ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 恋愛 文庫本

【甘くて苦い話】80.『カクテル・カルテット』著:小手鞠るい

投稿日:9月 24, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は小手鞠るいの『カクテル・カルテット』です。

([こ]1-4)カクテル・カルテット (ポプラ文庫)

 

■あらすじ

恋にも様々なものがあります。甘いもの苦いもの、忘れもしないもの。

カクテルも同じで甘いもの、苦いものあります。

ある1人の女とその周囲の人たちの恋模様をカクテルを添えながら描く物語です。

 

■作品を読んで

様々な恋模様が描かれているので、ちょっとした千夜一夜物語を読んでいるような気分になります。

なんだかみんな恋をして大きくなる(⁉)のですね。大人になると言いますか。

経験を積めば少しずつ分かっていくのでしょうね。

恋愛をしたことのないトーコには小説を読むことで気持ちを垣間見ることができるのですが。

うん、小説って便利。

主人公の涙子は翻訳家です。彼女は今の夫と結婚するまでに離婚や不倫を経験しています。

その思い出を語ったり、アドバイスを求められたりとします。また彼女の周囲の人も様々な恋に苦しんでいます。

この思い出に合うカクテルがタイトルになって、カクテルの味も何となく恋物語にあっていたりします。

すごく夢見心地の気分にさせてくれます。

そんな涙子の言う恋愛の極意がなんとなく重みがあります。

求めることと心配することは避けること。他人の心に頼らず、自分の心を味方につけること。

不安の原因は自分自身に原因があるのです。絶対的な愛は自分自身でクリエイトするそうです。

なるほどなあ、と思います。いつか恋愛する日が来たら思い出したいです。

 

■最後に

様々な恋模様をカクテルに合わせて綴られている作品です。

なんだかすごく大人な恋を垣間見ることができます。

恋ってこういうものなのね、ということを味わえる素敵な本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 恋愛, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【旅に出る】195.『旅ドロップ』著:江國香織

こんばんわ、トーコです。 今日は、江國香織の『旅ドロップ』です。 旅ドロップ   ■あらすじ この作品は、JR九州で連載されていたエッセイに、詩と1篇のエッセイを追加したものです。 著者が旅 …

【作家の軌跡】230.『タブッキをめぐる九つの断章』著:和田忠彦

こんばんわ、トーコです。 今日は、和田忠彦の『タブッキをめぐる九つの断章』です。 タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)   ■あらすじ アントニオ・タブッキを巡る旅を翻訳者である著者と …

【旅に出る】190.『スーツケースの半分は』著:近藤史恵

こんばんわ、トーコです。 今日は、近藤史恵の『スーツケースの半分は』です。 スーツケースの半分は (祥伝社文庫)   ■あらすじ 第一話の主人公の真美は、ずっと行きたいと思っていたニューヨー …

【どこに行くか分からない】244.『逃亡者』著:中村文則

こんばんわ、トーコです。 今日は、中村文則の『逃亡者』です。 逃亡者   ■あらすじ ジャーナリストの男は、第二次世界大戦下で”悪魔の楽器”と呼ばれたトランペットを入手し、それを持って逃亡し …

【抱腹絶倒本】88.『絶望名人カフカの人生論』編訳:頭木弘樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、頭木弘樹編訳の『絶望名人カフカの人生論』です。 絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)   ■あらすじ カフカといえば、「変身」のほかかなり有名な作品を残し、 …