ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 恋愛 文庫本 男と女

【心新たまる本】78.『ここに地終わり海始まる』著:宮本輝

投稿日:9月 9, 2017 更新日:

こんにちは、トーコです。

今日は宮本輝の『ここに地終わり海始まる』です。

 

■あらすじ

タイトルの「ここに地終わり海始まる」という詩はポルトガルのロカ岬にあるモニュメントに刻まれています。

梶井克也は、軽井沢の療養院にいる志穂子に絵葉書を送りました。

梶井はサモワールというグループで音楽活動をしていましたが、芸能界が嫌になり放浪の旅に出ていました。

志穂子は24歳になろうとしているが、6歳から18年間結核の療養のために軽井沢の療養院にいました。

やっと退院できる、そのきっかけを作ったのは梶井からの絵葉書でした。

しかし、なぜ梶井は志穂子に絵葉書を送ったのでしょう。

 

■作品を読んで

24歳にしてやっと社会に出る志穂子が梶井に会いに行くところから話は始まります。

そこで事務所の下の階の喫茶店でバイトするダテコに出会います。

ダテコは尾辻という男なら梶井の行方を知っていると教えてくれます。ちなみにダテコはのちに友達になります。

梶井は物語の序盤であの絵葉書は志穂子に送ったものではないと言ってしまいます。

 

しかしまあ、登場人物たちの事情がけっこうヘビーすぎる。

2人ともその年で人生に絶望めいたものを持っている。大丈夫か?と突っ込みたくなるのですが。

でもそこであきらめても、引いて逃げてもいけないんだと思います。事態は何も変わりはしないので。

物語の終盤になると志穂子と梶井に少しずつですが、変化が訪れます。

梶井はあの絵葉書は本当に志穂子に送ったものと確信し、志穂子に抱いている気持ちに気づきます。

志穂子は一方で尾辻に求婚されてしまいました。けど、結核の治ったばかりの体は子供を持てる状態ではないと医師に告げられます。

志穂子は結果的に梶井を選ぶことになるでしょう。なぜ「でしょう」という言葉を使っているのか、というと結論は1年間先送りになったからです。

なんというか、入院していたせいでいきなり社会に出たばかりで学業も修めていない、就職してもいない、ダテコが登場するまで友達がいなかったという24歳の女性にとっては、なかなかつらい状況です。一度に決めることは大変だと思います。

自分は子供の産めない体なのだ、結婚はできないとかたくなに思い込んでいますが、まずは自分の軌道に乗せよう、と志穂子は思ったのでしょう。

志穂子の幸福を願いつつ(著者いわく)物語は終えます。

 

■最後に

この物語は志穂子をはじめ何人かの人物の再生を描いた作品です。

いかんせん最後まで志穂子をきちんと描き切っていないのですが(著者いわく)。しかし、物語を読み進めていけば志穂子はきっとうまくいくと感じることができます。

ロカ岬に行ったことがあるのですが、ここに立つと何かがまた始められそうな気持ちになります。

まさにタイトルがそう語っています。だから志穂子は回復し、スタートに立ったのです。

 

-小説, 恋愛, 文庫本, , , 男と女

執筆者:


  1. […] 23.「錦繡」、78.「ここに地終わり海始まる」、86.「田園発港行き自転車」 […]

  2. […] 23.錦繍、78.「ここに地終わり海始まる」、86.「田園発港行き自転車」、122.「青が散る」、211.「二十歳の火影」 […]

  3. […] 4位 78.『ここに地終わり海始まる』著:宮本輝 […]

comment

関連記事

【作家のこと】245.『パリの砂漠、東京の蜃気楼』著:金原ひとみ

こんばんわ、トーコです。 今日は、金原ひとみの『パリの砂漠、東京の蜃気楼』です。 パリの砂漠、東京の蜃気楼 (ホーム社)   ■あらすじ この作品は、著者と家族がパリで暮らした日々と、日本に …

【少女の運命は?】452.『結婚式のメンバー』著:カーソン・マッカラーズ

こんばんわ、トーコです。 今日は、カーソン・マッカラーズの『結婚式のメンバー』です。 ・ ■あらすじ 12歳のフランキーは、兄の結婚式に行けば人生が変わると信じていました。 南部の町に住む少女が、いつ …

【ちょっと帰ってきた】396.『祝祭と予感』著:恩田陸

こんばんわ、トーコです。 まずは、恩田陸の『祝祭と予感』です。   ■あらすじ 『蜜蜂と遠雷』の登場人物たちが帰ってきた。 亜夜とマサルと塵が亜夜とマサルの恩師綿貫先生の墓参りに出かけたり、 …

【私とは】365.『土の中の子供』著:中村文則

こんばんわ、トーコです。 今日は、中村文則の『土の中の子供』です。   ■あらすじ 27歳の私はタクシードライバーとして生きているが、幼い頃に親に捨てられ、孤児として虐待されてきました。これ …

【本好きのよもやま話】292.『ぜんぶ本の話』著:池澤夏樹 池澤春菜

こんばんわ、トーコです。 今日は、池澤夏樹、池澤春菜の『ぜんぶ本の話』です。 ぜんぶ本の話   ■あらすじ 文学者の池澤夏樹と声優の娘の池澤春菜が、幼き頃からの読書遍歴を対談した作品です。 …