で、様々な本を執筆されています。何故か学者でもないのに世界史の本を執筆していますよ。

そんな著者が様々な世界を見てきた中で、どうすれば生産が上がる働き方になるのかを説きます。

 

■作品を読んで

この方はすごく人間味にあふれているような気がします。

本書の「はじめに」でイノベーションはサボりたいという欲求から起こると書いています。

至極単純、かつ明快…。いいわ、これ。

でも、確かにトーコだって早く帰りたいんです、おじさんたちと違って家帰ってもやりたいこと、やることはたくさんあります。

トーコから言わせれば、仕事中の1分1秒が惜しい状況です。ましてや今年の4月から働き方改革法案が施行されています。省けるところから容赦なく省くしかありません。

効率よく働くというのは社会の要請になってしまっています。どうすればいいのやら。

そこで、「知的生産術」が出てきます。著者は知的生産術を高めるために以下のように述べています。

いかに効率よく仕事をして成果を出すか。その方法を自分の頭で考え出すことが、「知的生産術を高める」こと

逆説的かもしれませんが、まあその通り。しかも、この先でこうすることで、人が成長することも併せて定義しています。

いいじゃないですか、知的生産術を高めて、人が成長するならそれでいいじゃないですか。

たまに、長時間労働がないと成長ができない、なんていう方いますが、そんなことは絶対にないはずです。

さて、話は戻りまして本書の構成は、

①日本の生産性が低い理由

②考える技術

③インプット、アウトプットの技術

④マネジメントの技術

⑤コミュニケーションの技術

です。

なかなか面白いのは、仕事は先着順という主張です。

仕事をこなす順って、対外優先順位をつけてそれをもとにこなそうとします。大多数の方はそう思うでしょう。

ですが、著者の考えはこうです。与えられた時間内にすべてこなそうとすれば、優先順位を考えずに先着しているものからこなせば早い、と。

なるほどなあ、と思います。まず大前提条件が時間内に終わらせる。発想が違うなあ、と感心してしまいます。

確かにですが、どんな仕事も大切です。金額の大きさなんぞ関係ありません。

ちなみにですが、この話は著者が若いころ会社に派遣されたセミナー講師に対しても「仕事は先着順に終わらせるべき」という激論をしたそうです。

セミナー講師もびっくりでしょうね。こんな受講生にさぞ遭遇したくなかったことでしょう。

 

■最後に

これまでの概念ではあまり対応できなくなりつつあります。

どうすればより早く帰ることができるかをより真剣に考える必要があります。

帰るため、あるいは変えるためにどうすればいいのかのヒントが詰まっています。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-ビジネス書, 働き方, 実用書,

執筆者:


  1. […] 以前作品を紹介していますので、こちらも良かったらどうぞ。161.『知的生産術』 […]

comment

関連記事

【愛するということ】207.「明日のあなたへ」著:三浦綾子

こんばんわ、トーコです。 今日は、三浦綾子の「明日のあなたへ」です。 明日のあなたへ 愛するとは許すこと (集英社文庫)   ■あらすじ 人間は満ち足りていてほぼ不満がないのに、なぜ不満を真 …

no image

【著者かく語りき】53.「内面からの報告書」著:ポール・オースター

こんにちは、トーコです。 今日は、ポール・オースターの「内面からの報告書」です。 内面からの報告書

【びっくりな旅】274.「わたしのもう一つの国」著:角野栄子

こんばんわ、トーコです。 今日は、角野栄子の「わたしのもう一つの国」です。 わたしのもう一つの国: ブラジル、娘とふたり旅   ■あらすじ 1954年24歳だった著者は、結婚したばかりの夫と …

【番外編】夏の文庫フェアin2020

こんばんわ、トーコです。 さて、なかなか本屋さんに行けないし、行きにくいしな状況ですが、今年もいつも通り夏の文庫フェアを行っています。 ちなみに夏フェアは、新潮文庫、角川文庫、集英社文庫が100冊選ん …

【これからの日本】159.「地方消滅」著:増田寛也

こんばんわ、トーコです。 今日は、増田寛也編著の「地方消滅」です。 地方消滅 – 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)   ■あらすじ 日本は今後人口が急減し、896の自治体 …