ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説

【小説の書き方がわかる本】100.『砂上』著:桜木紫乃

投稿日:2月 14, 2018 更新日:

こんばんわ、トーコです。

100冊までやってきました。まだまだ続きます。今後ともよろしくお願いいたします。

今日は、桜木紫乃の『砂上』です。

砂上

 

■あらすじ

令央は作家を目指しているも、それだけでは全く生活できず、元夫からの慰謝料とビストロのアルバイトで食いつないでいた。

そんなある日、編集者の小川乙三に出会う。彼女は令央に問います。何をしたいのかと。

それから令央は長編小説を書くため、蓋をしていた過去を直視する。

 

■作品を読んで

この本を読んでわかったことは、小説の書き方がなんとなくわかります。

なんとなくという言葉を入れたのは、おそらく小説の書き方はこれがすべてではないからです。

例えば、1つの小説での視点の数。50枚なら視点が2つだとダメらしい。プラス3人称で書くこと。物語は安定しないそうです。

そして、文章で景色を動かすこと。確かに、この力の差が小説の色をより一層変えていきます。表現とともに、登場人物の心情も描いたら、なおのことすごい。

なるほどな、と感心してしまいます。

それにしても、のっけから乙三の指摘は令央にグサッと刺すものがあります。同時に乙三がきちんと令央の投稿した原稿にきちんと目を通していたことに驚きですが。

この出会いをきっかけに令央はきちんと小説を書くことを決心しますが、乙三との出会いは最初から何かに向き合わないといけないという一種の脅迫に近い圧迫感があります。

その雰囲気が読者にも伝わるのですから、相当の表現力。

令央の書く小説のテーマは母と娘、その娘が産んだ娘を母の娘として育てるという話。

実はこれ、令央の実話。母が死んで、その秘密を墓場まで持って行ったが、小説を書くにあたって現実に向き合わなければならなりません。令央の人生、他人任せでした。

嘘をつくためには、真実と現実が必要で、書き手が傷つかない小説はないのだ、と乙三に突き付けられたのですから。

それにしてもすごいのは、令央の娘の父親の話はたったの2行で済んでいます。

びっくりするほどあっさり。それもそのはず、本筋とは関係ないですからね。

たったの2行でも別な話が書けそうですが。

令央は小説を書きながらも、元夫からの慰謝料が減り生活が苦しくなっていきます。

過去と現在、ともに事実に向き合わなければならない状況です。

が、令央は両方とも乗り越え、小説を書くネタを仕入れていきます。

強くなりましたねえ。覚悟がどんどん磨かれてきました。

 

■最後に

小説ってこんな風に書かれているんだな、となんとなくわかります。

すごく難しい作業なんだなということが、よくわかります。

1人の女が事実に向き合いながら覚悟を決めていく過程は、鬼気迫るものがあります。

この本、けっこう迫力があります。

 

-小説,

執筆者:


関連記事

【愛のカタチ】258.『それを愛と呼ばず』著:桜木紫乃

こんばんわ、トーコです。 今日は、桜木紫乃の『それを愛と呼ばず』です。 それを愛とは呼ばず (幻冬舎文庫)   ■あらすじ 伊澤は会社経営の妻が突然入院し、さらに会社を追われるという憂き目に …

【本屋の運営】392.『本屋、はじめました』著:辻山良雄

こんばんわ、トーコです。 今日は、辻山良雄の『本屋、はじめました』です。   ■あらすじ 荻窪に「Title」という本屋さんがあるのをご存知でしょうか。 「Title」を経営している著者は、 …

【男の生き様・時代小説】33.『花神』著:司馬遼太郎

こんばんわ、トーコです。 今日は司馬遼太郎の『花神』です。なお、この作品は文庫本上・中・下の3冊で構成されています。 花神 上・中・下巻 全3巻セット (新潮文庫) [文庫] by 司馬 遼太郎 [文 …

no image

【甘さと苦さが共存する本】12.『無伴奏』 著:小池真理子

こんにちは、トーコです。 今日は小池真理子の『無伴奏』です。 無伴奏 (新潮文庫) ■あらすじ 1960年代の学生紛争が盛んだった時代の仙台。主人公の響子も例にもれず、不良っぽくデモや集会に参加してい …

【元気の出る本】40.『カラフル』著:森絵都

こんばんわ、トーコです。 今日は森絵都の『カラフル』です。 カラフル (文春文庫)   ■あらすじ ぼくの魂は運よく(?)再チャレンジに当選してしまい、自殺を図った少年の体にホームステイする …