ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

エッセイ

【人間模様】214.「にんげんのおへそ」著:高峰秀子

投稿日:2月 1, 2020 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、高峰秀子の「にんげんのおへそ」です。

にんげんのおへそ (新潮文庫)

 

■あらすじ

女優をやっているとたくさんの人と出会います。有名人から無名の人まで。

そんな、彼らのまなざしを、人間模様を描くエッセイです。

 

■作品を読んで

話は脱線しますが、トーコの持っている文庫本とブログ記載の文庫カバーが違くてちょっとびっくり。

トーコの持っているものは、安野光雅が描いたピエロの表紙。

本人絶対いやだろうね。まさか今出版されているバージョン自分が表紙だなんて。

著者は安野画伯の表紙だ、わーいなんて書いていますからね。トーコの持っている文庫版。

 

さてのっけからすごいエッセイ。

夫のドッコイさん、いろんな意味ですごいです。

夫のドッコイさん曰く、旅と弁当はセットでかつ著者の弁当でないとダメらしい。

今どきそんなことをいう人はいないでしょう。駅にたくさん売ってるし、旅の前に弁当を作る気力を持ち合わせている人はもはや皆無でしょう。

さらに、彼は漬物がダメで、結婚する時にも「一生、タクワンだけはたべないでください」と頼み込むほどのレベル。

新婚さんだった著者は、「まあ、いいか」と思ったそうですが、以後何十年と漬物抜き弁当作りが始まったとか。

新婚に目がくらんで耐えることを選んでますが、結構すごい決断。

しかも、エッセイに書いてあったお品書きがまあ、すごい。きちんと自分で作っている。冷凍食品に頼っていません。

さらに、弁当を開けるタイミングは熱海の海を見ながらだとか。ということは、結構朝早くから仕込まないといけません。

すごい、としか言いようがありません。真似できません。

でも、このエッセイは弁当の話ではなく、ウェディングドレスの話です。

43年前の著者夫婦の結婚式に着たウェディングドレスを知りあいのお嬢さんの結婚式で着るので、その結婚式に参列するための旅らしいです。

話は色々な方向に飛びましたが、最後は自然な形で戻ってくる。

梅原画伯の遺言状を預かった話もすごいです。

たまたまいた3人に遺言状を渡し、死んだら新聞に公開してね、という内容。

3人とも困惑します。眠れないし、画伯よりも先に死ぬかもしれない、映画ロケで外国にいるかもしれないと様々な理由からです。

ちなみに、遺言状は新聞社内の秘密文書保管部に保管してもらい、画伯がなくなった時にきちんと新聞各紙で遺言状の中身が公表されたとさ。

そんなことって、あるんですな。

他にも、幸田文と会う話やお疲れパールの話、人生の店じまいについてなど本当はたくさんんいろんな話が詰まっています。

 

■最後に

高峰秀子のエッセイは鋭いし、大女優なのにすごく近い方に感じられます。

ドッコイさんの弁当の話はかなり強烈ですが。夫婦ってそんなんなんでしょうね。

いろいろな人間模様が見えてきます。

 

 

 

 

 

Pocket
[`evernote` not found]

-エッセイ,

執筆者:


comment

関連記事

【歌手の足跡】209.『片想い』著:中島みゆき

こんばんわ、トーコです。 今日は、中島みゆきの『片想い』です。 片想い (新潮文庫)   ■あらすじ 中島みゆきの歌は初期のころは特にですが、暗いとか、失恋ソングの女王的なイメージで持たれが …

【謎の学問】372.『入門 公共政策学』著:秋吉貴雄

こんばんわ、トーコです。 今日は、秋吉貴雄の『入門 公共政策学』です。   ■あらすじ あなたは、公共政策学という学問を聞いたことがありますか。政治学や行政学、経済学を総合化した新しい学問で …

【短歌について】287.『あの人と短歌』著:穂村弘

こんばんわ、トーコです。 今日は、穂村弘の『あの人と短歌』です。 あの人と短歌   ■あらすじ 歌人穂村弘が様々なゲストと短歌について話した対談集です。 ここでは、作家や漫画家、モデル、翻訳 …

【大女優の若かりし頃】382.『貝のうた』著:沢村貞子

こんばんわ、トーコです。 今日は、沢村貞子の『貝のうた』です。   ■あらすじ 「女か…」と父に言われながら誕生し、学問が好きで女子大まで行くも、左翼劇団に入ってしまい、左翼活動に従事する。 …

no image

【甘さと苦さが共存する本】12.『無伴奏』 著:小池真理子

こんにちは、トーコです。 今日は小池真理子の『無伴奏』です。 無伴奏 (新潮文庫) ■あらすじ 1960年代の学生紛争が盛んだった時代の仙台。主人公の響子も例にもれず、不良っぽくデモや集会に参加してい …