ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 恋愛 文庫本

【不思議な本】29.『すべて真夜中の恋人たち』 著:川上未映子

投稿日:4月 24, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は川上未映子の『すべて真夜中の恋人たち』です。

 

すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)

■あらすじ

「わたし」は俗にいうコミュ障で、人と関わるのが苦手な性格の持ち主。

「わたし」は普段はフリーの校正の仕事を家で行うため、ことさらに人と関わらない。

そんなある日三束さんに出会う。


■作品を読んで

不思議な話。現実にこんな方がいるのかわからないですが。

なんというか、おとぎ話を読んでいるような気分になります。すごくファンタジーに近いかも。

だけど、わたしが三束さんに少しずつ恋をしている描写はすごく繊細でキラリとするものがあります。

恋をすると少しずつ自分が変わっていき、数少ない知り合いの1人の聖というかなりはっきりとした女性にも少しずつ主張していく様は潔いよう思います。

最終的には恋は結ばれず、わたしは少しずつ三束さんに出会う前に戻っていくのですが。

個人的にはですが、この作品はすごく冬の季節が1番似合う気がします。なんというか、切なさが雪の深々と降る季節とマッチするような気が。

恋物語なのに冬が似合うというのも、それはそれで珍しいのですが。

■最後に

不思議な本と書きましたが、恋の尊さと儚さがすごく繊細な描写で書かれています。

最初の1文でこの作品の世界にあっという間に引き込まれます。

恋をすることがかくも美しく、小さな光を灯すのだなあと思える作品です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 恋愛, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【時を紡ぐ】325.『貝に続く場所にて』著:石沢麻依

こんばんわ、トーコです。 今日は、石沢麻依の『貝に続く場所にて』です。 貝に続く場所にて   ■あらすじ ドイツに住む私は、震災のあの日仙台で学生をしていた。その時の震災で野宮が行方不明にな …

【世界の旅】236.「わたくしが旅から学んだこと」著:兼高かおる

こんばんわ、トーコです。 今日は、兼高かおるの「わたくしが旅から学んだこと」です。 わたくしが旅から学んだこと (小学館文庫)   ■あらすじ あなたは、「兼高かおる 世界の旅」という番組を …

【一体何者?】380.『シンクタンクとは何か』著:船橋洋一

こんばんわ、トーコです。 今日は、船橋洋一の『シンクタンクとは何か』です。   ■あらすじ 日本には独立系のシンクタンクがほぼない。ひとえに、政策コミュニティのなさもある。 ですが、今後政策 …

【奇跡の対談】270『なみだふるはな』著:石牟礼道子 藤原新也

こんばんわ、トーコです。 今回は、石牟礼道子と藤原新也の『なみだふるはな』です。 なみだふるはな (河出文庫)   ■あらすじ 1950年代に4大公害の一つとして、企業による災害から立ち直っ …

【音楽家の話】188.「ピアニストだって冒険する」著:中村紘子

こんばんわ、トーコです。 今日は、中村紘子の「ピアニストだって冒険する」です。 ピアニストだって冒険する (新潮文庫)   ■あらすじ 3歳でピアノを始め、中学生でN響の海外ツアーでソリスト …