ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

【本と暮らす】64.『なかなか暮れない夏の夕暮れ』著:江國香織

投稿日:6月 14, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、江国香織の『なかなか暮れない夏の夕暮れ』です。

 


なかなか暮れない夏の夕暮れ

 

■あらすじ

稔は本を読みながら自由気ままに暮らしています。彼には先祖代々の遺産があるため、悠悠自適に暮らすことが可能でした。

稔の周りには、姉の雀、元恋人の渚と娘の波十(はと)、高校時代からの友人の大竹と淳子、経営している店の従業員、所有しているアパートの店子などがいます。

物語の途中には、稔が実際に読んでいる本が挿入されています。

 

■作品を読んで

なんというか、稔は不思議な中年です。孤独そうに見えるのですが、人が妙に寄ってくるのです。

渚から見ると、「共有することができない」のもダメなポイントでしょう。

本を読むってかなり孤独な作業で、1人で行うため共有することはすごく難しいです。

渚は1人で別の場所に行ってしまったり、存在感が消えてしまったりすることから、そう感じたのでしょう。

また、彼は人を同じように親切にします。淳子と恋人のように抱き合ったりした後でも、稔は何も表情を変えませんでした。

けっこう感情をかき乱される淳子の様子とは対照的ですが。

ひょっとすると、優しいようで誠意がないのかもしれません。けっこう無意識に残酷なことをします。ある意味すごいぞ。

Going My Way度のかなり高い方です。

すごく印象的だなと思った場面がありました。

稔と雀、波十がそれぞれ違う本を読んでいて、時間が経って稔が雀と波十に問いかけても、顔を上げずに本に没頭しているシーン。

稔にとってはすごく寂しいものです。せっかく呼びかけたのに、誰も反応しないのですから。

稔は2人の様子を見て、すごく本の世界に戻りたくなりました。

すごくこのシーンに同意してしまいます。

トーコの家でも家族みんなでそれぞれ本を読んでいて、なつかしく思ったのです。このシーンにははすごく幸福な時間が流れているなと思います。  

この作品の中には、稔の読む本の文章も挿入されています。

ふと本から離れたときに「この人は今何歳なんだろう」と、ふっと思い浮かんだことを考えたり、外の風景を見たり、あるいはすごくいい場面で邪魔が入ったり…。

なんだか、稔の生活には本が寄り添っているなと思います。ここまで本と寄り添っている作品ってなかなかないです。

この作品の中で様々な登場人物たちが同じときのそれぞれの日常を過ごす場面が出てきます。

登場人物たちの様々な感情が折り重なっています。すごくこの重なり合いがこの作品の味を出しています。

それにしても夏はなかなか暮れません。

 

■最後に

すごく様々な時間が流れている作品です。

稔にとって本を読むのは、生活に人生に欠かせないものだからでしょう。

本は共有することができないもので、孤独な世界でもあります。

同時に本を読む人はすごく強く、独自の世界を持つのでしょう。

稔という男も暮れませんが、夏も暮れません。  

江國香織のほかの作品

【不思議な話】1.「金平糖の降るところ」

 
Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 文庫本,

執筆者:


  1. […] 1.『金平糖の降るところ』、64.『なかなか暮れない夏の夕暮れ』、149.『神様のボート』、195.『旅ドロップ』、208.『彼女たちの場合は』、254.『去年の雪』 […]

comment

関連記事

【我々はどこで生まれ、発展したか】82.「サピエンス全史」著:ユヴァル・ノア・ハラリ

こんにちは、トーコです。 今日はユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」です。 サピエンス全史 単行本 (上)(下)セット   ■あらすじ 一時よりか下火になりましたが、かなり話題をかっさ …

【旅に出る】208.「彼女たちの場合は」著:江國香織

こんばんわ、トーコです。 今日は、江國香織の「彼女たちの場合は」です。 彼女たちの場合は   ■あらすじ 17歳の逸佳と14歳の礼那は従姉妹同士。 ある日「家出ではないので心配しないでね」と …

【考えたこと】202.『やがて満ちてくる光の』著:梨木香歩

こんばんわ、トーコです。 今日は、梨木香歩の「やがて満ちてくる光の」です。 やがて満ちてくる光の   ■あらすじ 著者が作家としてデビューしてから初期のころからの雑誌等に連載したエッセイをま …

【変な奇天烈】350.『私と鰐と妹の部屋』著:大前粟生

こんばんわ、トーコです。 今日は、大前粟生の『私と鰐と妹の部屋』です。 私と鰐と話は部屋   ■あらすじ 妹の目からビームが出たり、薔薇園に鰐が必ずいたり、忍者がいたり。 強烈だけど、可笑し …

【老いるということ】233.「体の贈り物」著:レベッカ・ブラウン

こんばんわ、トーコです。 今日は、レベッカ・ブラウンの「体の贈り物」です。 体の贈り物 (新潮文庫)   ■あらすじ ホームケア・ワーカーとして働く私は、重い病に侵され、死が迫った人々の身の …