ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ミステリー 小説 文庫本 男と女

【不思議な話】220.『私の消滅』著:中村文則

投稿日:3月 9, 2020 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、中村文則の『私の消滅』です。

私の消滅 (文春文庫)

 

■あらすじ

「このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない」

そんな衝撃な1文からスタートします。きっと結構な割合で「何だ、何だ」と思うでしょう。

中間部にはどんでん返しが待っていますよ。

 

■作品を読んで

読後の感想は何と表現すればいいのだろう。

この小説のもつ毒気でちょっと小休止を挟みたくなるシーンも多々あります。

でも、読み進めたくてまた戻る。そんな作品です。

この内容なら正直なことを言えば、この薄さが限界です。それだけ重いし、深い。

ストーリーの展開は、のっけから?が3つ、4つ並びます。

表紙の後ろのあらすじにゆかりと言った女が心療内科を訪れて…というくだりがありますが、そんなかけらもなく黙々と進みます。

ある男が小塚亮太という男の手記を読み、男の中で徐々に歯車が狂わされます。

ネタバレに近いかもですが、中盤になって、物語がひっくり返ります。

小塚亮太の正体と目的が分かり、さらには手記を読んでいた男の正体も明らかになります。

小塚亮太は精神科の医師となり、ゆかりと出会います。

このくだり中盤にならないと本当に出てきません。ミステリーを読んでるのではという気分になります。

小塚はゆかりを愛しますが、性的な部分でトラウマがあり、ゆかりを抱けません。

一方でゆかりは義父に強姦され、家出し、男のもとに身を寄せながら売春を繰り返し、自殺未遂も幾度となく起こしているという、なかなかのキワモノ。

やがて必要に迫られゆかりの重すぎる過去を消すが、その行動が小塚の苦しみとなります。

物語の本質はここにあります。これを捉えないとただ精神異常者のグロい分析を読まされるだけの苦行となりかねないからです。

小塚の苦しみと引き換えにゆかりは全ての過去を忘れゼロからのスタートとなりました。

程なくしてゆかりは和久井という男を好きになり、一緒に暮らし始めます。

しかし、ゆかりは過去を思い出し、発作的に自殺します。

そこから小塚の復讐劇が始まります。

ただ、小塚は最後まで悪者にはなれなかったんだと思います。

手記を読ませていた男に自分を投影したんだと思うのです。はっきり言えば自分自身の身代わりに罰するのですから。

良心の欠片はあったのでしょう。最後は自分の記憶を消そうとするのですから。

なんというか、蜘蛛の糸にからめとられた感はあります。気が付けば身動きの取れない感じ。物語が付いて回るような感じ。

限りなくダーク側の物語ですが、不思議と読めてしまいます。

 

■最後に

ストーリー自体はかなり重いですが、不思議と読めてしまいますし、1度読み始めると止まらなくなります。

中間部になるとストーリーがいきなり反転します。なんかミステリーのようです。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-ミステリー, 小説, 文庫本, , 男と女

執筆者:


関連記事

no image

【これからを考える】77.「シンギュラリティ・ビジネス」著:斎藤和紀

こんにちは、トーコです。 今日は、斎藤和紀の「シンギュラリティ・ビジネス」です。 シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書)   ■あらすじ 唐突ですが、「 …

【読書について】156.『本をどう読むか』著:岸見一郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、岸見一郎の『本をどう読むか』です。 (166)本をどう読むか: 幸せになる読書術 (ポプラ新書)   ■あらすじ 著者は、「嫌われる勇気」でおなじみの方です …

【彷徨う】303.『死ぬまでに行きたい海』著:岸本佐知子

こんばんわ、トーコです。 今日は、岸本佐知子の『死ぬまでに行きたい海』です。 死ぬまでに行きたい海   ■あらすじ 自称出不精の著者が、気になるところをふらりとめぐっては、気の向くままにエッ …

【女の生き様】243.『寒椿』著:宮尾登美子

こんばんわ、トーコです。 今回は、宮尾登美子の『寒椿』です。 寒椿 (新潮文庫)   ■あらすじ 芸妓子方屋「松崎」で育った4人の少女、澄子、民江、貞子、妙子。 そして、「松崎」の娘悦子の5 …

【不思議な三角関係】352.『がらくた』著:江國香織

こんばんわ、トーコです。 今日は、江國香織の『がらくた』です。 がらくた (新潮文庫)   ■あらすじ 翻訳家の柊子(しゅうこ)は、夫と2人で暮らしている。そんな時に、15歳の美海と知り合う …