ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

新書 美術

【モネが分かる】109.『モネのあしあと』著:原田マハ

投稿日:7月 3, 2018 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日は、原田マハの『モネのあしあと』です。

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)

 

■あらすじ

モネと言えば、睡蓮の絵を思い浮かべる方がきっと多いことでしょう。

この本は、モネの生涯と印象派のおかれた状況と当時の美術的な背景をわかりやすく解説した本です。

 

■作品を読んで

この本の凄いところは、薄くて読みやすい厚さでかなりの情報量が詰まっているところです。

モネと印象派について一通りの知識が得られます。

個人的に「あ、わかっているな」と感心したのは、アカデミーやジャポニスムなど印象派が当時は亜流であったことと、印象派の構成要素がきちんと触れられていることです。

印象派は今でこそ人気と芸術的な評価を得ています。しかし、印象派が活躍した19世紀の終り頃はアカデミーと呼ばれる権威があり、そこに所属し、官展(サロン)に出品した作品が評価され、認められるのが一流画家とみなされていました。

印象派の画家たちは一言でいうと、アカデミーに全くといいほど認められていませんでした。

アカデミーに認められる絵と印象派の絵を見れば一目瞭然です。

表現方法がそもそも違うので、アカデミーの評価基準に合致しなかったからだと推測します。

後世の人間から見れば印象派が認められ、アカデミーの方が忘れ去られてしまった事実があるので、当時の価値観は真逆だったこの話は結構面白いのですが。

価値観はこうやって変わってくのです。印象派はそれを教えてくれます。

もちろんですが、モネが生きたあしあともたどります。

モネの暮らしは結構貧しかったそうで、しかも没落したパトロンの家族まで家に転がり込まれてしまったのですから、本当に大変な暮らしでした。

そんな中で、モネの最初の妻であるカミーユが亡くなります。

死にゆくカミーユの姿を描いた作品が実は存在します。

なんというか、絵自体はそこまで写実的に描かれているわけではないのですが、写真のようにリアルです。それから人物はほとんど描かなくなったそうです。

やがて、終の棲家であるジヴェルニーに住み、庭を造りつつ、創作活動に打ち込みます。

この庭が睡蓮シリーズのモチーフになります。

終りには、「ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)」の創作秘話的な話と、モネをめぐる美術館ガイド、印象派のその後を記しています。

 

■最後に

薄い本ながら非常に内容の濃いものになっています。非常にためになります。

特にですが、モネの睡蓮が知りたくなった時におススメです。

入門解説にちょうどいい厚さになっています。

 

-新書, , 美術

執筆者:


関連記事

【女子の怖さ】141.『ナイルパーチの女子会』著:柚木麻子

こんばんは、トーコです。 今日は、柚木麻子の『ナイルパーチの女子会』です。 ナイルパーチの女子会 (文春文庫)   ■あらすじ 栄利子は商社に正社員として勤めるOLである。彼女の日課はおひょ …

【文豪の姿】460.『川端康成の話をしようじゃないか』著:佐伯一麦、小川洋子

こんばんはトーコです。 今日は、佐伯一麦、小川洋子の『川端康成の話をしようじゃないか』です。     ■あらすじ この作品は、作家の佐伯一麦と小川洋子の2人の対談により、川端作品をいろいろと …

【考えさせられる本】56.『破戒』 著:島崎藤村

こんばんわ、ト―コです。 今日は島崎藤村の『破戒』です。 破戒 (新潮文庫)   ■あらすじ 昔の身分で最下層であるえた出身の主人公の男は自分の身分を隠したまま学校の教師をしていました。 し …

no image

【甘さと苦さが共存する本】12.『無伴奏』 著:小池真理子

こんにちは、トーコです。 今日は小池真理子の『無伴奏』です。 無伴奏 (新潮文庫) ■あらすじ 1960年代の学生紛争が盛んだった時代の仙台。主人公の響子も例にもれず、不良っぽくデモや集会に参加してい …

【未来はあるか】164.『格差と階級の未来』著:鈴木貴博

こんにちは、トーコです。 今日は、鈴木貴博の『格差と階級の未来』です。 格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方 (講談社+α新書)   ■あらすじ 副題に書かれて …