ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ことば 哲学 文庫本 日記

【抱腹絶倒本】88.『絶望名人カフカの人生論』編訳:頭木弘樹

投稿日:12月 18, 2017 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日は、頭木弘樹編訳の『絶望名人カフカの人生論』です。

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

 

■あらすじ

カフカといえば、「変身」のほかかなり有名な作品を残し、多くの作家に多大な影響を与えました。

が、当のカフカといえば、日記やノート、メモ、手紙に残した言葉は自虐や愚痴に満ち溢れています。ネガティブのオンパレードです。

文豪の残したネガティブワードたちは、ネガティブを通り越して笑いに変わっていきます。

本当に不思議なくらいです。

 

■作品を読んで

冒頭からやられます。「はじめに」でこんな言葉が引用されています。

将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。

将来にむかってつまずくこと、これはできます。

いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。

へ、なんだそりゃ、って思うこと間違いなしです。

ほんと、いつ何時読んでも笑えます。正直なことを言えば、この引用を打っているときもくすくす笑っていました。

自分の悩みが結構な割合で吹き飛ぶこと、間違いなしです。

ちなみに、先ほどの引用文はラブレターに書かれていた言葉です。

え、それ書くの?とびっくりすることでしょう。

普通こんな男嫌だろう、と思ったら、なんとその人ちゃんとカフカと婚約します。

トーコがこれよりさらに爆笑したのは、その婚約者に渡した婚約者の父親あての手紙。

さっくりいうと、「ぼくは今の勤めで急速にダメになっていくでしょう」と書いたのです。

おーい、お父さんにそんなこと言うか、おい。

普通の親なら、そんなこという男と自分の娘を絶対結婚させませんぜ。

婚約者はお父さんにこの手紙を渡さなかったとか。当然ですけど。

それにしても、カフカの周りの人たちはよくこんなネガティブレターにメモをきちんと守ってくださいましたこと。

このカフカの手紙・書簡集というのは、実は現在日本語訳のものは絶版になっています。古書しかありません。

多分、日本語訳になっていてももっとわかりにくい文章だと思われるので、あってもとっつきにくいかもしれません。が、カフカの手紙たちは実に面白いので、あったら絶対いいなと思います。

こんなにカフカが絶望名人なんだということを教えてくださった訳者に感謝です。

 

■最後に

ネガティブもここまでくるともはや笑えてきます。

なんだかすごく安心するし、また頑張ろうと励まされるものがあります。

カフカの作品ももっと読んでみようかと思えてきます。

 

-ことば, 哲学, 文庫本, 日記,

執筆者:


  1. […] まずは、これまでに紹介した絶望シリーズです。88.『絶望名人カフカの人生論』 […]

  2. […] 88.『絶望名人カフカの人生論』著:頭木弘樹 194.『停電の夜に』著:ジュンパ・ラリヒ 216.『千年の祈り』著:イーユン・リー […]

comment

関連記事

【どんぞこから這い上がる】69.「太陽のパスタ、豆のスープ」著:宮下奈都

こんばんわ、トーコです。 今日は宮下奈都の「太陽のパスタ、豆のスープ」です。 太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)   ■あらすじ 明日羽(あすわ)は結婚式直前に婚約者から別れを切り出さ …

no image

【食い倒れ日記】126.『フーテンのマハ』著:原田マハ

こんばんわ、トーコです。 今日は、原田マハの『フーテンのマハ』です。 フーテンのマハ (集英社文庫 は 44-3)   ■あらすじ 著者はとにかく旅が好き。グルメ旅、陶器、絵画、さらには取材 …

【人口減少の衝撃】106.『縮小ニッポンの衝撃』著:NHKスペシャル取材班

こんばんわ、トーコです。 今日は、NHKスペシャル取材班の『縮小ニッポンの衝撃』です。 縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)   ■あらすじ 2020年にオリンピックはやってくる。経済が回 …

【歌姫の幕引き】116.『流星ひとつ』著:沢木耕太郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、沢木耕太郎の『流星ひとつ』です。 流星ひとつ (新潮文庫)   ■あらすじ この作品は、1978年に歌手をやめ、芸能界を引退することを決心した藤圭子に、作者 …

【ザ・青春小説】368.『屋上のウインドノーツ』著:額賀澪

こんばんわ、トーコです。 今日は、額賀澪の『屋上のウインドノーツ』です。   ■あらすじ 給前志音は引っ込み思案で、一人ぼっちで高校生活を送っている。そんなある日、屋上でドラムのスティックを …