ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説

【不思議な本】73.「不時着する流星たち」著:小川洋子

投稿日:7月 23, 2017 更新日:

こんにちは、トーコです。

今日は小川洋子の「不時着する流星たち」です。

不時着する流星たち

 

■あらすじ

グレン・グールドやエリザベス・テイラーなどの影響やインスパイアされた短編が収録されている。

とても静かな筆致で書かれているけど、突然アッと驚くような展開が待っていたり…。

静かで、不思議な音楽を奏でる短編集です。

ちなみにアマゾンの紹介文では「10の変奏曲」と書かれていました。

 

■作品を読んで

最初の作品を読むと、なんだか不思議なお姉さんだな、何かにとりつかれているんじゃないか、と思いました。

けど、最後のページのモチーフになった人物の解説を読むと理由がわかりました。

ああ、ここからきているんだなと妙に納得してしまいました。

それにしても、短編のタイトルから全く想像のつかないモチーフなのでけっこう驚くし、物語の幻想的な世界を壊さず、静かにうまく物語をまとめてしまう小川洋子さんもすごいなと感心してしまいます。

ただ、かなり抽象的でつかみどころがない短編もありました。

そんな時は最後のページのモチーフについての解説を読むとけっこうつかめます。

そのうえでもう1度読み進めると、何か見えてきます。

焦らず、ゆっくり腰を落ち着けて集中して読むといいと思います。

スピード重視の読書をする方には薦めません。逆に物語の世界をきちんと味わいたい方にはすごくおススメです。

個人的には、グレン・グールドをモチーフにした短編がいいです。

盲目の祖父と一緒に思い出の土地をめぐっては、歩数と距離を測って記録する。

この作業はものすごく規則正しく、同じくらいの規則正しいリズムを刻んでいました。

それはまるで何かの音楽のようでした…。

やがて、祖父が亡くなり葬儀が終わった後、僕はラジオをつけてみたら、音楽家の追悼番組が流れていた。

その音楽を聴いた瞬間、祖父と一緒に歩いていたときの足音にそっくりだった。

祖父を思い出し、僕は歩いた。

すごく静かで、この物語の中にしかないリズムが聞こえてきて、それが物語の世界観を作っているすごーくうまい作品だなと思いました。

 

■最後に

作品の中に流れているリズムや世界が本当に独特です。こんな作品なかなかないような気がします。

本当に書き手の実力がすごくわかる本です。この幻想的な世界を壊さず、静かにまとめ上げるのは本当にすごいです。

時間があるときにゆっくり読むといいでしょう。

 

-小説,

執筆者:


  1. […] 73.『不時着する流星たち』、269.『あとは切手を、一枚貼るだけ』著:小川洋子、堀江敏幸 […]

comment

関連記事

【女子も悪くない】279.『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』著:ジェーン・スー

こんばんわ、トーコです。 今日は、ジェーン・スーの『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』です。 貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)   ■あらすじ 2010年代に入ってから、 …

【所得倍増をめぐる戦い】455.『危機の宰相』著:沢木耕太郎

こんばんは、トーコです。 今日は、沢木耕太郎の『危機の宰相』です。   ■あらすじ 1960年、池田勇人は首相になりました。その際に、次の時代のテーマを「所得倍増」としました。 この実現のた …

【お金って何だ】170.『「通貨」の正体』著:浜矩子

こんばんわ、トーコです。 今日は、浜矩子の『「通貨」の正体』です。 「通貨」の正体 (集英社新書)   ■あらすじ 突然ですが、「通貨」っていったい一言でいえば何なのでしょう。 通貨自体は人 …

【物語の中の物語】267.『オラクル・ナイト』著:ポール・オースター

こんばんは、トーコです。 今日は、ポール・オースターの『オラクル・ナイト』です。 オラクル・ナイト (新潮文庫)   ■あらすじ 病から帰還したシドニーは、ある日不思議な文具店でブルーのノー …

【現代最大の難問】322.『実力も運のうち 能力主義は正義か』著:マイケル・サンデル

こんばんわ、トーコです。 今日は、マイケル・サンデルの『実力も運のうち 能力主義は正義か』です。 実力も運のうち 能力主義は正義か?   ■あらすじ ハーバード大学の白熱教室でもおなじみのサ …