ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

ミステリー 小説 文庫本

【ミステリー?】94.『オーデュボンの祈り』著:伊坂幸太郎

投稿日:1月 13, 2018 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんにちは、トーコです。

今日は、伊坂幸太郎の『オーデュボンの祈り』です。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

 

■あらすじ

コンビニ強盗に失敗した伊藤は、見知らぬ男に連れられて江戸時代より外部との交流を絶っている「萩島」にやってきた。

そこには不思議な住民がいた。嘘ばかり言う男、なぜか殺人を許された男、未来の見えるカカシ。

しかし、伊藤が来た次の日にカカシが殺される。

どうして、カカシは自分が殺される未来が見えなかったのだろう。

 

■作品を読んで

久しぶりに伊坂作品を読んだが、なんか荒いなあ、と思ったらこれがデビュー作だったそう。

はっきり言ってそれでもすごいです。

最初の数ページ読んだだけだと、「?」となって何がなんだかよくわからない世界に連れていかれます。はっきり言って超シュールです。

なんですごいか。登場人物同士の何気ない会話や動作が、さらにはどこかからの引用やらが事件の解決のための重大ヒントになっていて、最後にはすべてつながるからです。

本当に無駄がない。きちんとラストにつながっている。

あー、こいつかと思う頃には、まあ犯人とのやり取りになっているのです。

トーコはミステリーを読まない方なので、イメージで述べさせていただきますが、この本は従来のミステリーの概念を結構覆していると思います。

なんというか、新感覚です。

一番面白かった文章はこれです。

名探偵は、いつも事件が起きるのを防ぐためではなく、解き明かすために存在している。結果的には誰も救わない。はたしてそれでいいのか。

ミステリーがこれを言うんだ、と思いました。

その通りだけど、従来の探偵ものってこの命題を前提にやっています。

某コナンなんて毎週よくもまああなたの身のまわりで事件が起こりますね、と突っ込みたくなるくらい。こいつがいるからいつも事件が起こるし、というか物語が成立しなくなるかと思うのです。

あ、誤解のないように言いますが、某コナンが面白くないとかネガティブキャンペーンをするつもりではありません。

この作品は、「誰かを救う」方が読み解くカギになっているんだと思います。

だから、この作品は従来の探偵ものにありがちな命題を否定できるのです。

それゆえ、ミステリーというよりファンタジーでシュールな作品ができたのだと思います。

 

■最後に

従来のミステリーとは違う、超シュールな作品です。

物語の随所に解決のヒントがちりばめられています。

すごく物語の世界にぐいぐい引き込まれる作品です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-ミステリー, 小説, 文庫本,

執筆者:


comment

関連記事

【幸せって?】383.『ミーツ・ザ・ワールド』著:金原ひとみ

こんばんわ、トーコです。 今日は、金原ひとみの『ミーツ・ザ・ワールド』です。   ■あらすじ 焼肉擬人化漫画を愛する腐女子の由嘉里が人生2回目の合コンの帰りに、死ななきゃならないと言い続ける …

【鮮烈なデビュー作】194.「停電の夜に」著:ジュンパ・ラリヒ

こんばんわ、トーコです。 今日は、ジュンパ・ラリヒの「停電の夜に」です。 停電の夜に (新潮文庫)   ■あらすじ この本の中には、9編の短編が収録されています。 夫婦、家族といった親しき仲 …

【流れる河の流れ】310.『深い河』著:遠藤周作

こんばんわ、トーコです。 今日は、遠藤周作の『深い河(デーィプ・リバー)』です。 深い河 新装版 (講談社文庫)   ■あらすじ 妻と第2の人生を送ろうとした矢先に妻を亡くした男、その妻が入 …

【対談の名手】178.『お茶をどうぞ 向田邦子対談集』著:向田邦子

こんばんわ、トーコです。 今日は、向田邦子の『お茶をどうぞ 向田邦子対談集』です。 お茶をどうぞ 向田邦子対談集 (河出文庫)   ■あらすじ 向田邦子と様々なゲストによる対談集が収録されて …

【再発見の本】260.「掃除婦のための手引書」著:ルシア・ベルリン

こんばんわ、トーコです。 今日は、ルシア・ベルリンの「掃除婦のための手引書」です。 掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集   ■あらすじ 表題作の「掃除婦のための手引書」ではひたす …