ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 文庫本

【甘さと苦さが共存する本】12.『無伴奏』 著:小池真理子

投稿日:4月 7, 2017 更新日:

こんにちは、トーコです。

今日は小池真理子の『無伴奏』です。

無伴奏 (新潮文庫)

■あらすじ

1960年代の学生紛争が盛んだった時代の仙台。主人公の響子も例にもれず、不良っぽくデモや集会に参加していました。

そんなあるとき「無伴奏」という喫茶店で渉、渉の友人の祐之介、祐之介の彼女エマと出会います。

しばらくして渉と恋に落ちます。

あれから20年。仙台を訪れたところから始まります。

 

■作品を読んで

作者の実話だけあって、60年代の学生紛争の記述がかなりリアルです。かなり学生紛争の実態がつかめそうです。

主人公のどこに行けばいいのかわからない、だけど今の自分から逃げ出したいという気持ち。

他人と違うことをしたいという気持ちは分からない訳ではないです。

だけど、この主人公は分からなかったのでしょうね。

どこに行けばいいのかを決めるのは自分だということ。

渉と恋に落ちたあと、物語のラスト手前で衝撃の事実を知ることになります。

その事実を受け入れるにはまだ幼いこともその当時はわからなかったのでしょう。

 

■最後に

響子も渉も互いを精一杯愛していたんだと思います。

響子には20年前の恋を回想するにはこの甘くて苦味が伴います。

でも誰しもここまで劇的ではないけど、そんな思い出があるはずです。

ちなみにこの作品はかなり小池真理子という作家さんの作品にしては異色らしいです。

 

-小説, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【事実の不思議】277.『トゥルー・ストーリーズ』著:ポール・オースター

こんばんわ、トーコです。 今日は、ポール・オースターの『トゥルー・ストーリーズ』です。 トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫)   ■あらすじ 読みながら嘘か真かわからなくなってくる「赤いノー …

【ザ・青春小説】368.『屋上のウインドノーツ』著:額賀澪

こんばんわ、トーコです。 今日は、額賀澪の『屋上のウインドノーツ』です。   ■あらすじ 給前志音は引っ込み思案で、一人ぼっちで高校生活を送っている。そんなある日、屋上でドラムのスティックを …

【意外な歴史】181.『恋歌』著:朝井まかて

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝井まかての『恋歌』です。 恋歌 (講談社文庫)   ■あらすじ 歌人の中島歌子は、萩の舎という私塾を立て、多くの歌人や小説家などを輩出していた。 だが、歌 …

【お金の教養】128.「お金原論」著:泉正人

こんばんわ、トーコです。 今日は、泉正人の「お金原論」です。 お金原論   ■あらすじ お金っていったいどういうものだろう、という問いに向き合い、自分の人生をより豊かにするにはどうすればいい …

【外国で暮らす】234.『遠い太鼓』著:村上春樹

こんばんわ、トーコです。 今日は、村上春樹の『遠い太鼓』です。 遠い太鼓 (講談社文庫)   ■あらすじ 40歳手前の1986年秋から1989年秋の間、著者夫婦はギリシャとイタリアで暮らして …