ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

【甘さと苦さが共存する本】12.『無伴奏』 著:小池真理子

投稿日:4月 7, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は小池真理子の『無伴奏』です。

無伴奏 (新潮文庫)

■あらすじ

1960年代の学生紛争が盛んだった時代の仙台。主人公の響子も例にもれず、不良っぽくデモや集会に参加していました。

そんなあるとき「無伴奏」という喫茶店で渉、渉の友人の祐之介、祐之介の彼女エマと出会います。

しばらくして渉と恋に落ちます。

あれから20年。仙台を訪れたところから始まります。

 

■作品を読んで

作者の実話だけあって、60年代の学生紛争の記述がかなりリアルです。かなり学生紛争の実態がつかめそうです。

主人公のどこに行けばいいのかわからない、だけど今の自分から逃げ出したいという気持ち。

他人と違うことをしたいという気持ちは分からない訳ではないです。

だけど、この主人公は分からなかったのでしょうね。

どこに行けばいいのかを決めるのは自分だということ。

渉と恋に落ちたあと、物語のラスト手前で衝撃の事実を知ることになります。

その事実を受け入れるにはまだ幼いこともその当時はわからなかったのでしょう。

 

■最後に

響子も渉も互いを精一杯愛していたんだと思います。

響子には20年前の恋を回想するにはこの甘くて苦味が伴います。

でも誰しもここまで劇的ではないけど、そんな思い出があるはずです。

ちなみにこの作品はかなり小池真理子という作家さんの作品にしては異色らしいです。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【あの日のこと】223.「暗い夜、星を数えて」著:彩瀬まる

こんばんわ、トーコです。 今日は、彩瀬まるの「暗い夜、星を数えて」です。 暗い夜、星を数えて: 3・11被災鉄道からの脱出 (新潮文庫)   ■あらすじ 2011年3月11日、著者は福島県に …

no image

【読書の大切さがわかる本】42.『本を読む女』著:林真理子

こんばんわ、トーコです。 今日は、林真理子の「本を読む女」です。 本を読む女 (集英社文庫)   ■あらすじ この物語の主人公は林真理子のお母さんがモデルです。 主人公万亀(まき)は大正時代 …

no image

【読書に注意がいる本】43.『読書について』著:ショーペンハウアー

こんばんわ、トーコです。 今日はショーペンハウアーの『読書について』です。 読書について (光文社古典新訳文庫) ■作品について ショーペンハウアーは1788年に生まれたドイツの哲学者です。19世紀を …

【戦国のドラマ】205.『風林火山』著:井上靖

こんばんわ、トーコです。 今日は、井上靖の『風林火山』です。 風林火山 (新潮文庫)   ■あらすじ 世の中は戦国時代。軍師山本勘助は武田信玄に仕えていた。 そのころ、信玄は諏訪地方を制圧し …

【元気の出る本】137.「3時のアッコちゃん」著:柚木麻子

こんばんは、トーコです。 今日は、柚木麻子の「3時のアッコちゃん」です。 3時のアッコちゃん (双葉文庫)   ■あらすじ 澤田美智子は大手商社の高潮物産の派遣から契約社員に昇格した。 とは …