ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ことば 文庫本

【対談の名手】178.『お茶をどうぞ 向田邦子対談集』著:向田邦子

投稿日:7月 2, 2019 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日は、向田邦子の『お茶をどうぞ 向田邦子対談集』です。

お茶をどうぞ 向田邦子対談集 (河出文庫)

 

■あらすじ

向田邦子と様々なゲストによる対談集が収録されています。

ゲストは黒柳徹子、森繁久彌、小林亜星、倉本聰など。

ゲストの本音を引き出したり、引き出されたり、話題は様々に及んでいます。

 

■作品を読んで

対談集のゲストたちも向田邦子の著作を読んでいる方ならおなじみの顔ぶれかもしれません。

しかも、黒柳徹子さんとの対話に至っては、まさかの徹子の部屋の放送でした。

徹子さんとの対談は2回分収録されています(=徹子の部屋放送2回分)。

おまけを言えば、2回の収録の間は約1年ほどしかありませんが、向田さんはその間に直木賞を受賞しています。そのせいか、若干の心境の変化が見られます。

とはいえ、ラジオやテレビの脚本をMAXで書いていた時は、週に11本だそうです。

多すぎやしませんか…。唖然としてしまいます。

これから小説をきっと本格的に書いていくんだろうと誰もが思っていた時に事故で亡くなるのですから、残念でなりません。

あと、なんでこのメンバーで対談が実現したの、とツッコミたくなるような対談があります。

その対談のメンバーが、向田邦子、橋田壽賀子、倉本聰、山田太一。うわー、豪華。

でも、何と言いましょうか、向田さんこそ早くに亡くなってしまいましたが、橋田壽賀子、倉本聰、山田太一の活躍は言わずもがなです。

それにしても、本当に向田さんが今まで生きてたら何を書いているのやら…。

この4人のうち3人が、「いやな人の台本は書けない」と言います。

というか、この4人共通項が多い。

例を挙げるなら本人のイメージがないと書けない、とか。

でも、倉本聰がまさかこのインタビューから40年近くが経過してますが、八千草薫への評価が全く変わっていないことに驚きます。

今年から1年にわたって高齢者向け(⁉)ドラマの「やすらぎの郷」の続編が放送されるそうです。

そこにもちろんですが、八千草薫も出る予定でしたが、病気のため降板したのだとか。

そんなに人間って、評価の仕方や好き嫌いは歳月がたっても変わらないようですね。

また、食べものの話として、向田さんが幼いころ父親の転勤で住んでいた鹿児島で出会った食べものの話を書いています。

多分、年齢的に10歳くらいだったせいか、食べものに結構貪欲に食べていたせいか、鹿児島出身の人との対談でも食べものの話で盛り上がっています。

鹿児島の人も、東京出身で父親の転勤で数年しかいなかった鹿児島について、まさかここまで鹿児島の食べものの話で盛り上がるとは思わなかったのでしょう。

それにしても、鹿児島の食べものおいしそう…。行ってみてえ。

 

■最後に

聞き上手になったり、話し上手になったりとても忙しいですが、様々なゲストと語りつくしています。

対談では様々な言葉で彩られ、向田さんの人となりが伝わってきます。

 

-ことば, 文庫本,

執筆者:


  1. […] 49.『無名仮名人名簿』、178.『お茶をどうぞ 向田邦子対談集』、210.『夜中の薔薇』 […]

comment

関連記事

【何とも言えない日常】199.「どこから行っても遠い町」著:川上弘美

こんばんわ、トーコです。 今日は、川上弘美の「どこから行っても遠い町」です。 どこから行っても遠い町 (新潮文庫)   ■あらすじ 都心から私鉄でも地下鉄でも20分ほどの小さな商店街を舞台に …

【作家のこと】245.『パリの砂漠、東京の蜃気楼』著:金原ひとみ

こんばんわ、トーコです。 今日は、金原ひとみの『パリの砂漠、東京の蜃気楼』です。 パリの砂漠、東京の蜃気楼 (ホーム社)   ■あらすじ この作品は、著者と家族がパリで暮らした日々と、日本に …

no image

【本と暮らす】64.『なかなか暮れない夏の夕暮れ』著:江國香織

こんばんわ、トーコです。 今日は、江国香織の『なかなか暮れない夏の夕暮れ』です。   なかなか暮れない夏の夕暮れ   ■あらすじ 稔は本を読みながら自由気ままに暮らしています。彼には先祖代々 …

【だましだまされ】341.『カード師』著:中村文則

こんばんわ、トーコです。 今日は、中村文則の『カード師』です。 カード師   ■あらすじ 占いを信じ切れていない占い師の「僕」は、ある資産家の顧問占い師になることになる。その資産家は、自分を …

【コロナ時代の小説】299.『十年後の恋』著:辻仁成

こんばんわ、トーコです。 今日は、辻仁成の『十年後の恋』です。 十年後の恋   ■あらすじ パリに住む日本人のマリエ・サワダは2人の娘を抱えているシングルマザー。映画関係の仕事に従事し、忙し …