ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

古典 哲学 宗教 新書

【最後は捨てる】123.『『臨済録』を読む』著:有馬頼底

投稿日:11月 3, 2018 更新日:

こんばんわ、トーコです。

今日は、有馬頼底の『『臨済録』を読む』です。

『臨済録』を読む (講談社現代新書)

 

■あらすじ

「臨済録」とは、中国の唐の時代の臨済義玄という僧の言行録です。現在のものは宋時代に編纂されたものです。

「臨済録」はべらんめえ口調で書かれ、非常に臨場感のある書物です。とても読みやすいせいか、日本の仏典にも採用されています。

この作品は著者との対談によってどんどん掘り下げる形式を採っており、非常にとっつきやすいです。

 

■作品を読んで

まず最初に著者の生い立ちからスタートします。

何が驚いたって、著者の経歴。お金持ちの子供に生まれながら、父親が事業に失敗し、両親は離婚。

小学校3年生のときに学習院(平成天皇の遊び相手だったとか)から九州の公立校に編入します。理由は寺で修行を始めるため。それから寺で修行の日々です。今まで世話をされる側だったのが、世話をする側に回ります。

さぞかし辛かったことでしょうね、とインタビュアーが言うと、著者は「いや、好奇心の塊だから…」と返します。

人生好奇心を持って楽しんだ者勝ちとはまさにこのことを言うのだな、とつくづく思います。

寺の修行は本当につらいと思います。これって今でいうところの虐待に近いぞ…、と感じた点も多々あったので。好奇心が逆境に勝るというのは本当にすごい。

この著者と「臨済録」について対談します。結構ガチです。

著者曰く、臨済録を一言で言うと「執着心を捨てよ」だとか。

とはいえ、これは現実には実行が難しいです。なんでかといえば、人間は「求めて」しまうから。

ではどうするのか。著者はこう説きます。

執着してこだわると、逆にすべてが見えなくなる。だから、やはり執着するな、こだわるな、なんです。そしてそのためには、捨てるのです。

なかなか深い。ちなみに著者は「捨てる」というインタビュアーの疑問に対し、意識するのではなく普通にすることと伝えます。「分明ならず」とは意識したとたんに盲目になってしまうという意味です。

生に執着しないことを述べましたが、死に対しても執着しないことも読み進めると明らかになります。ちなみに自殺は「死」に執着している、と著者は言います。

作品の最後で、「生死」に自由に入ったり、出たりする。当たり前の”日常”の中に「生死にこだわらない」という”自由”と定義します。

いつも通りの日常でも日々を確かに生き、自分を救うこと。そんな日常を送ることができるから、こだわらなくもっと自由にできるのだと思いました。

こうして臨済録の教えを自分のものにすることができれば、臨済録を捨てることもできてしまうのだなと感じました。

 

■最後に

臨済録の一部を紹介しました。著者との対談を重ね、少しずつですがゴールに近づきます。

テーマとしてはとても難しく、実行するにはハードルが高いですが、なるほどと思います。

こだわりを捨てることで生死を越えた自由を手にできます。

深いですが、何かを考えさせられます。

 

-古典, 哲学, 宗教, 新書,

執筆者:


comment

関連記事

【素敵な続編】206.『キラキラ共和国』著:小川糸

こんばんわ、トーコです。 今日は、小川糸の『キラキラ共和国』です。 キラキラ共和国 (幻冬舎文庫)   ■あらすじ 鎌倉で文具店兼代書屋を行う鳩子の元には、さまざまな境遇の人からの代書の依頼 …

【庶民の生活】444.『季節のない街』著:山本周五郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、山本周五郎の『季節のない街』です。   ■あらすじ 風の吹き溜まりのような場所にある貧民街。そんな風景があったのかと驚きつつも、たくましく生きる住人たちの姿 …

【人生の一助】375.『賢者の視点』著:パウロ・コエーリョ

こんばんわ、トーコです。 今日は、パウロ・コエーリョの『賢者の視点』です。   ■あらすじ この作品は、2006年にイギリスで出版されたエッセイなどをまとめた本の日本語訳です。 個人としての …

【女の生き様】243.『寒椿』著:宮尾登美子

こんばんわ、トーコです。 今回は、宮尾登美子の『寒椿』です。 寒椿 (新潮文庫)   ■あらすじ 芸妓子方屋「松崎」で育った4人の少女、澄子、民江、貞子、妙子。 そして、「松崎」の娘悦子の5 …

【爆笑古典指南】357.『平安女子は、みんな必死で恋してた』著:イザベラ・ディオニシオ

こんばんわ、トーコです。 今日は、イザベラ・ディオニシオの『平安女子は、みんな必死で恋してた』です。     ■あらすじ この作品は、古典大好きなイタリア人の著者が、東洋経済オンラインで連載 …