ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 恋愛 文庫本 男と女

【明日へ向かう】23.『錦繍』 著:宮本輝

投稿日:4月 17, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は宮本輝の『錦繍』です。

錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)

■あらすじ

夫が別の女とともに心中騒動を起こし、それが原因で夫婦は離婚しました。

この物語は、10年後偶然にも2人が再会するところから始まります。

しばらくして妻だった女から元夫に分厚い手紙が届き、そこから1年近く手紙のやりとりが行われます。

始めは女の話から心中騒動、離婚してから今現在、これからの話と移ってゆきます。

■作品を読んで

この小説の凄いところは、書簡の往復で物語が成立していることです。今どきですが、そんな小説はなかなかないと思います。

個人的にも、ここから宮本輝にはまっていきます。

著者の作品全般に言えますが、文章がかなりきれいで、整然としています。とてつもなく読みやすいし、なんだか、姿勢を正して読みたくなります。

そしてこの書簡は過去、現在、未来に向けてきちんとベクトルが向かっていきます。

正直なことを言うと、過去・現在の話から、未来に向かって話が及んだ時にこの作品が一気に大切な作品に変わったと言っても過言ではありません。

それにしても、2人とも皮肉にも再会してからきちんと腹を据えて話せるようになったみたいです。

歳月が解決するのでしょうか、もっと早く話せていたらきっと2人は別れなくて済んだはずです。

手紙のやり取りからみてもわかりますが、きちんと互いを理解し、尊重していたのですから。

それにしても、男の転落っぷりは半端じゃないです。堕ちるところまで堕ちてます。

でも、新たなパートナーを見つけることもできたし、新しい事業も成功しそうです。

女も家庭生活はうまくいってないみたいですが、障害を持った息子をきちんと育てることを、また物語のラストで今の夫と離婚することを決心したみたいです。

過去を整理して、受け入れることができた。この10年間互いにいいことはなかった。

これからはきっとうまくいく。もう2人がこうして交差することはないけど。

そう感じました。

 

■最後に

この物語は2人の書簡のやり取りが軸となっている、すごく珍しいタイプの小説です。

過去は変えられない。かつて共有できなかった記憶を補うことはできるけど。

でも、「いま」は変えられます。

かつて愛し合った2人が、過去と現在を見つめ、未来に向かっていく物語です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 恋愛, 文庫本, , , 男と女

執筆者:


comment

関連記事

【在りし日の世界】201.『椿の海の記』著:石牟礼道子

こんばんわ、トーコです。 今日は、石牟礼道子の『椿の海の記』です。 椿の海の記 (河出文庫)   ■あらすじ 4歳のみっちん(著者のこと)は、自分の目の前の日常を見ている。 心がおかしくなっ …

【感動の話】327.『もどかしいほど静かなオルゴール店』著:瀧羽麻子

こんばんわ、トーコです。 今日は、瀧羽麻子の『もどかしいほど静かなオルゴール店』です。 もどかしいほど静かなオルゴール店   ■あらすじ ある南の島に、人の心の中に流れている音楽をもとにオル …

【仲間を作る】197.「君に友だちはいらない」著:瀧本哲史

こんばんわ、トーコです。 今日は、瀧本哲史の「君に友だちはいらない」です。 君に友だちはいらない   ■あらすじ グローバル資本主義の進展によって、これまで日本のお家芸だった、「いいものを大 …

【人間模様】214.「にんげんのおへそ」著:高峰秀子

こんばんわ、トーコです。 今日は、高峰秀子の「にんげんのおへそ」です。 にんげんのおへそ (新潮文庫)   ■あらすじ 女優をやっているとたくさんの人と出会います。有名人から無名の人まで。 …

【不思議な話】212.「森があふれる」著:彩瀬まる

こんばんわ、トーコです。 今日は、彩瀬まるの「森があふれる」です。 森があふれる   ■あらすじ 編集者は見た。 長年担当している埜渡徹也の妻琉生が植物の種を食べて倒れ、次の日には彼女の毛穴 …