ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

外国小説 小説

【考えさせられる本】25.「海を照らす光」著:M・L・ステッドマン

投稿日:4月 20, 2017 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日はM・L・ステッドマンの「海を照らす光」です。

 

■あらすじ

戦争から戻ってきたトムは孤島ヤヌス・ロックの灯台守を務めることになる。

やがて明るい妻イザベルとともに灯台で暮らす。

ある日男と赤ん坊の乗った船が灯台に難破する。

男はすでに亡くなっていたが、赤ん坊は生きていた。

イザベルは3人目の子供を流産したばかりで悲しみに打ちひしがれていました。

そんな時に現れた赤ん坊は救いの神のようでした。

それから2人は赤ん坊をルーシーと名付け、実子として育て始める。

ルーシーは2人に幸福をもたらすが…


■作品を読んで

子供はたくさんの人に喜びと幸せをもたらします。

それゆえに産みの家族も育ての家族も苦しむことになります。

トムとイザベルは精一杯ルーシーを愛しました。

ルーシーと引き離された後イザベルは精神的に変調をきたします。また2人は裁判にかけられることになります。

ルーシーは実の母のハナになつかず、ハナは失った時間を思うとトムとイザベルを恨みます。

物語の終盤で、ルーシーの実の母のハナが亡き夫(=難破船にいた男)が言った一言を思い出します。

「過去のことで人を恨んで時間を無駄にするようなことはしない。…ぼくには人を許し、罪を忘れることができる。…ぼくたちはどんなときでも自由に選べるんだよ。ぼくたち全員がね」

簡単なようでなかなかできないことです。でも、これができると世界にも私たちにも必要以上の苦しみや恨みがなくなるように思います。

過去は変えられないのですからね。

■最後に

ルーシーを育てるということで苦しむ人もいる、だけど喜びや幸せをもたらしました。

あとがきにもありますが、最善と思われる選択することでたくさんの苦しみを伴うことを思い知らされます。

でも人の一生には何度も選択をすることがつきもので、それを再確認できます。

とても尊さがある本です。

 

 

-外国小説, 小説

執筆者:


comment

関連記事

【戦国のドラマ】205.『風林火山』著:井上靖

こんばんわ、トーコです。 今日は、井上靖の『風林火山』です。 風林火山 (新潮文庫)   ■あらすじ 世の中は戦国時代。軍師山本勘助は武田信玄に仕えていた。 そのころ、信玄は諏訪地方を制圧し …

【衝撃の出会い】165.『ロマンシエ』著:原田マハ

こんばんわ、トーコです。 今日は、原田マハの『ロマンシエ』です。 ロマンシエ (小学館文庫) ■あらすじ 遠明寺美智之輔(とおみょうじみちのすけ)の実家の父は政治家ですが、父親に反対されながらも美術大 …

【江戸の推理小説】315.『鬼火の町』著:松本清張

こんばんわ、トーコです。 今日は、松本清張の『鬼火の町』です。 鬼火の町新装版   ■あらすじ ある日川に無人の釣舟が浮かんでおり、そこから2人の男の死体が見つかった。岡っ引の藤兵衛は川底を …

【琴線に触れる】425.『ミトンとふびん』著:吉本ばなな

こんばんわ、トーコです。 今日は、吉本ばななの『ミトンとふびん』です。   ■あらすじ 金沢に、台北に、ヘルシンキに、ローマに…。 様々な場所を舞台に、めぐりゆく出会いとちいさな光に照らされ …

【元気が出る本】136.『ランチのアッコちゃん』著:柚木麻子

こんばんは、トーコです。 今日は、柚木麻子の『ランチのアッコちゃん』です。 ランチのアッコちゃん (双葉文庫)   ■あらすじ 澤田三智子は小さな出版社の派遣OL。ランチの時はいつもお弁当を …