ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

エッセイ 文庫本

【家族のこと】13.『ヴェネツィアの宿』 著:須賀敦子

投稿日:4月 7, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は須賀敦子の『ヴェネツィアの宿』です。

ヴェネツィアの宿 (文春文庫)

■あらすじ

著者の家族についてのエッセイが主に収録されている本。

若い頃のこと、家族のことや留学のときの苦労の話が多く語られています。

■作品を読んで

あるエッセイの中で、年をとってから再び会った友人と1時間を共に過ごしたとき、あまり語らうことができなかったけど、友人のたたずまいを見ていい人生を送っていることが感じ取れたそうです。

この話を読んで、今も昔も変わらないことというのはたくさんあるんだなと思いました。

また、この文章からすごく情景が浮かんできます。

須賀さんの作品全般に言えることですが、この作品も文章がすごく美しいです。

■最後に

家族のことが割と多いエッセイです。

過去を振り返っているのに懐かしさもあるけど、今にも登場人物が出てきそうな文章たちです。

心が安らぎますよ。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-エッセイ, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【人間模様】214.「にんげんのおへそ」著:高峰秀子

こんばんわ、トーコです。 今日は、高峰秀子の「にんげんのおへそ」です。 にんげんのおへそ (新潮文庫)   ■あらすじ 女優をやっているとたくさんの人と出会います。有名人から無名の人まで。 …

【感染症の歴史】294.「世界史を変えたパンデミック」著:小長谷正明

こんばんわ、トーコです。 今日は、小長谷正明の「世界を変えたパンデミック」です。 世界史を変えたパンデミック (幻冬舎新書)   ■あらすじ 2020年は新型コロナウイルスとの闘いの1年でし …

【フィールドワークの世界】370.『日本の村・海をひらいた人々』著:宮本常一

こんばんわ、トーコです。 今日は、宮本常一の『日本の村・海をひらいた人々』です。   ■あらすじ あなたは宮本常一を知っていますか。この人は、民俗学の基礎を築いた人としてもおなじみです。 こ …

【世界を知る】158.『「国境なき医師団」を見に行く』著:いとうせいこう

こんばんわ、トーコです。 今日は、いとうせいこうの『「国境なき医師団」を見に行く』です。 ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く   ■あらすじ みなさんは、「国境なき医師団 …

【意外な歴史】181.『恋歌』著:朝井まかて

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝井まかての『恋歌』です。 恋歌 (講談社文庫)   ■あらすじ 歌人の中島歌子は、萩の舎という私塾を立て、多くの歌人や小説家などを輩出していた。 だが、歌 …