ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

実用書 新書

【学ぶを知る】75.「学び続ける力」著:池上彰

投稿日:8月 5, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は池上彰の「学び続ける力」です。

学び続ける力 (講談社現代新書)

 

■あらすじ

テレビや雑誌でおなじみの解説のわかりやすさに定評のある池上さんが、学び続けることに対する意味を説いた本です。

池上さんにとっての学ぶこととはいったいどういう意味なのでしょうか。

 

■作品を読んで

読んで感じたことは、だから池上さんはニュース解説番組ですごくわかりやすい解説ができるんだなと思いました。納得です。

今の時代、おそらく多くの人が「学び続けて知識をどんどんアップデートしていかないとまずいぞ…」と思っているでしょう。

まず、その心はきちんと自分や仕事に向き合っている証拠なのです。

仕事をしていても、基礎がわからない→簡単な書物を読もう、と思ったり、もっと深く調べようと思うことがあると思います。

まずは、「わからない」をなくすことも自分の教養になるのです。

 

また、池上さんが東工大で実際に教えていたことも一部この本に掲載されています。

なんというか、大学の教授ってここまで丁寧に授業を準備していたのかなと思いました。

こういう狙いで、ここを理解してほしいと授業の中に盛り込んでいるんだなと感心してしまいました。

大学生向けの授業の中で、「批判力」を身に着けようという章がありました。

確かにトーコの周りにも斜に構えてものを見ている人は少なく、空恐ろしい気分になるものです。

斜に構えて引っ掛かりを見つければ、なぜという疑問につながり、さらに調べようと思うものです。

なぜと思い続け、わからないをわかるようにするために本を読んで調べたり、そのテーマにあった教材を使って学ぶことが、学び続ける力につながるのだと思うのでした。

 

■最後に

以上が池上さんのいう学び続ける力なんだと思います。

ただ、池上さんの勉強量は相当なものです。

量をまねることはできませんが、質の面ではこの本を通して真似できます。

学ぶことは何なのかをつかむことができる本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-実用書, 新書,

執筆者:


  1. […] 今回の著者はおなじみの池上さんです。まずは、これまでに紹介した作品を。75.『学び続ける力』。新書です。 […]

comment

関連記事

【男と女の本質】119.『抱く女』著:桐野夏生

こんばんわ、トーコです。 今日は、桐野夏生の『抱く女』です。 抱く女 (新潮文庫)   ■あらすじ 時は1972年、学生運動真っ只中な世の中が舞台です。 20歳の大学生直子は世の中に違和感を …

【意外な歴史】181.『恋歌』著:朝井まかて

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝井まかての『恋歌』です。 恋歌 (講談社文庫)   ■あらすじ 歌人の中島歌子は、萩の舎という私塾を立て、多くの歌人や小説家などを輩出していた。 だが、歌 …

【母の声】104.「ジャッカ・ドフニ」著:津島佑子

こんばんわ、トーコです。 今日は、津島佑子の「ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語」です。 ジャッカ・ドフニ 上 海の記憶の物語 (集英社文庫) ジャッカ・ドフニ 下 海の記憶の物語 (集英社文庫) &n …

【働くということ】358.『最低で最高の本屋』著:松浦弥太郎

こんばんわ、トーコです。 今日は、松浦弥太郎の『最低で最高の本屋』です。   ■あらすじ 著者はあるとき『就職しないで生きるには』という本を手に取ります。点数を競い合い。 できないことに努力 …

【少年の頃の追憶】139.『遠い声 遠い部屋』著:トルーマン・カポーティ

こんばんは、トーコです。 今日は、トルーマン・カポーティの『遠い声 遠い部屋』です。 遠い声 遠い部屋 (新潮文庫)   ■あらすじ ジョエルは父親に会いに行くために、アメリカ南部の小さな町 …