ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

【危なっかしい年頃】85.『午後の曳航』著:三島由紀夫

投稿日:11月 12, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は三島由紀夫の『午後の曳航』です。

午後の曳航 (新潮文庫)

 

■あらすじ

14歳になろうとしている登は母と平穏に暮らしていたが、登はある日母と船乗りの竜二の決定的なものを見て衝撃を受ける。

やがて竜二が登の母親と再婚し、竜二が徐々に陸の俗世の生活になじもうとする姿をみた登は、友達の首領(ドン)に相談し、もう一度輝かせる方法があると言ってある提案をする。

 

■作品を読んで

うん、この年の男の子っていったい何を考えているのかわかりません。

ラストはかなりぞっとします。父親になったばかりの男を永遠に眠らせようとするのですから。

14歳にならないって犯罪者として罰せられないんですよね。

これは作品が書かれた当時から全く変わっていない話。

14歳の少年少女って、かわいくて、聞き分けのいい顔をして、実は考えていることはえげつない。

だけど、すごく大人の世界の本質をついている。だけどよかったことは、こんな少年たちは現実に存在しないことだ。

それにしても、三島由紀夫は一体何を描きたかったんだろう。正直読んでいて謎が多いです。

世界は空っぽで、その空っぽの世界をの秩序を保つための見張り人で執行人でもある。

といったのはリーダー格の少年の首領(ドン)と呼ばれる少年で、また、彼は世界は単純な記号と決定でできている、とも言います。

最初はん…、となりましたが、冷静に考えるとそうなんだよね。

世界って私たちが思っている以上に単純なんでしょうね。

とはいえ、この言葉がすごく意味を持つのにけっこう重みがないのは、よくある小説の始まり方をしているからなのでしょう。

まあ、三島由紀夫が書きたかったことを考えるのはやめましょう。

それはそれでいいのでは。

 

■最後に

よくあるメロドラマで終わらせず、なかなかの伏線を用意してしまうのはさすがです。

かなり読みやすいです。意外にも思いますが、あっという間に読めてしまいます。

でもそれでいて様々な謎や?が多く残る、何とも言えない後味のある作品です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

no image

【読書の大切さがわかる本】42.『本を読む女』著:林真理子

こんばんわ、トーコです。 今日は、林真理子の「本を読む女」です。 本を読む女 (集英社文庫)   ■あらすじ この物語の主人公は林真理子のお母さんがモデルです。 主人公万亀(まき)は大正時代 …

【幸せって?】383.『ミーツ・ザ・ワールド』著:金原ひとみ

こんばんわ、トーコです。 今日は、金原ひとみの『ミーツ・ザ・ワールド』です。   ■あらすじ 焼肉擬人化漫画を愛する腐女子の由嘉里が人生2回目の合コンの帰りに、死ななきゃならないと言い続ける …

【生産性向上】161.『知的生産術』著:出口治朗

こんばんわ、トーコです。 今日は、出口治朗の『知的生産術』です。 知的生産術   ■あらすじ 著者は日本生命に勤務ののち、ライフネット生命を創業し、現在はAPU(立命館アジア太平洋大学)の学 …

【ザ・青春小説】368.『屋上のウインドノーツ』著:額賀澪

こんばんわ、トーコです。 今日は、額賀澪の『屋上のウインドノーツ』です。   ■あらすじ 給前志音は引っ込み思案で、一人ぼっちで高校生活を送っている。そんなある日、屋上でドラムのスティックを …

【一体何者?】380.『シンクタンクとは何か』著:船橋洋一

こんばんわ、トーコです。 今日は、船橋洋一の『シンクタンクとは何か』です。   ■あらすじ 日本には独立系のシンクタンクがほぼない。ひとえに、政策コミュニティのなさもある。 ですが、今後政策 …