ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

【死者との旅】9. 『岸辺の旅』 著:湯本香樹実

投稿日:4月 4, 2017 更新日:

こんばんは、トーコです。

今日は湯本香樹実の『岸辺の旅』です。

岸辺の旅 (文春文庫)

 

■あらすじ

3年間失踪していた夫(優介)が帰ってきて、いなかった間どうしていたかを話して欲しいと言った。

妻(瑞希)はお互いにいなかった間は分からない。

いつの間にか失踪している間優介が過ごしていた場所へ旅に出た。

■作品を読んで

読み終わってすぐには感想がすぐに見つかりませんでした。

なんと表現すればいいのか収まりつくかわからなかったからです。

ただ、妻からすると死の世界が意外と近いのに、夫と過ごしていると夫は本当に生きているようにも思ってしまうのも事実。

一緒に語ったり、食べたり、寝たり。生身の人間として存在しているのですから。

やりきれないでしょうね。それでも、夫は本当に死んでいることを徐々に受け入れていく準備を進めます。物語の終盤で本当に夫と2度と会えなくなります。

この作品は結構重めなテーマを扱っていますが、死の世界がそこまで重くのしかかっているわけではないです。でも一定の重さはありますが。

死者の世界と生者の世界が交わって、行き来し、何かを共有する。

何か切ない。だけど旅を通して瑞希は気がつく。これ以上どこへも行けない未来があることを。

夫がいなくなるという事実を受け入れることで、2人の絆を再生することができ、これから先を生きることができるのです。

■最後に

死者と生者が近くにある作品はなかなかないです。

旅を通して、絆や想いの強さを思い知り、明日に向かえます。

読後は何かに圧倒されて言葉にすることができないほど、静かに心震える作品です。

 

-小説, 文庫本, ,

執筆者:


comment

関連記事

【かわいい妖怪と最弱の主人公】111.『ちんぷんかん』 著:畠中恵

こんばんわ、トーコです。 今日は、畠中恵の『ちんぷんかん』です。 ちんぷんかん しゃばけシリーズ6 (新潮文庫)   ■あらすじ 薬問屋の若だんなこと一太郎は、薬種問屋の跡取りにして、超が付 …

【家族のこと】361.『家族じまい』著:桜木紫乃

こんばんわ、トーコです。 今日は、桜木紫乃の『家族じまい』です。   ■あらすじ ある日突然妹から、「母親がぼけちゃったのよ」と電話が来ます。子どもたちが家を出てゆき、夫婦2人で生きていこう …

no image

【時代を生きる】90.『胡蝶の夢』著:司馬遼太郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、司馬遼太郎の『胡蝶の夢』です。 胡蝶の夢 全4巻セット   ■あらすじ 松本良順は徳川幕府の奥医者の家に養子になった。そこへ佐渡から書生として島倉伊之助が松 …

【意外な歴史】181.『恋歌』著:朝井まかて

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝井まかての『恋歌』です。 恋歌 (講談社文庫)   ■あらすじ 歌人の中島歌子は、萩の舎という私塾を立て、多くの歌人や小説家などを輩出していた。 だが、歌 …

no image

【懐かしい風景】86.『田園発港行き自転車』著:宮本輝

こんばんわ、トーコです。 今日は、宮本輝の『田園発港行き自転車』です。 田園発 港行き自転車 (上)(下)巻セット (集英社文庫)   ■あらすじ 会社員の川辺康平は、脇田千春の送別会を行っ …