ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

宗教 歴史 短編集

【歴史小話】217.「サロメの乳母の話」著:塩野七生

投稿日:2月 24, 2020 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、塩野七生の「サロメの乳母の話」です。

サロメの乳母の話 (新潮文庫)

 

■あらすじ

ホメロスにサロメ、ユダ、キリスト、ネロ…

誰もが知っている歴史上の人物たちのその周囲の人たちの視点から見た物語です。

 

■作品を読んで

最初に言うことといえば、この作品はある程度は史実に基づいているのでしょうが、おそらく著者の他の作品よりもより一層創作的な部分が多い気がします。

なので、すべてが本当かといわれてしまえば多分違います。非常にエンターテイメント要素の大きい作品かと思います。

それゆえでしょうか。歴史上の人物とはいえ、日本人にはなじみのない人物を描いていてもそこまで苦もなく読める気がします。

個人的には馬目線の短編が面白かったです。

中島みゆきの「空と君との間には」並みにびっくり。ちなみにこの曲は、犬目線で書いたとか。

馬はカリグラ帝の愛馬です。馬曰く、姿、形はかなり不格好で、謳い文句は「人語を理解できる馬」。そんなやつ、皇帝の馬に選ばれるはずがない。

ところが、選ばれました。カリグラ帝の愛馬に。

しかも、この馬かなり気に入られたのか、カリグラ帝はこの馬専用の厩舎というかもはやアパルトマンを作らせ、馬用の奴隷を贈呈されます。

さらに、馬は仕えている奴隷から「○○閣下」と呼ばれます。

プラス、皇帝が馬が安心して眠れるようにと10人の兵士を配置します。さすがの馬もこれには引いていましたが。

馬目線もここまでくるともはや人間と変わらないです。なかなか観察眼の鋭い馬です。

まだ、馬の話は続きがあります。なんと馬は元老院議員になります。

この頃にはカリグラ帝がかなり暴走し、元老院議員たちも首を切り落とされる可能性があるかもしれないため、カリグラ帝に何も言えずにいました。

馬もこの状況をわかっていました。でも、人語を話せないので、何もできずにいました。

最後はカリグラ帝が何者かに殺されてしまい、家族もろとも殺されてしまいました。

当然馬も殺されてしまいます。馬から見ても権力者のはかなさが良く伝わります。

とはいえ、カリグラ帝なかなか行動面に問題の多い方ですが。

 

最後の地獄で開催される饗宴の設定には爆笑です。

出席者は女ばかり6人です。6人の内訳は、クレオパトラ、ビサンチン帝国の皇后テオドラ、スパルタの王妃ヘレナ、ソクラテスの妻クサンチッペ、マリー・アントワネット、江青女史。

地獄で展開される歴史上の出来事には結構爆笑です。こういう切り口だと面白くなるのね。

最後はまさかの本人で締めてしまいます。

ここで、あなたが登場するんかい、ってツッコミたくなります。悪妻って自分で言っちゃうのね。

 

■最後に

表紙のおそらくモローと思われるサロメの絵が見事です。でもサロメの話だけではないのですよ。

史実以外は多少のエンターテイメント性を持たせていますが、歴史上の人物もこうしてみると面白いものです。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-宗教, , 歴史, 短編集

執筆者:


comment

関連記事

no image

【本と暮らす】64.『なかなか暮れない夏の夕暮れ』著:江國香織

こんばんわ、トーコです。 今日は、江国香織の『なかなか暮れない夏の夕暮れ』です。   なかなか暮れない夏の夕暮れ   ■あらすじ 稔は本を読みながら自由気ままに暮らしています。彼には先祖代々 …

【旅に出たくなる本】68.「カスバの男-モロッコ旅日記」著:大竹伸朗

こんばんわ、トーコです。 今日は大竹伸朗の「カスバの男-モロッコ旅日記」です。 カスバの男―モロッコ旅日記 (集英社文庫)   ■あらすじ 著者が11日間モロッコを旅した記録が綴られている。 …

【時には休もう】193.「頑張りすぎるあなたのための会社を休む練習」著:志村和久

こんばんわ、トーコです。 今日は、志村和久の「会社を休む練習」です。 頑張りすぎるあなたのための会社を休む練習   ■あらすじ 働き方改革が施行され、企業に勤める人間は最低でも年5日の有給を …

【世界の旅】236.「わたくしが旅から学んだこと」著:兼高かおる

こんばんわ、トーコです。 今日は、兼高かおるの「わたくしが旅から学んだこと」です。 わたくしが旅から学んだこと (小学館文庫)   ■あらすじ あなたは、「兼高かおる 世界の旅」という番組を …

【同時通訳小話】373.『ガセネッタ・シモネッタ』著:米原万里

こんばんわ、トーコです。 今日は、米原万里の『ガセネッタ・シモネッタ』です。   ■あらすじ 国際会議に絶対に必要な同時通訳。誤訳は致命的な事件を起こす可能性があり、常に緊張を強いられるので …