ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 恋愛 文庫本 男と女

【不思議な話】1.『金米糖の降るところ』著:江國香織

投稿日:3月 28, 2017 更新日:

こんばんわ、ト―コです。

今日記録するのは、江國香織の『金米糖の降るところ』です。

金米糖の降るところ (小学館文庫)

 

■作品を読んで

アルゼンチンのブエノスアイレスで育った佐和子とミカエラの姉妹。

2人はボーイフレンドを共有する約束をずっとしていた。2人が日本に留学する。

しかしここで佐和子が姉妹のルールを破り、達哉と結婚する。一方のミカエラは妊娠し、帰国してアジェレンという女の子を産む。

それから20年。佐和子は突然達哉と離婚し、別な男と帰国する。ミカエラはこのごたごたに少しずつ巻き込まれてゆく。

あらすじを書きながらながらなんとまあ表現のしにくい話なのだろうとつくづく思う。

なんというか難しい…。そして感想も難しい。

結構読者の解釈がいろいろある気がする。

佐和子は達哉が浮気することでミカエラを裏切っている気がしていたそう。どういうわけだか謎だけど。

共有することのルールを破り続けていることなのか、奪ったことに対してなのか。

その感情を抱え続けることに耐えきれなくなった。

だからその感情を見透かすことのできる男と不倫し、帰国することにしたのだ。

このストーリーの展開がさらーっとなされるのだから、ある意味すごい。

物語の終盤で佐和子がアジェレンに言った一言。
「欲しければ奪いなさい。ミカエラもそう思っている。」

共有するって実は難しい。ましてや男の人を共有するなんて。

そんな経験をしてきた姉妹だからこそ言えるセリフなのかもしれないと同時に思う。

奪ってまで欲しいということはそれだけ愛していることの引き換えなのかなと。

それにしても、水を掴むようななかなかつかみにくい話だけど、妙に残るから不思議。

 

■関連記事

江國香織作品は、他にも様々ありますので、ご興味があればぜひどうぞ。

149.『神様のボート』254.『去年の雪』352.『がらくた』391.『すいかの匂い』

 

-小説, 恋愛, 文庫本, , 男と女

執筆者:


comment

関連記事

【公共空間の在り方】263.『あたらしい路上のつくり方』著:影山裕樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、影山裕樹の『あたらしい路上のつくり方』です。 あたらしい「路上」のつくり方 実践者に聞く屋外公共空間の活用ノウハウ   ■あらすじ 近年少しずつだが、「路上 …

【世界が動く】338.『雨の島』著:呉明益

こんばんわ、トーコです。 今日は、呉明益の『雨の島』です。 雨の島   ■あらすじ 小説の中に出てくる事件「クラウドの裂け目」というコンピュータウイルスによって、誰かの関係を分析し、鍵をかけ …

【勉強する人へ】171.『勉強の哲学』著:千葉雅也

こんばんわ、トーコです。 今日は、千葉雅也の『勉強の哲学』です。 勉強の哲学 来たるべきバカのために   ■あらすじ 「勉強とは自己破壊である」というフレーズからスタートする本書。 雲行きの …

【感染症の歴史】294.「世界史を変えたパンデミック」著:小長谷正明

こんばんわ、トーコです。 今日は、小長谷正明の「世界を変えたパンデミック」です。 世界史を変えたパンデミック (幻冬舎新書)   ■あらすじ 2020年は新型コロナウイルスとの闘いの1年でし …

【言葉がある】203.「きみの言い訳は最高の芸術」著:最果タヒ

こんばんわ、トーコです。 今日は、最果タヒの「きみの言い訳は最高の芸術」です。 きみの言い訳は最高の芸術 (河出文庫)   ■あらすじ 詩人として活躍する最果タヒのエッセイ集。 エッセイは4 …