ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ことば 哲学 文庫本 日記

【抱腹絶倒本】88.『絶望名人カフカの人生論』編訳:頭木弘樹

投稿日:12月 18, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、頭木弘樹編訳の『絶望名人カフカの人生論』です。

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

 

■あらすじ

カフカといえば、「変身」のほかかなり有名な作品を残し、多くの作家に多大な影響を与えました。

が、当のカフカといえば、日記やノート、メモ、手紙に残した言葉は自虐や愚痴に満ち溢れています。ネガティブのオンパレードです。

文豪の残したネガティブワードたちは、ネガティブを通り越して笑いに変わっていきます。

本当に不思議なくらいです。

 

■作品を読んで

冒頭からやられます。「はじめに」でこんな言葉が引用されています。

将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。

将来にむかってつまずくこと、これはできます。

いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。

へ、なんだそりゃ、って思うこと間違いなしです。

ほんと、いつ何時読んでも笑えます。正直なことを言えば、この引用を打っているときもくすくす笑っていました。

自分の悩みが結構な割合で吹き飛ぶこと、間違いなしです。

ちなみに、先ほどの引用文はラブレターに書かれていた言葉です。

え、それ書くの?とびっくりすることでしょう。

普通こんな男嫌だろう、と思ったら、なんとその人ちゃんとカフカと婚約します。

トーコがこれよりさらに爆笑したのは、その婚約者に渡した婚約者の父親あての手紙。

さっくりいうと、「ぼくは今の勤めで急速にダメになっていくでしょう」と書いたのです。

おーい、お父さんにそんなこと言うか、おい。

普通の親なら、そんなこという男と自分の娘を絶対結婚させませんぜ。

婚約者はお父さんにこの手紙を渡さなかったとか。当然ですけど。

それにしても、カフカの周りの人たちはよくこんなネガティブレターにメモをきちんと守ってくださいましたこと。

このカフカの手紙・書簡集というのは、実は現在日本語訳のものは絶版になっています。古書しかありません。

多分、日本語訳になっていてももっとわかりにくい文章だと思われるので、あってもとっつきにくいかもしれません。が、カフカの手紙たちは実に面白いので、あったら絶対いいなと思います。

こんなにカフカが絶望名人なんだということを教えてくださった訳者に感謝です。

 

■最後に

ネガティブもここまでくるともはや笑えてきます。

なんだかすごく安心するし、また頑張ろうと励まされるものがあります。

カフカの作品ももっと読んでみようかと思えてきます。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-ことば, 哲学, 文庫本, 日記,

執筆者:


comment

関連記事

【オリエントの世界】166.『東方綺譚』著:マルグリット・ユルスナール

こんばんわ、トーコです。 今日は、マルグリット・ユルスナールの『東方綺譚』です。 東方綺譚 (白水Uブックス (69))   ■あらすじ フランスの作家で、須賀敦子さんの小説を読んでいる方な …

【憧れを実行する】319.『野心のすすめ』著:林真理子

こんばんわ、トーコです。 今日は、林真理子の『野心のすすめ』です。 野心のすすめ (講談社現代新書)   ■あらすじ 最近の若者はいまのままで満足している人が多いのではないか。そりゃ、だって …

【これからの日本】159.「地方消滅」著:増田寛也

こんばんわ、トーコです。 今日は、増田寛也編著の「地方消滅」です。 地方消滅 – 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)   ■あらすじ 日本は今後人口が急減し、896の自治体 …

【温かいものが食べたくなる】187.『皿の中に、イタリア』著:内田洋子

こんばんわ、トーコです。 今日は、内田洋子の『皿の中に、イタリア』です。 皿の中に、イタリア (講談社文庫)   ■あらすじ 著者があるとき、カラブリアという街を書くために映画から書物やらい …

【時を超える】95.『千年後の百人一首』著:清川あさみ 最果タヒ

こんばんわ、トーコです。 今日は清川あさみ・最果タヒの共著の『千年後の百人一首』です。 千年後の百人一首   ■あらすじ 百人一首を1000年後の世界で解釈してみるとどうなるのだろう。 清川 …