ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

小説 青春

【元気の出る本】40.『カラフル』著:森絵都

投稿日:5月 6, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は森絵都の『カラフル』です。

カラフル (文春文庫)

 

■あらすじ

ぼくの魂は運よく(?)再チャレンジに当選してしまい、自殺を図った少年の体にホームステイすることになった。

その少年の名は小林真といい、しばらくの間小林真として生き、家族のこと、学校のことに向き合う羽目になる。

そのおかげか、少しずつ人生に対し気づきが出てくる。

 

■作品を読んで

初めて読んだときが約10年前だと思います。物語の結末はよく覚えていました。

結末はネタばれになってしまうので言えませんが…。

読み終わった後すごくすっとして、元気が出たことはよく覚えています。

はて、物語の中盤でこんな場面がありました。

きれいなものがほしいし、見たい。けれどその一方でこれを壊したくなる、残酷なまでに。

でも主人公のぼくがいう。みんな頭おかしくて、狂っている。

この世があまりにもカラフルだから、ぼくらは迷うんだ。

この年代の子たちって危ういよ、でも、わかるよ、と10年前高校生だった当時は思ったような気がします。

でもよく考えると、人ってどんな年齢になっても今あるものをあえて壊したくなる瞬間があると思います。

特に順調に動いているときほどそう思います。トーコの謎の経験からの感想ですけど。

だからよく考えずに仕事をやめたり、人を傷つけたり、最悪犯罪を犯したり…、実際にこういう人がいるかもしれません。

多くの人は、個人の感情で壊すだなんてたまったものではない、と思うかもしれません。

でも現実にはそんな場面がたくさんあって、実行している方もいます。

じぶんの色がわからなくなるときだってあります。

私たちはそんな危うい感覚を心に秘めながら、それを出さぬよう必死にかくして生きているんだなと思ってしまいます。

それは、幽霊になり小林真として生きていく中で、幽霊を通して私たちに多くの気づきをもたらします。

この作品のターゲット層はおそらく中高生ですが、正直に言えば大人になってから読んでも得られるものはたくさんあります。

「ぼく」はどんどん人生にきちんと向かい合おうとします。それは、読者も一緒です。

それにしても、物語の最後でびっくりしますよ。きっと読み終わった後、話のオチはそこか、とツッコミたくなるでしょう。

 

■最後に

私たちは「ぼく」の言葉を借りれば、極彩色の渦の中で生きています。

私たちも帰る場所があって、この世界をしぶとく生きていきます。

生きていくのは困難が多いですが、悪くないなと思わせてくれる本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-小説, , 青春

執筆者:


comment

関連記事

【愛するということ】207.「明日のあなたへ」著:三浦綾子

こんばんわ、トーコです。 今日は、三浦綾子の「明日のあなたへ」です。 明日のあなたへ 愛するとは許すこと (集英社文庫)   ■あらすじ 人間は満ち足りていてほぼ不満がないのに、なぜ不満を真 …

【恐ろしい未来の書】333.『変貌する未来 世界企業14社の次期戦略』編著:クーリエ・ジャポン

こんばんわ、トーコです。 今日は、クーリエ・ジャポン編の『変貌する未来 世界企業14社の次期戦略』です。 変貌する未来 世界企業14社の次期戦略 新しい世界 (講談社現代新書)   ■あらす …

no image

【不思議な関係】20.『窓の魚』 著:西加奈子

こんばんは、トーコです。 今日は西加奈子の『窓の魚』です。   窓の魚 (新潮文庫)   ■あらすじ 4人の男女が温泉旅館で一晩ともに過ごす。 4人はそれぞれ人には言えない秘密を抱えている。 …

【意外な歴史】181.『恋歌』著:朝井まかて

こんばんわ、トーコです。 今日は、朝井まかての『恋歌』です。 恋歌 (講談社文庫)   ■あらすじ 歌人の中島歌子は、萩の舎という私塾を立て、多くの歌人や小説家などを輩出していた。 だが、歌 …

no image

【不思議な本】30.「ベロニカは死ぬことにした」著:パウロ・コエーリョ

こんばんわ、トーコです。 今日はパウロ・コエーリョの「ベロニカは死ぬことにした」です。 ベロニカは死ぬことにした (角川文庫) ■あらすじ ベロニカは若くて美しく、恋人も家族も仕事もあってどこからどう …