ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

サイエンス 歴史

【世界を知る】135.「海の歴史」著:ジャック・アタリ

投稿日:12月 18, 2018 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は、ジャック・アタリの「海の歴史」です。

海の歴史

 

■あらすじ

海は私たちに様々なものをもたらしてきました。歴史、経済、軍事、政治などなど。

人間は海がなければ生きられないし、活動ができません。

海を制する者は世界を制するという状況の中で、未来でもきっと海を制すれば未来もある程度制します。

だからこそ、海の歴史を学ぶ意義があるのです。

 

■作品を読んで

著者のジャック・アタリとはそもそも何者でしょうか。

ジャック・アタリはフランスの学者で、フランスの知の巨人、別名トランプ大統領を予測した男。未来分析においてはかなりの有名人らしいです。

他にも著作がありますので、是非読んでみてください。

この本を読んで感心した点は、高校生だったトーコの素朴な疑問を解決しています。

海の歴史の起源は、地球に水が発生したことからに端を発し、最初の2章分は人類史から紐解きます。それから先は世界史的な視点で海の歴史を紐解きます。

海という固定のものの歴史に対して、生物の時間で学ぶ人類史と世界史が一緒になって論じられる。

人類史と世界史ってそもそも一緒ではなかろうか、と思っていたトーコにとってこの本は待ってました!とわくわくしながら読みました。

そして、著者がフランス人のせいでしょうか、フランスいじりがすごいです。

フランスは歴史的に見ても、7回ほど海を制することができた状況にありました。が、1回も制覇していません。なんという偶然の巡り合わせ。

訳文の口調が「あほかあんた」と突っ込みを入れたいんだろうなあとか、チャンスがたくさんあったのに、海を制しないとダメなのにねぇ、という著者からの小言が聞こえてきます。

大まかな構成は、人類史から見た海、世界史から見た海、今日の海、未来の海、海を守るための対策です。

海という切り口でこうしてみると、なかなか通史として壮大なものだなと思います。

なんというか、多岐にわたっている、というか渡りすぎ。そのため様々な角度から見る必要があると思うのと同時に、だからこそこの作品があるんだと思います。

海を知るのに本当に手っ取り早いです。380ページで収まるなんてある意味すごい。

しかも歴史だけでなく、これから先私たちが海を守るためにどうすればいいのかまで書いちゃっているのだから、驚き。

ここ最近プラスチックストロー廃止運動が高まっていますが、なぜ起こったのかという原因はやっぱり海への影響です。

プラスチックごみをどんなに細かく分解できても、魚は海に流出したプラスチックごみを食べてしまう可能性があります。その魚を私たち人間が食べるのです。海が汚染されていてはたまったものではありません。

ここまで来れば一連の食物連鎖が理解できてくることでしょう。

なぜ今プラスチックストローが廃止されることになったのかが、よくわかりました。

 

■最後に

海の歴史を学ぶことで、これから先海とどう付き合っていくか、海をどう守るかを考えるきっかけとなることでしょう。

厚さはそこそこありますが、海の歴史と現状、未来を書いているので、得られる知識量としては読んでいる厚さ以上になると思います。

ブルーの装丁がかなり印象的な本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-サイエンス, , 歴史

執筆者:


  1. […] この著者の作品は以前にも紹介したことがあります。参考までに。135.「海の歴史」。読んで字のごとく海の歴史をつづった作品です。 […]

comment

関連記事

【びっくりな旅】274.「わたしのもう一つの国」著:角野栄子

こんばんわ、トーコです。 今日は、角野栄子の「わたしのもう一つの国」です。 わたしのもう一つの国: ブラジル、娘とふたり旅   ■あらすじ 1954年24歳だった著者は、結婚したばかりの夫と …

【大女優の若かりし頃】382.『貝のうた』著:沢村貞子

こんばんわ、トーコです。 今日は、沢村貞子の『貝のうた』です。   ■あらすじ 「女か…」と父に言われながら誕生し、学問が好きで女子大まで行くも、左翼劇団に入ってしまい、左翼活動に従事する。 …

【時を超える】95.『千年後の百人一首』著:清川あさみ 最果タヒ

こんばんわ、トーコです。 今日は清川あさみ・最果タヒの共著の『千年後の百人一首』です。 千年後の百人一首   ■あらすじ 百人一首を1000年後の世界で解釈してみるとどうなるのだろう。 清川 …

【翻訳家の仕事】183.「翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった」著:金原瑞人

こんばんわ、トーコです。 今日は、金原瑞人の「翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった」です。 翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった   ■あらすじ 著者の金原瑞人さんは、翻訳家として年 …

【作家になってから売れるまで】115.『私にふさわしいホテル』著:柚木麻子

こんばんわ、トーコです。 今日は、柚木麻子の『私にふさわしいホテル』です。 私にふさわしいホテル (新潮文庫)   ■あらすじ 加代子は文学賞を受賞するも、文学賞の同時受賞者の元アイドルに注 …